ポケットモンスター ダイアジェネシス - 第1章
第7話 青春は語る
 ポケモンセンターでセキナとリョウゴを迎えたのは、彼女らの恩師・ミナヅキ。なんと、講師歴18年の大ベテランである。
 が、彼女が生徒に年齢を訊かれると、答えはいつもいつも「テン歳」「ハク歳」「花も恥じらう20歳」。トレーナーズスクールの教員免許は15歳からしか取得できないので、結局どの回答もアテにならない。
「先生。ところで、今何歳でしたっけ?」
「んー……23歳?」
 ほら、この通り。
 これが嘘であることくらい、さすがのセキナにも見え見えである。おかげで、ミナヅキは生徒たちの間で「実は不老」「ああ見えて、もうすぐ定年」などと囁かれ、今では「学校の七不思議」扱い。
 実際、彼女の容姿はハイティーンのそれに劣らず美人。少しの小ジワを見逃せば、女子ギャルグループに混ざっていても違和感がないだろう。七不思議になるわけだ。
「そんなことより、2人とも、どうしてこんな大雨の中を……あーっ! さては、駆け落ちかぁ〜!?」
「先生、俺たちまだ10歳ですから」
「でも、リョウちゃん流血してる。セキナちゃんと痴話喧嘩しちゃったの!?」
「痴話喧嘩程度なら、普通流血しません。てか、違います」
「いやぁ? 女を甘く見てると痛い目見るよ〜?」
「さっき見たばかりですけど……」
 ミナヅキ先生、精神年齢はさらにお若い。リョウゴが密かに評すところによると「ボキャブラリーが増えただけのセキナ」。おかげで、彼は丁寧語を保つのに苦労している様子だ。
「あ、でも、リョウちゃんがセキナに選ばれるわけないか」
「うっせぇこのアマ! そういうのは心の中で言え!!」
 リョウゴだって、多感なお年頃。こんなことを言われては、さすがに箍が外れてしまうものであった。


 その後、ミナヅキはなぜかセキナたちを学生寮に連れていった。
「嫌だ……実習中、間違えて先生に"オーバーヒート"を当てて停学になりかけたあの日の思い出が……」
「ああ……たしか、俺もあの時、老害校長に"ヘドロ爆弾"を半ば意図的にブッ放して、危うく逮捕されそうになったっけなぁ……」
「戦友」2人は、仲良くフラッシュバック。しかし、フラッシュバックするような記憶を刻み付けられたのは、被害者の方々だろう。特に後者。
「リョウちゃん……あれ、『半ば意図的』だったの?」
 ミナヅキ先生は、その爆弾発言を聞き逃さなかった。リョウゴ、自爆。
「だって……だって、アイツ、俺のミネズミが弱いからって……格闘ポケモンに……」
 でも、情状酌量の余地あり。
 少年の見栄っ張りで隠しているが、その「半ば意図的〜」の大元となった出来事のでいで、リョウゴは格闘ポケモン恐怖症を患っている。実は、格闘ポケモンを見ると、脳が破裂するのではないかというくらいの頭痛に襲われるのだ。
 先生という仕事柄、ミナヅキはそのことを知っている。
「そうだったわね……ゴメン」
 包み込むような優しい声で言った。
 セキナが使った「毒されている」という表現は、案外正しかったのかもしれない。
 少し時間を置いて、ミナヅキはふと、
「そういえば、私がピッチピチの新任だった頃に受け持ったクラスに、本当に退学になった子がいるの。なんと、1度に3人も」
 真剣に語り出した。数十分前には10歳児に「駆け落ち」だの「痴話喧嘩」だの問うた女と同一人物とは思えないほどである。
「今から10年以上も前のことなんだけど、彼ら、卒業直前に『2匹持ち』やらかしちゃったの」
 セキナは、ゴクリと唾を飲んだ。
『2匹持ち』とは、トレーナーズスクール在学中にポケモンを2体以上所持するという違反行為の通称である。ポケモンは、使い方次第では犯罪を犯すことすらできるので、厳しく制限されているのだ。「力を持つと慢心する」ということである。
 ミナヅキは、その3人の問題児の青春時代を追憶する。

「1人目は、引っ込み思案だけど、根はおてんばな女の子」
「中庭の池にいたポケモンを捕まえちゃったみたい。でも……あのポケモン、よく悪童にいじめられていたから、それでよかったのかも」
「2人目は、『鬼才』と言われた秀才。……どうして『鬼』なのかはツッコまないでね?」
「駆除されかけたポケモンを助けるために、ボールに入れたらしいわ。正直、意外だった。だって、あの子、滅多に人と関わらないんだもの」
「最後の1人は……もう、本当に面白い子だった」
「とんでもない悪戯っ子でね、出会った『2匹目』と連携して職員室のパソをハッキング。おかげで、私の年齢バレたし」

