その1 再会
04 性格
午前 林檎の森中部 sideシルク

フレイ「…[電光石火]! リル! そっちは頼んだぞ!」
リル「うん! [まねっこ]……[毒針]!!」

それぞれに対峙している2人は、両方とも技を命中させた。

まず、フレイ君に向けて放たれた[毒針]を、彼は技を使ってかわし、そのまま別のポケモンを攻撃した。

不意に攻撃を受けた[キャタピー]は咄嗟には反応出来ず、力尽きた。

一方のリル君はというと、さっき放たれた[毒針]を真似して、また別のポケモンを狙った。

その針は運良く[チェリネ]にヒットして、一発で倒れた。


……ここまで何回か2人の戦いぶりを見せてもらって、ある程度彼らの実力がわかったわ。


まず、活発で積極的なフレイ君は、飛行タイプらしく素速さを生かした戦闘をしている。

技の威力は平均的で、守りもそこそこ……。

……ただ、せっかく特性が[炎のからだ]なのに、生かしきれてない……。

ちょっと、勿体無いわね………。


次に、控えめで消極的リル君は、“ノーマルランク”とは思えないほどの物理技の威力を持っている……。

[電光石火]の威力からすると、“シルバーランク”ぐらい……かしら?

……でも、自信がないみたいで、一歩下がって[まねっこ]で相手の出方を伺っている……。


…あくまで私の考察だけど、こんな感じかしら?

ツチニン「[吸血]!!」
リル「うわっ!!」

フレイ・ライト「リル!! [火の粉]!!」「リル君!! [癒やしの鈴]!」

シルク「〈場所変え玉〉!! くっ……!!」

技を発動させた直後で反応が遅れたリル君に、背後から[ツチニン]が迫る……。

真っ先に反応したのは、一番近くにいたフレア君。

彼は即効で嘴に炎をため、標的めがけて放出した。

……でも、その技は外れ、別の一体に命中した。

……それと同時に反応したのはライト……。

彼女はすぐに天に祈りを捧げ、心地いい音色を響かせた。

私はというと、鞄から〈場所変え玉〉を引っ張り出し、リル君と場所を入れ替えた。

ライト「シルク!!!」

……くっ………!!

腰が抜けたリル君の代わりに………攻撃をうけた私は……、[代償]の影響もあって………、大ダメージを被った。

私の[代償]を………知っている……ライトは……、

ライト「[ミストボール]!!!」

血相を変えて……、純白に輝く弾を連射して………残りの相手全てに……命中させた……。

シルク「よかった………、間にあって……。」

本当は[サイコキネンシス]で……………助けたかったけど……、彼は格闘タイプ………。

ただでさえ[チカラ]で………特殊技が強化されてるから………彼が耐えられないのは……目に見えてる………。

リル「あっ……ありがとうございます。」
フレイ「……でもシルクさん? 大丈夫っすか?」
シルク「ええ…………、なんとか……ね…………。」
リル「でっ、でもシルクさん! 今にも倒れそうですよ!?」

……確かに、今の………私の状況は………力尽きる………寸前ね………。

私はふらつきながら立ち上がり…………、心配させまいと………力なく笑った……。

フレイ「シルクさん! 確かシルクさんって〈オレンの実〉持ってなかったっすよね!?」

私の気持ちとは………違って、フレア君は……その木の実を……差し出した。

シルク「気持ちは嬉しいけど………受けとれないわ……。」
ライト「残念だけど、シルクは訳あって道具では回復出来ないんだよ…。」
シルク「ライト……、ありがとね………。 ……[朝の日差し]……。」

……他にも、私以外の技では無理……。

……だから、彼の気持ちだけを……受けとって、天に……祈りを捧げた。

フレイ「……シルクさん? 本当に……?」

私は、ゆっくりと目を閉じて、身を委ねた。

すると、森の木々の合間を縫って、私だけに強い木漏れ日が差し込んだ。

光に照らされた私の傷はある程度癒え、体力が半分回復した。

シルク「……よし……と。 このくらい回復すれば…大丈夫ね。」
リル「……もしかして、回復技ですか?」
ライト「そういうこと。」
シルク「攻撃技だけじゃなくて、回復技と変化技も大切よ!」
フレア「そうなんっすか?」
ライト「そうなんだよ!」

……何事にも、バランスが大切よ!

