ポケモン不思議のダンジョン〜チームレジェンド〜 - 第一章
[目次表示]
BACK | INDEX | NEXT
弟子入り

[やあ?♪私はぺラップのシュルッセルっていうもんだよ♪
 一応このギルドの福親方だよ♪アンケートや勧誘ならお断りだよ♪
 さぁ帰った帰った!]

「「えっと...このギルドに入ろうと思ってきたんですけど...」」
((いきなり帰れってひどく ね?/ない?))

[えっ...弟子入り希望?(最近なんか修行が厳しくて脱走する者が多くて困ってるのに…)]

「え、なにかいいました?」「なんか言ったか?」

[えっいやいやいや、なにもいってないよ?♪それに探検隊はすごく楽しいよ♪
 弟子入りするならついておいでよ♪あっ、下に降りる前にその看板読んでおいて♪
 読んだらその梯子を下りておいで♪]

目の前には掟と書かれた看板があったその内容は
『1つ、仕事は絶対サボらない。2つ、脱走したらおしおきだ。
3つ、みんな笑顔で明るいギルド。4つ、依頼は受けた後に実行するように。
5つ、探検に行く前には道具をチェック。6つ探検に行く前には連結技もチェック
7つ、探検中は慌てず騒がず冷静に。8つ困ってるポケモンを助けるのも探検隊の大事な勤め。9つ、依頼をたくさんこなして目指せ憧れゴールドランク。
10、稼いだ賞金は皆で分けるよ。皆ともだち、ともだち〜』
と書いてあった

「探検隊らしいね」  「な。じゃあ下に行こうか」

梯子を降りたらそこにシュルッセルが待っていた。

[遅いよ!親方の部屋はこっちだよ♪」

「ねえ、親方ってどんな方だろう?」
「さあ?でも親方ってよぼれてるぐらいだから怖い人?ポケモン?じゃないの?」

[シュルッセルです♪親方入りますよ?](返事がない?もしかして(汗)

   ガチャ
「zzzzzzzzzz」
[親方起きてください!弟子入り希望者ですよ!親方!!!]
((いがいとやさしそうなきがすr))

「やあ!!君たちが希望者かい?私はプクリンのアイザスだよ」
(((ビク! マジでビビった/びっくりしたー/何回聞いても慣れない)))
「「はい!僕です/私です」」

「それじゃあ名前教えてよ」

「ぼくはエリオ = エインです!エリオと呼んでください」
「私はアーネ = シェーンベリです!アーネと呼んでください」

「それじゃあアーネ、エリオ、リーダーはどっちかな???????????」

(リーダー?全く考えてなっかったよ。エリオやってくれないかな?(チラ)

(視線がすごい(汗)しょうがないやってやるよ)

「僕がやります!」
(よかったー。気持ちが通じたのかな?)

「それじょあリーダーはエリオ....っと。チーム名は?」

(チーム名?考えてなっかったよ。伝説に残る探検隊になりたいから.....)

「ねえ、レジェンドってどうかな?」
「レジェンド?いいんじゃない?それにしよう!」

「レジェンドいい名前だね。それじゃあ、リダーエリオ、チーム名レジェンドで登録するね?いい?」

「「はい!!!」」

「それじゃいくよ」

「みんな耳をふさげ!」
「「えっ」」

2足りは訳が分からないまま耳をふさいだ。そのとき!

「たぁぁぁぁぁあああああああああああああああああ」

「「うあー。耳がー!」」
親方のハイパーボイスが響き渡りギルド全体が震えた
((おさまった?))

「さあこれで登録完了だよ。これで君たちも晴れて探検隊だよ。がんばってね」

「「はい」」((叫ぶだけで登録できるってどういう仕組み だ?/かな?))

「今日はもう遅いから寝な?部屋はシュルッセルに教えてもらいな。それじゃあお休みなさzzzzz

「寝ちゃった」「寝た」「寝てしまった(涙)

「じゃついてきな♪こっちだよ♪」
「zzzzzzzz(いってらしゃい)」

((寝言で話してる!?))

そして3人は部屋に入っていった

「ここだよ♪そこにある藁で適当に寝な」

「「はい!」」

「明日、詳しい説明をするから早く寝なさい♪」

「はーーーーーーい」

それを聞いてシュルセルは部屋を出て行った

「いやー、今日は大変だったよ(汗)

「今日は助けてくれてありがとう。もう寝よう?」

「うん」





そして今日は1日は終わった。




BACK | INDEX | NEXT

■筆者メッセージ
アイザス
ルカリオ大好き ( 2014/03/28(金) 14:45 )