その2 可能性
08 Bright Star
午前 第三区画カフェ sideライト

ハク「…ウチは[ハクリュウ]、年は22。これでも“明星”のリーダーしとるんよ! そういうことやから……、よろしくね!」
ライト「うん! じゃあわたしも…。 わたしは[ラティアス]のライト。18歳で、シルクが言うには2000年代の出身……になるのかな? ……とにかく、よろしくね!」
ハク「こちらこそ!」

ハクさん、これからよろしくお願いしますね!

ハクさんは満面の笑みで尻尾をだし、わたしも、彼女につられるように笑顔で応じた。

……何て言うか……、凄く馴染みやすいんだよ!
スーナに負けないくらいの明るさで、溌剌としてる。
わたしとは4つしか離れてないし、話しやすいんだよ。

……シルクが親友っていうのも、わかる気がするよ!

シリウス「……なら、自分と同じ[過去]のポケモンなんですね?」
シルク「そういうことなのよ! ……ちなみに、私達の時代ではライトの種族は3匹しかいないのよ。」
ハク「そうなん?」
ライト「うん! ……ハクさん、こっちの時代ではどうなんですか?」

時代は違うけど、いるはずだよね?
……もしいたら、会ってみたいなー。

ハク「この辺で{見た!}っていうひとはいないんやけど、どこかにはいるって噂なんよ。 ……ただ、元々の姿を見たって言う情報が全く無いんよ。 何か姿を変える能力があるみたいやし……、もしいても気づかんのかもしれやんね!」
シルク「そうなのね。 やっぱり、どの時代も変わらないのね?」
シリウス「どうやら、そのようです。」

へぇー。
この時代でも姿を変えてとけ込んでいるんだー。

シルクはテーブルに前脚を乗せるように座って、その右側でカップを持ちながら呟いた。
シリウスさんも同じ様に座って、{オレンの実}の料理をちょっとずつ摘みながら頷いた。
ハクさんには腕と呼べるものがないから、自分の尻尾で器用にカップを持って中の飲み物を啜っている……。

…なんか見慣れない光景だからちょっとビックリしちゃったよ……。

だって、シルクはこういう時はいつも[サイコキネンシス]で浮かせているし、4足歩行する種族はみんな口から直接食べてるから……。

ちょっと呆気にとられているわたしは、他の種族では脚にあたる部分を地面につけて、体勢を起こした状態でいるんだよ。

ハク「……なら、ライトちゃんはちょっと変わっとるね。 [ラティアス]なら姿変えとるはずやろ?」
ライト「うん、いつもならね。」

ハクさんはふと思いだしたように言った。
……この時代にはいないみたいだから、きっと{別の種族に変えないの?}って言いたいのかもしれない……。

……うん、きっとそうだよ!

シルク「この時代では逆に目立つ事になるのよ。」
ライト「だって、わたしは別の種族に姿を変えれないからね。」
ハク「えっ!? それって、どういう事なん!?」

ハクさん?
いくらなんでも驚きすぎじゃない?

彼女は驚きで上づらせながら声を荒げた。

ライト「見てもらった方が早いかな?」
シルク「そうね。……でも、ここではやめておいた方がいいと思うわ。《」ライト? よく考えてみて! ここはカフェの中……。 当然、変化する瞬間を見慣れてないひとがほとんどのはずよ? ……そんな中でしたらどうなると思う?》
ライト《ええっと………》

………あっ、そっか!
シルク、言いたい事がわかったよ!

ライト「…わたしのもう一つの姿は、この時代のポケモン達は見たことが無いからだよね?」

ふっと、わたしは閃きと共にシルクの方に振りかえった。

シルク「そういうことよ。 シリウス、3100年代もそうなのよね?」
シリウス「はい。 そこでも[ラティアス]と、その♂の[ラティオス]はそうだと聞いたことがあります。」

{3100年}……?
そう言えば、さっきシリウスさん、{自分と同じ[過去]の出身なんですね?}つて言ってたっけ?

ライト「……ううんと、だからここでは無理なんだよ。」

だって、時間的にも丁度これから増えてくる時間帯だし、そんな中でやったら騒ぎになるもんね。

シリウス「……だから、そろそろ会計を済ませて[海岸]にでも行きましょうか。」
シルク「そうね。 その方がいいかもしれないわね。」
ハク「??」

うん、そうだね。

ハクさんだけは疑問に押し潰されちゃってるけど、彼女以外のわたし達は意見が一致して互いに頷いた。

シルク「……すみません、お会計をしてもらってもいいかしら?」

そして、シルクは喉が痛まない程度の大声で担当のひとを呼んだ。
……そして、わたし達は会計を済ませて、ランチ時が間近に迫って賑わいつつあるい憩いの場を後にした。

……もちろん、目指す先は海岸……。
地平線の見える砂浜だよ!


…………

数分後 海岸 sideシルク

シルク「……やっぱり、誰もいないわね。」
シリウス「大概この時間帯は町に行くひとがほとんどですから……。」

……本当に、そうよね……。
この時間帯なら探検隊は出発した後だし、一般のポケモンも食料の買い出しで忙しい頃だもの……。
店がない海岸には誰も来ようとは思わないわね。

ふと海原に目を向けると、ほど良く昇った太陽が水面(みなも)に映ってゆらゆらと揺れている………。
陽光は海水に反射し、絶妙な具合に煌く…。

早朝とはまた違って、新鮮だわ……。

私はこの画になる光景に趣を感じながら、海辺の砂を踏みしめて呟いた。

ライト「うん。 ここに来るまでにたくさんすれ違ったもんね!」
ハク「それがいつもの光景やからね。 ……で、シルク? 何でここじゃないとあかんかったん?」

…そうだったわね…。
まだ説明してなかったわね。

相変わらず疑問符が浮かんでいるハクは、首を傾げながら呟いた。

シルク「ここなら出来るから、見てもらったほうが早いわ。 ライトもいいわよね?」
ライト「うん!」

もし、私ならそうするわ。

ハク「{見たほうが}って?」
シリウス「…聞いたそのままです。」
ライト「そういうこと。 ……じゃあ、いくよ!」

ええ、頼んだわ!

ライトはハクのほうを真っすぐ見て、威勢よく言った。

そしてそのまま目を閉じ、すぐに光を纏った。
次第にそのかたちが変わり、別の姿が形成されていく……。

ものの数秒で変化が終わり、彼女が纏っていた光も雲散した。

ハク「……!? ライトちゃん!? その姿って……。」
ライト「見ての通りだよ。」
ハク「………[人間]………?」
シルク「あってるわよ。」

………つまり、そういうこと。

ライトのもう一つの姿を目撃したハクは、あまりの事に言葉を失ってる様子…。
この時代には[人間]はいないことになっているから、無理ないわね……。

ライト「2000年代ではわたし達……[ラティアス]は[人間]として社会に紛れ込むのが普通なんだよ。」

{寧ろ、ポケモンに姿を変えれるひとは一部を除いていないくらいなのよ。}

私は彼女の説明にそうつけ加えた。

ハク「…………。」

………ハク、完全に思考が止まったわね……………。

■筆者メッセージ
今回は初めてパソコンから投稿してみました。

@ ( 2014/04/06(日) 01:02 )