回復して楽になった私は、みんなに笑いかけながら言った。

そして、何事もなかったように、

シルク「……さあ、戦闘も済んだ事だから…集めながら先に進みましょ!」
ライト「うん! そうだね!」
リル「はっ……はい。」
フレイ「……そうっすね……。」

私の言葉をきっかけに歩みを進めた。

……フレイ君とリル君、私の変貌ぶりに言葉を失ってたけど……。


…………

午後 林檎の森奥地 sideシルク

ライト「……ここが奥地、なのかな?」
リル「そっ、そうみたいですね。」

赤い木の実がすずなりに実った木々の間を歩くこと数時間、私達は視界の開けた場所にたどり着いた。

一本の大木がまるで海原に取り残されたようにそびえ立ち、それを中心に広場が広がっている……。

広場が円形に広がり、そこだけ日の光が差し込む…。

そこにはダンジョン特有の空気は無く、静寂に包まれている……。

……もう気づいたかもしれないけど、ここはダンジョンの終着点……最奥部なのよ。

本当はもう少し早く来ることもできたけど、ちょっとした訳があってね…。

……いわゆる、指導ね。

この時代に初めて来たライトもそうだけど、フレア君とリル君に効果的な道具の使い方を教えていたのよ!

フレア「やっと着いたっすね。 ……それにしても大きな木っすね。 こんなに大きな木、初めて見たっすよ!」
リル「ぼっ、僕も初めてですよ。 …でもシルクさん? この木以外に何もないのに、何をしに来たんですか?」

ふたりとも、この木に圧倒されているわね。

ライト「[林檎]みたいな木の実が実ってるけど……。」

ライトも、同じみたいね……。

浮遊しているライトも、顎にあたる部分に手をあてて首を傾げた。

シルク「そう。この木以外はね! ……でも、この木が目的なのよ。」

ライト・フレイ・リル「「「この木が?」」」

シルク「ええ、そうよ。」


……読者の皆さんは、私の目的が分かったかしら?

まだ分からない方のために、ヒントをだすわね。

……まず一つ目。

今、私達がいる場所は?

二つ目。

原作で、この場所であった事は?


……これだけ言えばもう分かったわよね?

私は、広場の中心にそびえる大木を見上げながら……、

シルク「この木になっている木の実は[セカイイチ]という名前で、どこの店にも売ってない高級品なの。 ……それに、ギルドの責任者のラックさんの大好物なのよ! [サイコキネンシス]!」

超能力で10個ほど収穫した。

……自然のものだから、取りすぎは禁物ね。

フレア・リル「そうなんすか!?/そうなんですか?」

ライト「……って事は、私達の時代では[ナゾの実]とか[リュガの実]みたいな感じ?」
シルク「そういうことよ。」

……どっちの木の実も、生育する環境が特殊すぎるのよ……。

2000年代では、そういう研究結果がでているわ。

三人とも違った意味で言ったけど、私はみんなに対して同じように頷いた。

ライト「……なら、そのラックさんっていう人へのお土産に丁度いいね!」

……それに、“焔拳”の2人の評価も上がると思うわ!

……フラットさん、2人に期待してるのね?

私はこの時、フラットさんの意図が分かった気がした。


……だって、{食料調達}なら、[オレンの森]みたいなダンジョンでもできるもの……。

難易度的にも[林檎の森]のほうが難しいから、きっとそうね。

シルク「ええ!」

私は{もちろん!}っていう感じで頷いた。



……この後、私達はフレア君達〈探検隊バッチ〉でトレジャータウンに帰還した。


……時間もまだ早いから、戻ったら挨拶まわりで忙しくなるわね……。

@ ( 2014/03/27(木) 00:16 )