 どこか楽しげに。
「あの……先生、ハッキングこそ逮捕レベルですよね?」
 フラッシュバックは治まったリョウゴがツッコむと、
「いやぁ……その時、肝試し大会やってて、『学校の七不思議を解き明かせ!!』というコンセプトで、最後のミッションが『女教師ミナヅキの年齢を暴け!』だったのよ〜」
 なんということだろう。ミナヅキの美魔女伝説は10年以上前には定着していたのだ。
「でも、こうでもしないと、先生の実年齢なんて……」
「だよな……だって、何がなんでも『20歳』だったもんなぁ」
「我ながら、言われてみれば……あははははー」


 そうこうしているうちに、新たな来客。
「キターーーーー!」
 いや、珍客と言うべきか。何かの雄叫びをあげている。
「博士……いくらドラゴンポケモンが珍しいからって、そこまで叫ばなくたって」
 その珍客とは、なんとびっくり、リンドウである。彼は、研究者としてはアマチュアだった頃、ここで教えていたそうな。
「だって、このヌメラ、『隠れ特性』の個体だよ!? しかも、ヌメラとその進化系のみがもつ特性、その名も『ぬめぬめ』!」
 冴えないアラフォーがエキサイトしている。いつもの彼とは思えないやかましさで。セキナも引き気味だ。
「えーと……ヌメラはみんなぬめぬめしているものですよね?」
「うん。でも、このヌメラは違う。この特性のヌメラは通常よりも段違いにぬっめぬめ。なんと、粘液が地面にこぼれちゃうのであーる! ……というわけで、セキナちゃん、このヌメラもっとkwsk」
「は、はあ……?」
 リンドウ、ついに日常会話にネットスラングを使用。何度でも言うが、リンドウとはこういう人間なのだ。
「リョウちゃん……前から思っていたんだけど」ミナヅキは、そんなリンドウの脇で、リョウゴに耳打ちする。「博士って、やっぱりオタクなのかしら?」
「そういう匂いはしてくるけれど……でも、、ポケモン博士だしまさかそんなことは……
 恐るべしポケモン博士の称号。こんなにオタク丸出しでも、疑惑をかけられる程度で済んでしまった。
「そうだ。リンドウ博士もアマチュアの時、彼らにしてやられていたよね?」
「ん? ……あー、アレか!」
 ミナヅキに切り出されて、今度はリンドウが思い出を振り返る。
パソコンの履歴にエロサイト混ぜられたり、論文の中に聖書の文ちりばめられたり……」
 ……というより、フラッシュバック。よくこんな環境で研究できたものだ。
「先生、他には!?」
 セキナが、わくわくしながら続きを促す。
「『義理チョコでもいいから』ってバレンタインのチョコほしいなアピールしていたら、樽1杯分の溶かしたチョコを贈りつけられた
「あ、そういえば、私、化粧水にヘドロを入れられたわ」
 リンドウもミナヅキも、相当扱いに苦労したようである。
「当時の生活指導が言っても、異性だからって『ぎゃー! パワハラだ! セクハラだー!!』とか騒ぎ立てるから、どうにも止まらない」
 そして、無駄に世事に通じていたらしい。
 とはいえ、今となっては笑い話。男女4人で和気あいあいとしている。
「そんなことより、本題! 突然だけど、セキナちゃん――」
 そこで、ミナヅキは自分で言ったとおり「突然」に、セキナを名指しした。
 あまりにも唐突すぎて、思わず身構えてしまったセキナに向けられた言葉は――

「先生、やってみる?」



 かくして、ミナヅキの陰謀は完遂された。
 陰謀その1、宿直をセキナに押し付ける。
 リョウゴは男子なので関係ない、ということでポケモンセンターに無事生還……
「そうだ! いっそのこと、戦友同士仲良く1つ屋根の下ってのは?」
「立ち去れ立ち去れ! 悪霊退散!!」
 と、思いきや、ミナヅキの冗談をきっかけにセキナの"マッハパンチ"を食らい、
「言われなくても立ち去るわボケッ!」
 出ていく時のなりは、捨て台詞を吐いて去る噛ませ犬のようだった。

