絆の軌跡 〜過去と未来の交錯〜
























小説トップ
巻之補 其之弐 西日のさす森の中で
補之弐 使命
西暦7000年 とある森 sideシード

チェリーと再会してから3日目、ぼく達は久しぶりに行動を共にしていた。

海に行ったり、山に行ったり…………、いわゆるデートかな?

どんな景色よりも、やっぱりチェリーの笑顔が一番好きだよ。

そんなある時………

「シード、あなたに紹介したい人がいるの。」
「紹介したい人?誰なの?」

一体誰なんだろう………。
ぼくもそうだけど、チェリーもこの時代には殆ど知り合いがいないから………。

「私と一緒にこの時代に来た仲間の1人、グラス、前に話したジュプトルよ。ぶっきらぼうところがあるけど、いいひとだよ!」
「グラス………ああー一昨日言ってたあの人だね?」

そういえば、そう言ってたっけ?
って事は、チェリーと同じ、この時代から250年後のポケモンか。

「そうよ。 実はグラスとはここで待ち合わせているの。」
「へぇー。いつぐらいに来る予定なんだ?」

場合によっては、長い間待たないといけないからね。
…………ぼくもできるだけ早くあの2人を捜さないといけないから……。大丈夫かな?

「今日の夕方よ。」

夕方かー。日の傾きから推測すると、あと30分ぐらいかな?

「夕方なんだね?なら、すぐに来そうだね。」
「うん。でも、グラスは結構短気だから案外早く来るかも…………」
「短気とは、俺のことか?」
「「!?」」

えっ!?後ろから声??

ぼくが後ろを向くと、全体的に緑で目つきが鋭いポケモン、ジュプトルがそこにいた。
突然だったからビックリしたよ………。

「グラス、案外早かったのね?」
「ああ。何の邪魔もなく下見が出来たからな。」

下見?何の事だろう……。

「って事は、あれがある場所がわかったのね?」

チェリーが嬉しそうに言った。
話についていけないぼく、取り残された……。

「ああ、そうだ。元の世界で目星をつけた通りだった。………ところでチェリー、そのセレビィは誰だ?」

そう言ってぼくの方を……………、眼力、強すぎるよ………。まるでシロさんに会った時みたいな威圧感………。

一応ぼくも伝説の部類に入るけど、身がすくむよ………。

「彼は私のボーイフレンドで、この時代から5000年前の出身のシード。だから、安心して!私達の見方だから!」
「う、うん。よろしく……。」

グラスさんって言ったっけ?警戒心が………強すぎる……。
不審者を見るような目でぼくを睨まなくても………。

「そうか……。ヤツの手下ではなかったんだな?………疑ってすまない……。」

そう言って彼は申し訳無さそうに謝った。
警戒、解いてくれたのかな?

「そういえば、250年後の出身って事は………」

チェリーと同じ時代って事は、きっと………。

「チェリーから聞いているようだな。………そうだ。俺はあんな世界にさせないためにも、あれを、[時の歯車]を集めなければならない。」
「確かに、チェリーに一度連れてってもらったけど、あんな世界になってほしくないですよ。」

うん。ぼくは一度、チェリーに連れてってもらって未来の世界を見たことがあるんだ………。

光、風、音、色までも消え失せた暗黒の世界…………。まさに地獄絵図そのものだったよ……。戻ってきてから一週間ぐらいはまともに眠れなかった……。そんな世界に、絶対になってほしくない!

「ああ。あんな時代、もうたくさんだ!この時代に来てからますますそう感じた。“星の停止”の阻止、それが俺とあいつの[使命]だがら……。」

グラスさんがまるで自分に言い聞かせるように言った。
うん!グラスさんの言うとおりだよ!!

「グラス、絶対に、阻止しないとね!そのためにも………。」

チェリーがいつになく真剣な表情で言った。

「その地域のやつには悪いが、まずは[キザキの森]を狙う。これも未来のためだ。」
「ここからなら近いから、手頃ね?」

確か、ここからは大体20kmぐらいのところにあるから。
それが一番いいかもしれない……。

「ああ。だから、俺はこの辺で失礼する。」

言うや否や、グラスさんは走り去っていった。
チェリーの言うとおり、本当に短気かも………。

「シード、グラスはいつもあんな感じだから、気にしないで。」
「………うん。」

グラスさんが去って、この場には西日と共にぼく達だけが残った。

@ ( 2013/08/01(木) 22:31 )