はみ出し者は自分だけ(ポケモン不思議のダンジョン空)








小説トップ
りんごの森と
第四十六話:衝撃
 …やはり来たか、ドクローズ。
 尻餅をつき、今ようやく起き上がったメアリーのもとに、俺とチコは移動した。スカタンク、そして周りにはドガースとズバット。

 「何しにきたのよ、あんたたち」

「何って、ペラオに頼まれたんだよ、セカイイチを取ってきてほしいってな」

 「……う、うそだ」

 メアリーは小さい声でそう呟いた。目線は下を向いたまま、聞こえはするだろうが、これでは奴等の思うつぼだ。

 「はっ!相変わらず臆病で、どうしようもないな、お前は。そんな役立たずだから、俺達がセカイイチをとるよう頼まれたんだよ」

「…なっ…!」

 メアリーは、下唇をかんだ。宝物を盗られても、震えて何もできなかったあの頃のように、彼女はまた、震えている。だがその震えは、あの時とはまったく異なる震えだった。
 そんなメアリーを、チコが制止する。

 「役立たずって…どうしてそう言えるのかしら?あたし達はここまで自力で辿り着いてる。あとは、今からセカイイチをとって、ギルドに持って帰るだけ。見事に依頼達成よ。まったく役立たずって言われる筋合いはないわ」

 冷静な表情で話すチコではあるが、その声は少し低く、覇気がこもっている。
 スカタンクは、相変わらず気持ちの悪い笑顔で返事した。

 「くっくっく…。だから無理なんだって」

「ふーん、なぜかしら?」





 「俺達がここで、邪魔するからだよ」

ザザッと、スカタンク達の姿勢が低くなる。戦闘体勢だ。




 …あの負けイベントが、ついに…来る…!!

 そう、ドクローズが絡むストーリーの中で最大のイベント。それが今から巻き起こる、負けイベントである。
 ゲームでもまったく同じ。主人公一行は、りんごの森までセカイイチを取りに行く。りんごの森の奥地にて、セカイイチのなる木を発見するも、そこでドクローズと衝突。奴等と戦闘になるが、奴等の奥義、″毒ガスコンボスペシャル″をもろに食らって失神し、任務を果たすことが出来なかった。…という、後味の悪いイベントである。
 ″毒ガスコンボスペシャル″、聞くだけでおぞましい技なのだが、実際に食らったことがないからどんなものなのか分からない。失神するレベル………。とんでもなく臭いのか、一瞬で全神経が麻痺するほどの猛毒なのか。ともかくめちゃくちゃ食らいたくない技ではあるが、食らわなければ始まらない。シナリオがずれてしまう。
 心の中で深呼吸。気持ちを落ち着かせ、奴等の方を睨む。
 スカタンクとドガースが前に出た。ズバットは後ろに下がっている。いよいよか。…怖い。大丈夫だ、死ぬことはない。原作でも死ななかったし、奴等にそんな度胸はないはず。
 顔をしかめ、歯を食いしばる。全身の毛が強ばる感覚、嫌な気持ちをなんとか押さえようとしていたとき、チコが小さい声で呟いた。





 「合図したら、全力の技をスカタンクに叩き込んで」

 「「え?」」



 チコの左右にいた俺とメアリーは、思わず声を合わせ、チコの方を向いた。

「しっ、静かに。とりあえず、技の準備をしておいて。その時になったら、あたし、大声で叫ぶから」

「え…えっと…」

 どういうことだ?何を言ってるんだこのチコリータは。合図?何の合図だ?何を合図しろと…。

「わ、分かった…」
 メアリーの目にはまだ若干の迷いがある。しかし、その目ははっきりとドクローズを見据えていた。
 ……やる気だ。メアリーは、スピードスターを撃つつもりだ。
 いや、でも、意味がない。合図もなにも、まもなく″毒ガスコンボスペシャル″を食らって地に伏すことになる。いくらチコが強いとはいえ…。





 「…決まりね」

 チコはニヤリと笑った。蔓のムチをしゅるりとしまう。何をするつもりなんだ…こいつは。

 「作戦会議はすんだのか?」

 ヒソヒソ話したつもりではあったが、スカタンクは少し感づいたらしい。だが、自信たっぷりなその表情は崩さない。

 「会議もなにも、あたし達の邪魔をするなら、今ここで倒すしかないでしょう?」

「……やっぱり気に入らねぇな、てめぇは。威勢が良くて、腹が立つ」

 スカタンクは、メアリーの方を見た。

「臆病なお前には、似合わねぇ仲間だな」

「あ、あたしは……」

 ……臆病じゃない。その言葉はまだ言い出せない。……何か、声をかけてあげるべきだろうか。いや、今は、それよりも…。

 「ごちゃごちゃいってないで、さっさとかかってきたらどうだ?」

 このイベントを、早く終わらせてしまおう。もうとっくに、負ける覚悟はできてる。
 スカタンクの表情が、一瞬曇った。

 「言われなくても、やってやんよ」

 スカタンクは、紫色のふさふさしたお尻をあげた。ドガースは大きく膨らみだした。…………来る!!!

 「毒ガスコンボスペシャル!!!」

爆音と共に、紫と黒の混じった霧がスカタンクとドガースのいたところから爆散、ものすごい勢いでこっちに迫ってくる。……終わりだ、目をつぶり、その霧を受け入れようとしたその時。











 「リーフストーム!!!!」




 堂々とした翠色の嵐が、草葉を巻き込み吹き荒れる嵐が、俺のすぐ横を吹き抜け、目の前の、暗黒霧と激突した。

■筆者メッセージ
個人的にセリフの行間気に入ったんで続行します。
〜分かったこと〜
シン…負ける気満々
メアリー…怖がる
チコ…勝つ気満々
つらつら ( 2018/03/07(水) 21:13 )