 陰謀その2、宿直室に悪戯する悪ガキを懲らしめる。
「宿直室の鍵を奪った悪い子はいねがーっ!?」
 セキナは、なぜかなまはげモード。
「きゃーっ! 先輩、お慈悲をくださーい!!」
「じゃあ、鍵返せーっ! ……いや、マジで。眠れないんだって」
 懲らしめる前に仲良くなっているようにも見えるが。
「ゴメンナサーイ! でも……ウチのクレッフィ、なかなか離さなくて」
 クレッフィの持ち主らしい1年の女子が言う。
 ちなみに、トレーナーズスクールは、8歳から10歳まで入学できるので、8歳から12歳と幅広い年代の生徒が揃っていて、セキナのように8歳で入学、10歳でトレーナーデビューというのは、どちらかというと少ない例だ。
 この1年女子は、見たところ9歳くらいだ。
「うーん……どうしろと……?」
 セキナが頭を悩ませていると、
「1年! なんかうるさいけど、どうしたの!?」
 ガラッ、と隣室の2年が引き戸を開け、覗きにきた。
「りょ、寮長!」
「アサ……またクレッフィね。もう少し自制させられないの?」
「スミマセン……」
 アサと呼ばれた1年は、寮長に糾弾されがっくりと俯く。
「えーと、寮長さんだよね? 名前は何ていうの?」
 セキナが尋ねると、寮長はなぜかギクリとして黙り込んでしまった。
 何か事情でもあったのだろうか? と、セキナが辟易としていると、
「あー、寮長の名前、結構珍しいというかオンリーワンというか……マk」
「アサ、言わないで……自分の口で言うから……」
 体育会系委員長の風格を漂わせていた寮長は、別人のように女々しく、物乞いをするような声でアサを黙らせた。
「……マカテです
 そして、宣言どおり、自分の口から名乗った。だが、その声は弱ったコオロギのようだ。
「え? ……ゴメン、もう1回」
 セキナが訊き返すと、
マカテですっ!……もう嫌だ。『テ』で終わる名前、全校名簿見ても私しかいないし……」
 名乗れば名乗るほどストレスが募るらしく、泣き出してしまった。
「べ、別に、先輩が、うっ、悪いわけじゃ、ない、ん、ですよ? ひっく。私が、自分、の、ひっく、名前を好きに、うっ、なれないのが悪い、んです……」
 子供たちは、物珍しいものに容赦ない。少しばかり平均からズレると、そこにつけ込んでくる。「デブ」「ブス」「ノッポ」「真面目」……そのバリエーションは、枚挙にいとまがないほどだ。
 ある時は、成績が悪いことを理由に。
 セキナは、マカテの気持ちがなんとなくわかる気がした。
「マカテちゃん、」
「すみません。うっ……できたら『マッちゃん』と、えぐ、呼んでほしいです」
 泣いていても、きちんとニックネームは教えてくれた。しかも、高速で。
「わかった。それで、マッちゃんは、いつもこういう時どうしてるの?」
「宿直の先生に頼んでいるんですが……あれ? どうして今日は、先生じゃなくて先輩が?」
「どうしてだろーねっ!?」
 言えない。「ミナヅキ先生に嵌められて」だなんて、口が裂けても言えない。
(でも、本当にどうしよう……?)
 セキナのポケモンは、粘液でぬっめぬめなヌメラと、モフモフのメリープ。前者はもちろんのこと、後者も毛玉を散らかしかねない。
 あと1匹は――
(!?)
 その1匹が、ボールから出ようとしている。
 セキナは、その気配を感じてモンスターボールのふたを押さえ、
(ディアンシー、今出ちゃ駄目だって!!)
 駄目元で念を送る。
 すると、
(だって、あんた困っているんでしょ?)
 さすがテレパシー。念に念が返って来た。
(でも、相手鋼タイプだよ! 博士からちょっと聞いたけど、苦手なんでしょ!?)
(苦手から逃げていたら、いつまで経っても苦手なままになっちゃう。今のうちに克服しないと……!)
 セキナとディアンシーが念で言い争っていると、その険悪な雰囲気を感じたのか、
「えっと……先輩。私のポケモン貸しましょうか?」
 マカテが気遣ってくれた。
「お願い!」
「え、あ、はい!」
 すぐに返事が返ってきて、マカテはセキナに自分のポケモンを託す。
「絶対に、取り返してくださいね。お願いしますよ」
 マカテは、モンスターボールをセキナに手渡す。
「……うん。わかってる」
 台詞だけだと、大冒険の予感がするが、そんなことはない。鍵を取り返すだけ。しかも、宝の鍵などではなく宿直室の。
 だが、セキナはこの時、クレッフィを甘く見ていた。

 さあ、安眠を巡る鬼ごっこの始まりだ――

■筆者メッセージ
「苦手から逃げていたら、いつまで経っても苦手なままになっちゃう。今のうちに克服しないと……」

 ディアンシーの台詞。自分で書いておきながら、受験生なのですごく響きました。ああ、三平方と関数の苦手を今のうちに…………無理だ←。
つるみ ( 2016/01/07(木) 20:02 )