絆の軌跡 〜過去と未来の交錯〜
























小説トップ
巻之泗 遠征にむけて
弐拾 シルクの料理
西暦7000年 食堂 sideシルク

今日も忙しい1日が終わって、ギルドのメンバーと話しながら夕食………

……とはいかなかったわ。

「ラテ、ベリー、お前達は[セカイイチ]の収穫に失敗したから夕食は抜きだ!」

「「そんなー。」」

ラテ君達はまさかの夕食抜き。罰にしては厳しすぎると思うわ。
フラットさん、別の罰があったと………

「でも、“ドクローズ”が邪魔しなかったら……」

ラテ君が必死に言い訳を…………えっ!?アイツ等が!?

「お黙り!!この後親方様に報告しにいくのはこの私なんだから………。私だけでは理不尽だから、“疾風の風”、お前達をくるんだ!」

フラットさん、そこまで怒らなくても………いいと思うわ………。

ウォルタ君、来ていきなりこんな事になって申し訳ないわ。

そんなわけで、私はあまり食事が喉を通らないわ………。

周りの張りつめた空気で…………というより、何かを知っているであろうあの紫三人組に対する怒りで……。

………

ギルドB2F sideシルク

「ラテ君にベリーちゃん、大丈夫でゲスかねー?」
「親方様のあれはキャーって感じですからね。」

食事の後、ラテ君とベリーちゃん、フラットさんはすぐにラックさんのところに言ったわ。

話しかけようと思ったけど、かなり落ち込んでいて、話せる状態じゃなかったわ………。

「ブラウンさん、シャインさん、ベリーちゃん達、いつもああいう感じなの〜?」

ウォルタ君が2人に聞いたわ。 

後で知ったんだけど、ギルドのメンバーはウォルタ君の事を以前から知っていたらしいわ。

「普段はこういう事はないんでゲスけど……。」
「何かあったに違いないですわー。」
「聞くところにようと、そうらしいわね。まだ会ってから3日しか経ってないけど……」

あそこまで落ち込んでいているのを初めて見たわ……。
私がそういう前に、

「1つ引っかかる事があるんですけど、ラテ君、“ドクローズ”がなんとかって言ってませんでした?」

いつものようにフライに割り込まれたわ……。……気にしてないけど……。

「うん、そう言ってた気がするよ〜。」
「って事は、アイツ等にはめられたら可能性があるわね……。」

アイツ等ならやりかねないわ。モラルも何もない連中だから……。

「うん。………そんなことより、ラテ君達、お腹を空かせているはずですよ……。」
「そうに違いないですわー。シルクさん、それに皆も、ラテ君達のために食べ物を用意しませんかー?」

湧き上がるテンションを抑えながらも、シャインさんはこう提案。

「もちろん、私はそのつもりよ!空腹だけは……何事よりも辛い事だから………。」

私は一言ずつ力を込める。

………私以外に飢えで苦しませたくない……………。だから………。

「うん、そうだよね〜。でも、どこから準備するの〜?」

ウォルタ君が不思議そうに聞いたわ。
大丈夫よ。短時間、かつ少量で空腹感が満たされる方法があるわ!

「私が作るわ!フライ、[林檎]3つと[オレンの実]は持っているかしら?」
「うん。ギリギリ足りるよ。」

フライ助かったわ。これで作れるわね。

「ブラウンさん、にシャインさん、ウォルタ君も、私達の部屋に来てくれるかしら?」

ここで作るのはちょっとね……。

「わかったてゲス!」「わかりましたわー。」「うん、いいよ〜。」

なら、早速いきましょ!

………

部屋 sideシルク

「シルク、準備出来たよ。」
「わかったわ。じゃあ、はじめましょ!」

ここは私達の部屋。今はキッチンになりかけているけどね。

材料は揃ったから、はじめましょ!

