はみ出し者は自分だけ(ポケモン不思議のダンジョン空)








小説トップ
りんごの森と
第四十九話:決壊
 「じゃあ、あたし部屋に戻るわ」

「…おう。おつかれ」

チコと別れ、あたしとシンくんは部屋へと戻った。
 部屋に戻ってバッグを床に置く。シンくんは、藁のベッドにぼふっと体を埋めた。
 あたしは、藁の上にゆっくりと座った。


 二人とも、何も話さなかった。
 なんだか、すごく気だるい。
 話もしないし、動きもしない。だからというわけじゃないけれど、部屋を見渡してみた。

 木組みのテーブルに、柔らかそうな羽毛のソファ。それに、小さな本棚。全部、あたしがこの前に買ってきたものだ。…本棚には、あの本一冊だけが、ポツンとたてかけられている。






 頭が痛い。
 ……あいつに、どんな攻撃をされてあたしは気を失ったんだろう。…だめだ。考えるだけで……心の中が、つんざかれる。
 気持ち悪い。
 ……なんで、なんでなの。あいつらが、絶対に悪い。ギルドに入ってきた時から……。いや、あの時、リバシティで会ったあの時から……ずっとだ。いっつも、あたし達の邪魔ばかりして。……依頼書を探していた、あの時だって…そうだ…。
 臆病だとか……クズ…だとか…。探検隊の…資格が……ない…だとか…。

 

 なんで、だろう。あたし、ずっと一生懸命頑張ってきたのに。……立派な探検隊になりたくて、頑張ってきただけなのに。どうして、こんな仕打ちを受けなきゃ、ダメなんだろう…。




 頭が、ずきずきする。
 


 「……悪かった、メアリー」 

シンくんがそう言った。あたしは重い首をシンくんに向ける。

 「あの時、スカタンクを抑え続けられなかった。俺の責任だ」

 シンくんは、頭を下げた。声は低い。でも、その頭の下げ方は、ぺこりって擬音が聞こえてきそうなくらい、軽いように見えた。

 「……あのさ」

 自分でも、信じられないくらい暗い声が出た。

「スカタンクを抑え続けられなかったのって……どうして?」

「…えっと、スタミナが、切れて…」





「………………嘘だよね」

何言ってるんだ、あたし。

「え?」

とまどうシンくん。あたしは、続けた。

「チコがさ、合図をかけたあの時も、シンくん、攻撃しなかったよね」 

「いや、あれは………その……」

 シンくんは言葉を詰まらせる。ぎこちないその返答が、あたしの心をさらに掻き立てた。

 「……シンくん、本気で戦ってなかったんでしょ?」

「え!?い、いや!そ、それは…ない!」

 シンくんの言葉は、どこか遠くで鳴り響くだけだった。 

 「……ねぇ、シンくん」

 話を聞く気がないのに、あたしはシンくんのことを呼んだ。定まってなかった彼の顔が、こっちに向いた。ひどく汗をかいた顔だ。

 「な、なんだ?」

「……本当のこと、言って?」

シンくんは目を見開いた。口をほんの少しだけ開いたと思えば、何かを言おうとしている。

 「ほ、本当の……こと?」

「シンくんは、いつもあたしの話を聞いてくれたり、あたしを励ましたりしてくれる。……嬉しいよ。……でも、なんでだろう。本当に、シンくんは、そう思ってるのかなーって」

 「なんだよ……それ…。思ってるよ。俺は、本心から、メアリーを思って……」

「じゃあなんで」 

語気が強くなった。ダメだ、あたし。シンくんは何も悪くない。悪いのはあいつらだ。シンくんに当たっても意味がない。……なのに、なんで。なんでこの、沸き上がる気持ちを、抑えきれないんだろう。

 「…なんで、あの時、相談しちゃダメだなんて言ったの……」

 「そ、それは…」  

「シンくん、色々言ってたけど、あんなの、全然意味が分からないよ。複雑になるも何も、話さなきゃ始まらないじゃない。親方様が、あいつらを信じているにしても、話すべきだったじゃない…」



 シンくんは黙ってる。目を伏せている。 
 こっちを見てない。

 ……頭の中で、何かが吹っ切れた。

「あたしは……っ!本気で、、悩んでた……んだよ…っ!!
 本当に、あたしのことを思ってくれているなら、相談しちゃダメだ、なんて言わないはずでしょ!」

「いや…だからさ…」

「だから……なに?」

「その……」

「はっきり言ってよ!!」

シンくんが、びくっと震えてこっちを向いた。

「………言えないんでしょ?思ってないんだもんね。分かるよ。シンくんは、いつもそうだった。あたしの話を聞いてるふりをしていたんだ。ドクローズにいじめられたときも、悔しくて、何も言い出せないあたしの横に立って、怒るふりをしていたんだ」 

 「………」

 シンくんは、こっちを見据えてる。その目は、ぐらぐらと揺れてるようで。
 もうあたしの心は、止まらなかった。


「あたしには、シンくんが何考えてるのか……分かんないよ」

「……」

シンくんは、返事をしない。



■筆者メッセージ
すごく大事な話になればなるほど出来に満足ができず何度も書き直すことになります…。
〜分かったこと〜
シン&メアリー…本気で戦ってないのがばれたか?
つらつら ( 2018/04/02(月) 07:46 )