[アンケート結果発表中]絆の軌跡 〜繋がりの導き〜























小説トップ
補章X それぞれの出逢い
γ 豪雷と氷雪
午前 ヤマブキシティー 化学研究室 sideカレン

トリ〈カレン、忘れ物は無いね?〉
カレン〈ええ、鍵にボールも持ったから大丈夫やよ!《〉じゃあ後は頼んだよ!》
A「はい、任せてください!」

うちは研究所の同僚に[チカラ]のうちの1つである[テレパシー]で言葉を伝えた。

うちの事は知ってるよね?

世間一般では化学者、そしてもう一つの顔が、[豪雷の防人]。

[チカラ]に目覚めた時は大して興味は無かったけど、いざ究めてみると便利だったんよ!

何しろ、この姿だと飛べるし、それ以前に化学者である以上、実験で電気を使うから電気代が助かってる。

[テレパシー]も使えて、[ハトーボー]姿でも会話出来るから、いつもこの姿なんよ。

トリには{人間の姿でいたほうがいいんじゃない?}って言われてるけど、せっかくの[チカラ]だからフルに使わないとね!

うちは嘴でビルの窓を開けて、窓の冊子に飛び乗った。

うちの肩? いや、翼に引っ掛けるように鞄をかけて、大空を見上げる。

その中には、トリと、もう一匹のメンバーが入った、計二つのボール。

それから部屋の鍵、財布、メモ用のノート、ポケギア。

さっきトリに散々チェックされたから、きっと大丈夫。 

トリ〈……じゃあカレン、乗るよ!〉
カレン〈うん。 多忙な人だから待たせる訳にはいかないから、急いで行くよ!〉
トリ〈うん!だって、今話題の気象予報師だもんね!〉

うちのパートナー、[エーフィ]のトリが、うちの背中に飛び乗りながら言った。

{無理なんじゃない?}って思うかもしれないけど、運よくうちは種族の中では大きいほう……平均より20cmぐらい大きくて、トリは逆に平均より5cmぐらい小さいから可能なんよ!

カレン〈じゃあ捕まっててよ!〉
トリ〈じゃないと落ちちゃうでしょ?〉

そして、お決まりのやりとりを交わして、うちは大空へと舞った。

………目指すは[氷雪の防人]が待つ隣の[タマムシシティー]。

歩いてだと軽く一時間はかかるけど、うちの[チカラ]で強化された素早さなら、5分あれば充分。

……トリ、しっかり捕まっててよね!


…………

数分後 タマムシシティー sideカレン

トリ〈………ねえカレン? あのビルの屋上にいる人がセツさんじゃないかな?〉
カレン〈そうやね。[ポワルン]を連れてるし、きっとそうやね!〉

鳥ポケモンとして発達した視力が、ビルの上の人影を捉えた。

トリ、きっと当たりやよ!

だって、あのビルはカントー放送の収録スタジオが入っているから……。

うちも、[ディフェンダー]を発表した時によく行ったんよ。

うちは羽ばたくスピードを速め、一目散にそこに降りたった。

……トリ、降りたね?

カレン《………ええっと、あなたが気象予報師のセツさんやね?》

テレビでよく観る人だから知ってるけど、うちは念のため[テレパシー]で話しかけた。

セツ「……という事は、あなたが化学者のカレンさんですね?」
ウェズ〈…でもまさか、本当にポケモンの姿で来るとは思わなかったよ。〉
トリ〈この姿の方が、早く来れるんですよ。〉

やっぱり、そうやね!

カレン〈……そして、もう一つの肩書きが、「〉[氷雪の防人]。そうやね?」
セツ「はい、あってますよ。………あなたも、[豪雷の防人]ですね?」
カレン「そう。」

うちらは、それぞれの位置付けを念入りに確認した。

………でも、口頭よりも、彼と対面させた方が早いかな?

セツ「なら、もうひとりを紹介しないといけないですね?」



セツさんも、うちと同じ考えなんやね?

カレン「そうやな。」

うちらはほぼ同時に、二つ目のボールに手をかけた。

スノウ〈イカヅチ、久しぶりね。〉
イカヅチ〈スノウの方こそ、アイツとは違ってこんなに近くにいるとは思わなかったな。〉

………話では聞いていたけど、うちと同じで伝説の種族を連れているのは本当やったんやね?

澄んだ声の[フリーザー]、スノウと、口調はキツいけど、こう見えて凄く真面目な[サンダー]、イカヅチが、再会を喜ぶように言葉を交わした。

イカヅチによると、彼女とは幼少の頃からの仲みたいなんよ。

他にも、3匹、それも全員伝説らしいよ。

スノウ〈本当にそうね。〉
トリ〈へぇー……。やっぱり、イカヅチと一緒で大きいんだね?〉
ウェズ〈僕も、初めて会った時は本当にびっくりしたよ……。……あっ、僕は[ポワルン]のウェズ。よろしくね。〉
トリ〈うん、よろしくね! ワタシは[エーフィ]のトリ。これからは何回か会うことになりそうだね!〉
ウェズ〈だって、同じ伝説、[防人]だもんね。〉

それぞれに、自己紹介も済んだみたいやね。



………この後、セツさんの時間の許す限りお互いの事について話したんよ。

……セツさんを紹介してくれたシルクには、感謝しないとね!

@ ( 2014/02/07(金) 00:05 )