はみ出し者は自分だけ(ポケモン不思議のダンジョン空) - りんごの森と
第五十三話:夜食
「入るわよ、メアリー」

 あたしは返事をしなかった。それをオーケーの合図ととったのか、ぎい、とチコは扉を開けてきた。あたしは伏せた状態からノロノロと体を起こして彼女を迎える。

 「や、やぁ…メアリーちゃん」

入ってきたのはチコだけじゃなかった。遠慮しがちにチコの背中からひょこっと現れたのは、イブゼルだった。 
 あたしは目で彼を見た。気まずそうにしてる感じを見ると、事情を知ってそう。…けど、あの事までは分かってないはず。

 「二人とも…どうしたの?」

 笑えているだろうか。目を細めてあたしは二人の方を見た。おまけに首をかしげてみる。
 イブゼルが口角をピクピクと上げた。目がひきつっている。

 「いや、メアリーちゃん………」

 …ダメか。さっきまで泣いてたし。…目、腫れちゃってるよね。

 「あ、はは…」

 笑うしかない。鍵、閉めとけばよかったな。イブゼルも笑ってる。ていうか、なんで来たんだろう。 
 それに比べて、チコは少し沈んでいた。いつもはカッと見開いた元気溢れるあの目も、暗く影が落ちてるよう。
 そんなチコが口を開いた。

 「イブゼル」

 から笑いしてたイブゼルがチコの方を向いた。

「な、なんだよ」

「やること、あるんでしょ」

 しゅる、と蔓を出し、イブゼルの持っていた袋をつついた。イブゼルはぴくっと反応して、袋を見た。

 「そういや、そうだった」

 イブゼルはあたしの方に近づいて、しゃがんだ。座ったままのあたしは、後ずさることもなくボーッと、成り行きを見ていた。 
 トサッと袋があたしの前に置かれた。紙袋だ。中は見えない。
 立ち上がるイブゼルをよそに、あたしはその紙袋をじっと見つめた。別に中身が知りたい訳じゃないけど。
 イブゼルは言った。

「これ、メアリーちゃんにあげるぜ」

あたしは顔をあげた。

「えっと……これは?」

「中、見てみな」

ぐでっと座っていた姿勢を少し起こして、あたしは目の前の袋を覗いてみた。

 「…あ」

中には、たくさんの、色とりどりの食べ物が入っていた。
 リンゴ、オレンの実、クラボの実に、モモンの実……他の木の実や、グミまで。
 
 「こ、これ……」

イブゼルは決まり悪そうに顎を掻いてる。

「あー、あれだ。メアリーちゃん、あとシン…夕食のときいなかっただろ?ペラオのバカがお仕置きだとかなんとか言ってたんだよな。でもよ、デッパや、ヘイポー、フウラちゃんにキマルンはそれが許せないらしくてさ。……もちろん!俺が一番怒りを感じてたぜ?ま、それはともかくだな…。メアリーちゃん達のために夕食をこっそり持ってきたんだ。…みんなで」

 ははは、とまたイブゼルは柄にない笑いかたをした。
 あたしは、袋のなかをもう一回見て、それから、またイブゼルの方を向いた。
 ありがとうって、言わないと。

「あの………ありがとう」

 さっきとは少し違う笑顔で、あたしは言った。さっきより明るくないけど、さっきより自然と笑顔になった。
 イブゼルは少したじろいだ。

「お、おう!……メアリーちゃんのその笑顔だけで俺はもう万々歳だぜ!」

 がっはっはっ、と。だんだんイブゼルらしく笑い始めてきた。調子が戻ってきたらしい。そんなイブゼルに、いつもは冷たい視線を刺すチコも、今回は緩く笑っていた。
 さっきより、気が軽くなった。二人が来てくれたおかげだ。
 いつになく優しい変なイブゼルや、おだやかなチコが、どこかおかしくて、一人のときにさっきまでかかえていた重いものが、少し減ったみたい。
 けれど、まだ。一番重いものが、お腹のなかにたまってる。





 イブゼルが聞いた。

 「……で、シンの野郎は…」

 「え…」

 表情が、固まりかけた。
 普通に、してないと。

 「シンくんは、さっき用ができて出掛けたらしいわよ」

 チコが助け船を出してくれた。あたしの方を向いていたイブゼルは、ちらとだけ彼女を見る。

 「…ちっ、なんで今出掛けるかね。面倒くせぇやつだぜ」

 いつものような悪態をつくイブゼル。けど、その言葉はいつもと違って、ぐさりとあたしに刺さりこんだ。
 出掛けたのは、あたしのせいだから。

 「えっと……」

「だからね、イブゼル」

 言いかけた言葉は、チコに遮られた。イブゼルの顔を見ている。ギラギラと耀く目、それに彼は少したじろいだ。

「なんだよ」

「シン君のところにもいって、その食べ物分けてきてあげて?メアリーのとこには、あたしがいるから」

 手に持っていたもうひとつの紙袋。それを蔓で指してチコが言った。
 指された袋をぐいっと自分の方に寄せて、イブゼルは返した。

 「はぁ?なんで俺があいつのところに行かなきゃなんねぇんだよ。俺はな、メアリーちゃんのためにここに来たんだぜ。シンはおまけ……」

「行きなさい」

「いや、だから…」

「行け」

「……」

 有無を言わさぬチコの気迫。イブゼルも、強気の態度だったけど、だんだんそれは崩れていく。結果、黙りこむことになって……、最後はただただ、チコを見るだけになった。
 そして、

「……行ってきます」

 イブゼルはとぼとぼと、あたしの部屋をあとにした。
 バタム、と扉が閉まる。やっぱりイライラしてたのか、閉めかたは割と激しかった。あたしは、ビクッとなったけど、チコは眉ひとつ動かさなかった。




 …二人きりだ。さっきの騒がしさが嘘のようになくなった。チコはその位置から全く動かない。あたしの方を、じっと見ている。その眼差しは、明るくて、曇りがなくて、射られたような感覚に
襲われる。
 イブゼルがいたときはあった、あの賑やかな感じがなくなったせいなのか、気持ちがまた、重くなった。
 どうしたんだろう、チコ。早く喋りだしてほしい。もしかしたら短い時間なのかもしれないけど、すごく長いように思える。こう、黙ってる間にも、頭はいろんなことを考えていて、考えれば考えるほど、おもしが重なっていく。

 気づけばあたしもチコの目をみていた。
 二人の目があった。
 それを確認したからだろうか。チコが目をそらした。…というより、扉の方を見た。そして、またこっちの方を向いて、きゅっと閉じていた口許を開いた。

 「メアリー」

 「うん」

 あたしはできるだけ普通を装った。けれど、曇りないその目に、それは通用しない気もする。
 目を合わせるのが、辛くなってきた。
 
 でもチコの眼差しは、そらすことを許してくれないようで。
 特に何を言い出すこともできないあたしは、チコの言葉を待つことしかできない。そして、この絶好のタイミングで繰り出されるチコの発言は、あたしにとってとてつもなく不吉なものである予感がする。
 そんな無防備なあたしを前にして、チコが放った言葉は、















 
 「シンくんと組むの、やめたほうがいいわ」

 心臓をつかまれるよりもはるかに惨く、悲しい言葉だった。
 
 

 
 
 
  

■筆者メッセージ
〜分かったこと〜
イブぜル…思った以上にメアリーが落ち込んでるようでビビった
チコ…なんの意図があるのだろうか
メアリー…泣いてたのバレバレ
つらつら ( 2018/04/26(木) 22:16 )