[アンケート結果発表中]絆の軌跡 〜繋がりの導き〜 - 補章U アクシデント
α 衝突
正午 ニビシティー付近 side???

???〈シード、元気そうで良かったなー。〉

[ピジョン]の姿のぼくは手にあたる翼を羽ばたかせながら、適当な場所に降りたった。

シード、少し前に凄く落ち込んでいたって聞いたけど、あの様子だと大丈夫そうだね。

???〈………さてと、そろそろ解ける時間だから、適当な場所を見つけてまた変えないとね……。〉

……正直、ずっとこの姿のままでいられると一番いいんだけど、あいにくぼくの実力不足で1時間が限界なんだよね……。

こんなことを一匹で思いながら、適当な物陰を探す。

………人間に見られたらえらいことになるからね……。

………あっ、ごめん、突然で紹介がまだだったね。

ぼくの名前は[リヴ]。

今は[ピジョン]の姿だけど、本当は別のポケモンなのさ。

リヴ〈…よし。この辺なら大丈夫だな。〉

この岩陰ならいいかな?

ぼくはそこに隠れると、心を無にして目を閉じた。

すると、ぼくは眩い光に包まれる………。

リヴ〈姿変えるのは楽しいけど、やっぱり本来の姿が一番だなー。この尻尾も気に入ってるし。〉

収まると、ぼくは元の姿に戻っていた。

全体的に薄い桃色で、長い尻尾が特徴的な小さな身体………。

脚は四足歩行をするそれに近くて、手は二足歩行のそれに近い……。

ぼくの種族は今のところ自分しかいない………。

………つまり、ぼくは伝説のポケモン………、[ミュウ]なのさ。

ぼくは浮遊せず、すぐに光を纏う。

本来の姿でいてもいいんだけど、シードは密猟者に襲われた事があるって言ってたから、用心のためって訳さ。

リヴ〈この辺なら、[ニドリーノ]でいいかな。たくさんいるし。〉

変化を終え、ぼくは[ニドリーノ]の姿となった。

四足歩行する種族に変える時はいつもこれ。

特性は[毒の棘]だから、他のポケモンは簡単には触れられないからかな。

ぼくは四肢を巧みに使って歩きはじめた。

………

同刻 sideコロナ

ショウタ「タケシさんにも勝ってお父さんの許しももらえたし、さっそく次の街に行こっか!」
コロナ〈そうだね。〉

わたしは大きく頷いて肯定の意を示した。

………本当は直接話せたら一番いいんだけどね……。

でも、ショウタと旅ができるだけで十分だよ。


……わたし達の事、覚えてるかな?

一応、4話目にでているんだけど……。

忘れてるかもしれないから、自己紹介しておくよ。

わたしは[ロコン]のコロナ。

生まれも育ちも[ニビシティー]。

わたしの父さんと母さんはトレーナーのポケモンだから野生の暮らしを知らないんだよね……。

してみようとは思わないけど……。

……で、わたしの隣にいるのがわたしのトレーナーであり、親友でもあるショウタ。

まだ新人で、メンバーはわたしだけ。

わたししかいないけど、あのお洒落な[エーフィ]のシルクさんにバトルのコツを教わったから、バトルには自信があるよ!

相性的に不利な[ニビシティー]のジムも一発で攻略できたから、今のわたしは絶好調だよ!

ショウタ「……ええっと、一番近いのは[ハナダシティー]かな。 コロナ、いくよ!」
コロナ〈うん。………でも、そんなに焦らなくてもいいと思うよ?……それに、足元に気をつけてね。……凸凹してるし……。〉

わたしは伝わらないと分かっていても、言葉に出さずにはいられなかった。

ショウタ、小さい時に躓いてよく転んでいたんだよね……。

……当然、ショウタは我先にと走り始めた。

……そんなに焦らなくてもいいんだけどね……。

ジムは逃げていく訳じゃないし……。

コロナ〈まっ、いっか。ショウタらしいし。〉

わたしは彼の微笑ましい姿を追いながら感嘆の声をもらした。

ショウタ「ほら、コロナ!早く!」
コロナ〈わかったから、ちゃんと前を見ないと転ぶよ?〉

前を走るショウタは、わたしの方を見ながら駆け抜ける。

わたしもその微笑ましい背中を追いかける。

ショウタ「早く早……く?」
コロナ〈ショウタ!?〉

!?

ショウタは突然、何かに躓き、前のめりになった。

あれだけ注意したのに……。

………ここからはまるで時が止まっているような感じがした………。

コロナ〈えっ……?[イシツブテ]……?〉

ショウタの足元に目を向けると、転がる小石に紛れて一匹の[イシツブテ]がそこにいた。

ショウタはだんだんと前に倒れていく………。

???〈さっ、早いうちに町を越えないとね。〉

そこに、一匹の[ニドリーノ]……。えっ!?

しかも運悪く、何も知らずにバランスを崩したショウタの前に……。

コロナ〈そこのきみ、よけて!!
リヴ〈えっ!?何!?〉

手遅れかもしれないけど、わたしはありったけの声量で叫んだ。

どうか………間に合って!!

ショウタは、もう[ニドリーノ]に覆い被さるところまで倒れていた。

わたしの声に反応して、[ニドリーノ]は立ち止まる。

呼び止めない方が良かったかな……?

ショウタ・リヴ「〈っ!!〉」

ゴツッ………!

両者の頭と頭がぶつかり、鈍い音が辺りに響いた。

コロナ〈ショウタ!!大丈夫!?〉

わたしはすぐに駆け寄り、彼らの安否を確認する……。

彼の体を前脚で揺さぶる……。

コロナ〈…………。〉

しかし、打ちどころが悪かったのか、ショウタと[ニドリーノ]に反応は無かった。

コロナ〈……気を………失ってる……?でも、どうすれば………〉

誰かに助けを求めようと思ったけど、周りに誰もいない……。

野生のポケモンだとどうにもならないし、わたしではショウタはともかく、[ニドリーノ]も運べない……。

わたしのほうが身体が小さいから………。

わたしは為す術がなく、途方に暮れた。

本当に………どうしょう…………。


@ ( 2013/12/13(金) 00:05 )