はみ出し者は自分だけ(ポケモン不思議のダンジョン空)








小説トップ
りんごの森と
第四十七話:いたたまれない敗北
 ……何が起きた?紫の霧と、緑の嵐がぶつかって……。今、目の前には、何もない。ただ、少しの葉っぱが渦を巻いて、空へと舞い上がっていく。ただそれだけで、あとは、さっき話していたときとなにも変わらない。
 スカタンクも、ドガースも、ズバットも、唖然としている。



 「今よ!撃って!!!」

「えっええ!?」

「はやく!!」

「う、うん!スピードスター!!!」

 チコにどやされ、メアリーは準備していたスピードスターを撃ちはなつ。メアリーのもとから流星が次々と発生し、怒濤の連撃がドクローズを襲う。

 「ぐあぅ…っ!!?」

 煙に紛れ、苦しそうな声をあげる三匹。だが、倒れるまではいかなさそうだ。
 …ていうか、なんだ?これは?ドクローズの毒ガスはどうなった?なんで今、こんな状況に?どうして、俺たちはピンピンしてるんだ?

 「シンくん!?」

メアリーが叫ぶ。な、なんだ?どうした?そう思っているうちにチコが甲高く叫ぶが……

「シンくん何してんの!?早く電気ショックを撃ちなさ………」

「火炎放射!!!!」

 ドォンッ!!!ドクローズのいた煙の中から剛炎が巻き起こる。その炎のビームは、燃え盛りながら一直線に伸び、俺のとなりにいたチコをさらっていった。

 「チコっ!?」

 メアリーが後ろをふりかえる。俺は、どこを見れば良いのか分からなかった。煙はだんだん晴れかかっていて、口から火の粉を散らしたスカタンクが現れた。その表情は、憤怒。さっきまでのにやけ面は何処にもない。

 「……やってくれる……」

 めらめらと、スカタンクの毛が逆立つ。口もとに炎が集まってくる。
 その目線の先には、所々に火傷が目立つチコがいる。よろよろとしながらも、なんとか立ち上がった。

 「や、やめて!!」

メアリーは、叫ぶと共に、スピードスターをスカタンクに放つ。しかし、その数は少なく、スピードも遅く、スカタンクは楽々とそれを交わす。
 そして、炎がたまりきった。

 「火炎放射!!」

「くっ……!!」

 チコは交わせない。なすすべなく、彼女の体は炎に包まれた。
 

























 「この野郎!!」

 メアリーが、初めて激昂した瞬間だった。

 彼女は鋭く牙を光らせ、スカタンクに飛びかかった。火の粉を散らしたスカタンクは、その対応に一歩遅れ、もろに″かみつく″を食らった。

 「くそっ!!」

 肩を噛みつかれ、悶えるスカタンク。辺りを見回せば、ズバットとドガースはとっくにのびている。メアリーの、スピードスターの影響だ。

 「シンくん!電気ショック!!」

「え?あ、おう!!」

 マジでよく分からんが、とりあえず攻撃した方が良いのだろうか。俺は、スカタンクの方に右手をかざし、そこから″電気ショック″を撃ちはなった。
 メアリーがスカタンクから離れると同時に、黄色い閃光がスカタンクを襲った。バリバリバリッと音が鳴り響く同時に、スカタンクの体は光輝きながら痙攣する。
 ……手ごたえありだ。このまま電気を奴に流し続ければ、勝てる。″スピードスター″に、″かみつく″のダメージ、そしてこの、″でんきだま″込みの″電気ショック″が効いてるんだ。

 「今のうち……!」

 ″かみつく″を解いたメアリーが、苦しむスカタンクを見て、そう言った。そしてそのままチコの方へと駆けていく。オレンの実を食べさせるつもりだ。チコの方は、かなりひどい火傷ではあるが、かすかに意識はあるらしく、遠目からでもピクピクと動いてるのが見える。
 尚も痙攣し続けるスカタンクは、この電撃から抜け出せそうにない。だいぶ苦しい状況ではあったものの、これなら勝てる…。











 いや、待て。勝っちゃダメじゃないか。負けイベントじゃないか。チコの″リーフストーム″が突然すぎて本来の目的を忘れてた。…勝ったら、ダメなんだ。
 …でも、このままだと……。チコも、メアリーも、やってきたことが無駄になるんじゃ…。
 待て待て待て。それよりも、大事なのはシナリオの方だろう……………?



 余計なことを考えた、この時。俺は一瞬、電撃をゆるめてしまった。
 そして、まばゆい光が、その輝きを弱めたその時を、スカタンクは見逃さなかった。

 「つぇぇあ!!!」

 衝撃波と共に、スカタンクを包んでいた、電流がかき消えた。

 「くっ!?…しまっ…!?」

 俺がその台詞を言いきる前に、スカタンクはこっちに近づいた。黒く光る爪が、画面に振り下ろされたと認知したところで、俺の意識は途絶えてしまった。
















 シンくんが、電気ショックで相手を止めてくれている…。その内に、チコを…!!
 あたしはチコのもとに駆け寄った。スカタンクの方はもう見なかった。シンくんがきっと止めてくれているはず。今あたしにできるのは、チコを助けることだ……っ!!





 その時、ふと思ってしまった。



 チコの合図。あたしは攻撃した。シンくんは…しなかった。
 何故かは今、考えている場合じゃない。それなのに、なんで今、それが頭をよぎるの…?





 

 
 「チコっ!!」

 チコのもとにたどり着いた。
 ひどく弱ってる。体のあちこちに火傷ができてる。でも、息はしてる。生きてる……!!チーゴの実と、オレンの実さえあれば治せる…!!
 あたしは、バッグを前に置いた。チャックを開いて、中をごそごそと漁る。…あった、チーゴの実…!あとは……。



 「め、メアリー……逃げて……」

「…え?」

 何か…言った?チコの方を向く。でも、振り向くべきはそっちじゃなかった。



 「つじぎり!!」

 後ろから、やって来る気配に気づいたときには、あたしの意識は闇へと飛んでいた。


























 ……気がつけば、そこにドクローズはいなかった。

■筆者メッセージ
受験うかってたのでこれからも無事に投稿できそうです(^^)
〜分かったこと〜
シン…シナリオか、チコか
メアリー…初めて怒った気がする
チコ…リーフストーム使えるてお前
つらつら ( 2018/03/10(土) 21:27 )