その0 プロローグ
00 長い1ヶ月のはじまり
2014年 とある街道 sideシルク

???「[シャドーボール]!……ライト、いい感じね!」
ライト「本当に?」

私が放った漆黒の弾を、ライトという彼女……[ラティアス]が目を閉じたまま難なくかわした。

……うん、しっかり感じ取れているわね!


……あっ!

話の初めだから挨拶をしないといけないわね!

……私は[エーフィ]のシルク。

流石に、知ってるわよね?

どうやら、作者のお気に入りみたいで、また主人公に抜擢されたみたいね……。

……とにかく、5回目だから、私についての説明は省かせてもらうわね。

次に、私が相手している彼女……、[ラティアス]のライトも大丈夫よね?

……そう、〜導き〜でジム巡りをしている、理由(わけ)ありトレーナーの彼女よ!

……一応、私とライトの関係をおさらいしておくと、彼女とは親友であって師弟関係でもある…。

私は彼女を助けてるし……、逆に私も救ってもらってるわ。

……つまり、互いが互いの恩人ってワケ。

…あと、旅仲間でもあるのよ。

ユウキやフライと同じで、かけがえのない存在……、一言では語りきれないわ!

……と、こんな感じかしら?


私とライトの事を手短に言えたから、そろそろ物語に戻るわね。

難なくかわしたライトを、私は評価しながら、

シルク「ライト、日も傾いてきたからそろそろ終わりにしましょ!」

こう提案した。

……始まって早々、今の時刻は夕方。

西の空は朱く色付いて、私達の影が長くなっている…。

宵の明星が姿を表しはじめ、やがて訪れる星空の到来をささやかに告げる……。

……画になるわね……。

ライト「うん。」
シルク「……部屋を確保出来なくなるといけないから、そろそろ……」

{行きましょ!}

色付いた景色に趣を感じながら言おうとしているところに、

???「…あっ、シルクさん!ここにいたんですね!」

1つの声が私の言葉を遮った。

……?

この声は、もしかすると……、

シルク「シードさん、久しぶりね。 その様子だと、誰かに会ってきたってところね。」

ライトと同じ伝説の種族で、[セレビィ]のシードさん。

彼にも色んな意味でお世話になっているわ!
 
彼とは運命的な出逢いをして、貴重な体験をさせてもらったのよ!!

ライト「…シルク? このひとは?」

初対面のライトは、不思議そうに彼を見ながら言った。

シルク「紹介するわ。 彼は[セレビィ]のシードさん。 ライトと同じ、伝説よ! シードさん、彼女は[ラティアス]のライト。私の親友のうちの一匹よ!」
ライト「はじめまして。ライトと言います。」
シード「こちらこそ!」

……こんな感じで大丈夫よね。

私は手短に彼らをそれぞれに紹介した。

2人とも、快く思ってくれたみたいで、浮遊したまま笑顔で握手をかわした。

……どうやら、仲良くなってくれそうね。

私は[絆]の名に恥じない行為をしたことに満足し、彼らを見上げた。

シルク「……あっ、そうだ。 シードさん? シードさんがわざわざ訪ねてきたって事は、何か用事があるのよね?」
シード「…? ああー、そうでした!」

私は彼に提起して、それがきっかけで用事を思い出したみたいね…。

彼はポンと手をたたき、{すっかり忘れてましたよー。}って半ば笑いながら言った。

シード「フライさんは都合がつかなくて無理だって言ってたんですけど…、7000年代に遊びにきませんか? どうです? きっとチェリーも喜ぶと思いますよ!」

そして、揚々とした様子でこう言った。

シルク「そうね………。ラテ君達は来てくれたから会えたけど……」

ハクやチェリー達とは別れて以来会えてないから……。

………会いたいわ……。

……でも、こっちではユウキの事もあるし……。

……いや、折角休暇をもらったのに利用しないのは勿体無い!

……よし!

シルク「……なら、お願いしようかしら?」

おそらく、この機会を逃したらいつ会えるか分からない……。

……だから、行くわ! 7000年代に!!

私はしばらく考えて、答えた。

シード「シルクさんならそう言ってくれると思いましたよ! …ライトさん? もし良かったらライトさんも来てみませんか?」
ライト「えっ!?私も?」
シルク「はい! こうして会えたのも何かの縁です。 戻ってくる時間は僕の方で調整できるので、どうでしょうか?」

……そうね、いいかもしれないわね!

みんなにも紹介できるし、何より思う存分研究や特訓ができる!

ライトにとっても、いい刺激になるに違いないわ!

ライト「…でもわたし、伝説の種族なんだけど大丈夫なの!?」
シード「ええっと、世代交代しない種族……、[レックウザ]とか[カイオーガ]は無理ですけど、ライトさんの[ラティアス]なら可能です!」

もし前者も出来たらひとつの時代に同じひとが2人いることになるわね……。

……伝説ならではの制約ね……。

私には全く関係のない話だわ。

シルク「…それに、向こうは色んな意味で特訓しやすい環境なのよ! トレーナーとしても、ポケモンとしても、いい経験になると思うわ!」

フライが、何よりの証拠ね。

彼は向こうで色んな経験をしてから見違えるほど強くなったのよ!

……私も、放っておくと抜かれるかもしれないわね……。

ライト「そうなの?」
シルク「ええ。」

そうよ。

私はオススメするわ!

ライト「……じゃあ、わたしもお願いします!」

ライト、決めたわね?

彼女は肯定の意を込めて大きく頷いた。

シード「…なら、決まりですね!」
シルク「ええ!」

もちろんよ!

私も、にっこりと笑いながら頷いた。

シード「シルクさん、ライトさん、荷物は大丈夫ですか?」
シルク「ええ! すぐに準備出来るわよ! [サイコキネンシス]!」

そして、道の脇に寄せていた自分たちの鞄を超能力で手繰り寄せた。

維持したまま、私は鞄の紐を首に通し、ライトにも斜めにかかるように通してあけだ。

ライト「シルク、ありがとね。」
シルク「どういたしまして。 ……シードさん、準備出来たわ。」

…鞄には私の持ち物が全部入ってるから……問題ないわね!

[未来]から持ち込む事は出来ないけど、[過去]から持ち込むのには何の問題もない…。

……その時に見られないだけで、実際に存在していたからね!

……逆に、[未来]からだとその先の時代には無い技術を使っている可能性が高い……。

よって、結果的にその時代からの[未来]を変えてしまう事になる…。

…だから、注意が必要ってワケ。

鞄を背負うと、私は浮遊するシードさんをまっすぐ見つめて言った。

シード「了解です!! ……じゃあ、僕にもう少し近づいてください。」

シルク・ライト「ええ!」「? うん。」

……いよいよね…。

シード「……じゃあ、いきますよ…。…」

彼は目をつむり、意識を集中させ………、

シード「[時渡り]!!

激しい光と共に、自身の[チカラ]を発動させた。

ライト「!?」

その光は瞬時に私達を包み込んだ。

間髪を入れず、さらに激しく発光したかと思うと、一気に収束した。


………その場には、空一面に広がる星屑のキャンパスと、静寂に包まれた空気と山からのそよ風だけが残った。

■筆者メッセージ
改めまして、こんにちは。
あるいは、こんばんはですね。

毎度お馴染みの@です。

進路も無事に決まったので、以前のリベンジを兼ねて二作品の同時進行をしようと思います!

……ですので、改めてよろしくお願いします!
@ ( 2014/03/22(土) 00:46 )