使うものは[林檎]3つ、[オレンの実]1つ、[PPマックス]の空き瓶3つ。これだけあれば簡単に出来るわ。

ここで助手を紹介するわ。
フライゴンのフライよ。

「シルク、はい。[オレンの実]」

私はフライから青い木の実を受け取ったわ。

「[サイコキネンシス]!」

まずは[オレンの実]を搾り、空き瓶の1つに注ぐ。
次に、残りの2つに、ちょうど三等分になるように分ける。

私の場合、超能力できっちり分ける。身体の構造上、直立で作業するのはほぼ不可能なのよ。

今・小瓶には、1/4ぐらいまで[オレンの実]の果汁で満たされているわ。

「次は[林檎]。」
「ええ。」

均等に分けたら、瓶1つにつき1個の林檎を使って果汁を瓶に入れる。

ここからがポイントよ。

「フライ、20秒間頼んだわ。」
「うん!混乱するから、耳を塞いで下さい。」
「えっ!?うん。」

これからフライも技を使うのよ。

「わかりましたわー。」「わかったでゲス!」

私とウォルタ君、ブラウンさんは伏せて前脚で両耳を抑え、シャインさんは両手(………というよりは葉?)で保護したわ。

「大丈夫だね?[超音波]!」

フライは翼を細かく振動させ、振動数の高い音波を発生させたわ。

この音波で液体を共鳴させる。こうすることで、均一に混ざるのよ。
混ざる事で、[林檎]の塩基性塩と[オレンの実]の酸性塩が中和反応をひきおこす。
これで正塩の完成よ。
この正塩が、今回の目的の物質よ。

………えっ?知らない単語が出てきたって?わかったわ。解説するわ。

まず[酸性塩]は、水に溶け込んでいる塩、例えば食塩水の食塩、に酸の元の水素イオンが化合したものよ。

対して[塩基性塩]は水素イオンが、塩基の元の水酸化物イオンになったもの。

最後に[正塩]は、どっちも化合していない、中性の物質よ。

用語の解説はこのくらいにしておこうかしら?

反応した果汁はというと、淡い水色に変色したわ。

「これで完成よ。味を見てくれるかしら?」

私は完成したドリンクの一つを前に出したわ。

「いいの〜?」
「ええ。三人でまわして飲んでくれるかしら?」
「残りの2つはラテ君とベリーちゃんの分だからね。」

本来の使用方法は一回につき1つ。でも、味見だからね。
ちなみに効果は、空腹感の脱却。実際に空腹感が満たされるわ。

これは一昨日にダンジョンで初めて作ったのよ。もちろん、効果は実証済みよ!

この間にも、三人とも飲んでくれたわね。

「……!美味しいですわ!」「甘酸っぱくて美味しいよ〜。」

「フライさんの作った物とは違う味でゲスね!」

フライの? ああー、私が教えた解毒薬のことね?

「あれは元々シルクが考えたんですよ。」

………喜んでくれて嬉しいわ。

「………ん?外から声が聞こえない〜?」

ここでウォルタ君が物音………………あっ、聞こえたわ。

ウォルタ君は種族の影響もあって、聴力が優れているのね。

「「………………」」

遠くから見ると、ラテ君達、完全に意気消沈って感じね…………。

《ラテ君、ベリーちゃん、こっちに来て!》
「「……!?………シルク?」」

私はフラットさんに聞こえないようにテレパシーで伝える。

《皆さんも、ここからは小声でお願いするわ。》

もちろん、ウォルタ君達にもね。

「「「!!?」」」

三人にこれで話しかけるのは初めてだからね、三人とも驚いているわ。

「これはテレパシーだよ。シルクはテレパシーが使えるんです。」

ここでいつものフライの解説。

「………フラットに………遠征は諦めろって言われたんだ………。」

ベリーちゃんが消え入りそうな声で言う。諦めろって………。

「そんなに落ち込まないで欲しいでゲス。またここから取り戻せばいいでゲス。」
「でも、誰かが選ばれたら………他の誰かが落とされる事になるけど………。」
「ラテ君、その時はその時ですわ。それに、2人が落ち込んでいるなんて、らしくないてますわ。」
「ぼくもそう思うよ〜。またここから頑張ればいいって〜。」
「これで落選するとはかぎらないよ!」
「諦めなければ、絶対に行けるわ!」


そうよ!努力は必ず報われるわ!だから、諦めないで!!

「だから、これを飲んで元気出して。」

目に暖かいものが溜まりはじめている2人に、フライが私達の作ったドリンクを差し出したわ。

「…………うん。ありがとう。わたし達、もう少し頑張ってみるよ。」
「……元気がでたよ。うん、まだまだこれからだよね?」
「そうよ。まだ決まった訳じゃないから、ね?」


ラテ君、ベリーちゃん、その通りよ!諦めたら全てがおしまいよ。


ともあれ、ラテン君達が立ち直ってくれて良かったわ。



巻之泗 完   続く………




@ ( 2013/08/01(木) 00:12 )