絆の軌跡 〜過去と未来の交錯〜
























小説トップ
巻之参 悠久の風と紫のお騒がせ者達
拾参 特訓の成果
西暦7000 オレンの森 sideシルク

《シルク、見つかったよ!今すぐ来て!!》

私達が捜索していると、待ちに待った吉報。ようやくね。

「!? ええ、わかったわ!すぐに向かうわ!」
《うん。一発打ち上げるから、頼んだよ!!》

プツッと音がして、通信が遮断された。

「シルク、見つかったの?」
「ええ。どうやらそうらしいわ。」

知らせが入ったってことは、確実ね。

「でも、どこだろう………。」

ベリーちゃんはこまったように言ったわ。
場所は何もいってなかったから………あっ、黒い球!
あれはおそらくフライの[目覚めるパワー]ね。

「あっ!あれって………。」
「そうよ。フライの[目覚めるパワー]よ。ベリーちゃん、今からあなたに[サイコキネンシス]をかけてもいいかしら?」
「えっ!?」

ベリーちゃんは驚いて声を張り上げた。
私の技を今まで見てきたがら、驚くのも当然よね。

「ダメージを受けないように調整するから、安心して。それに、走る分の体力が温存されるから。そのほうがいいでしょ?」
「………うん、そうだね。」

それに、ベリーちゃんは二足歩行、私は四足歩行だから、スピードは私の方が速いからね。
………敢えて言わなかったけど……。

「話は決まったわね。[サイコキネンシス]!」

ベリーちゃんちゃんが同意したのを確認すると、私はベリーちゃんを優しく浮かせたわ。

ベリーちゃん、やっぱり驚いているわね。浮遊するなんて、滅多に体験談出来ないことだからね。

「凄い!!わたし、浮いてる!!こんなことも出来るんだー!」

ベリーちゃんの瞳が太陽のように輝いた。

「さあ、いくわよ!!」
「うん!」

ベリーちゃんと目を合わせ、互いに頷いた。
そして、私は四肢に力を込めて全力で走り出したわ。
フライ、ラテ君、今いくわ!!

………

同刻 sideラテ

「[目覚めるパワー]! よし、5分もすれば来ると思うよ。」

……でも、そんなに早く来れるのかな………。

あっ、今の状況を説明すると、少し前に、お尋ね者のラクライを発見したんだ。
幸い、まだ気付かれてないからフライにシルクに知らせてもらったんだ。さっき言ってた通信機っていうものでね。
それから、フライは特大の紺色の弾、[目覚めるパワー]を今放ったところだよ。
…………凄い大きさ……しかも凄く短い時間で溜まってる。
実際に溜めてみてわかったけど、凄く難しかったよ。

ええっと、こんな感じかな?

「そんなに早く着くの?」

僕は疑問に思ってフライに聞いた。

「シルクなら、きっと可能だよ。たぶんベリーちゃんに[サイコキネンシスをかけて来る筈だからね。」
「えっ!?あの技を!?あんな強力な技を操っている、[サイコキネンシス]で!?」

あんなに強いのに、僕達ではとても耐えられないよ。シル……

「大丈夫。シルク曰わく、[サイコキネンシス]は強さを調節できるみたいだから。」
「えっ!?そうなの?」

加減できるんだね!?

「うん。だから、ベリーちゃんは殆どダメージを受けないはずだよ。」

良かった。

「安心したよ。 とりあえず、僕達はベリーとシルクを待たないといけないね。」
「うん。もちろん、見張るのも忘れずにね。」

そうだね。

5分後 合流

「フライ、ラテ君、待たせたわね。っ!」

予定通り、シルク達が到着した。
フライの予測が当たったよ。ベリー、浮いてたから。

「早かったね。」
「ええ、全力でとばしてきたからね。」

シルクは笑顔で答えた。息、もう整ってる。

「ラテ、これが今日最後の依頼だね?」
「うん。シルク、フライ、ここは僕達だけでいきます。」

一応確認だけど、シルク達はいわゆる一般人。……僕達とは比べものにならないくらい強いけど………。

「ええ、そうね。」
「これは[依頼]だからね。ボク達は別件の依頼主、ボク達の出る幕じゃないからね。」

フライの言うとおりだよ。

「ベリー、いくよ!」
「うん!」

僕達は気合いを入れて、目的の人物(お尋ね者)の元に走った。

「お尋ね者のラクライ、やっと見つけたよ!」

僕は大声で叫ぶ。

「!!?折角の隠れ家だったのに、もう見つかったか!?もしや、テメェら、探検隊か!?」

口が悪い……やっぱりそうだ。
 
「わたし達は探検隊、[悠久の風]、君を逮捕しに来たんだよ!!」

ベリーにも力がこもる。

「出来るものなら、やってみろ!![電気ショック]!」

言うや否や、ラクライは電撃を放った。

「ベリー、いくよ![電光石火]!」
「うん![気合い溜め]!」

ベリーが志気を高めている間に、僕は高速で接近する。

放たれた電撃は空を斬った。

僕はそのまま突っ込ん……

「甘いな。[放電]!」
「!?っ!」

だのが間違いだった。直撃は避けたけど、そこそこダメージを受けた。

「ラテ!!大丈夫!?」
「うん、まだ…いけるよ。」

ここでくたばる僕じゃないよ!

「なら、まずはこの種で…えいっ!」

ベリーは接近しながら、小さな種、[縛られの種]を相手に投げつけた。

「!?っ、しまった!?」

見事に口にホールインワン。ラクライは麻痺状態になった。ベリー、ナイス!

「ラテ!今のうちに回復してて!わたしが時間を稼ぐから![火の粉]!」

「うん、ありがとう!」「俺としたことが……油断した……。」

ベリー、助かったよ。
ベリーは嘴に炎を溜め、小球にして一気に放った。
僕はその間に体勢を立て直した。

「くっ! [噛み砕く]!」
「きゃっ!」

炎球は命中したけど、近かったからベリーは噛みつかれた。

「ベリー!![シャドーボール]!」

僕はとっさに漆黒の弾を放つ。

「何っ!?[シャドーボール]だと!?うっ!」

意表をついたみたいだね。シルクありがとう。
僕の技を受け、ラクライはベリーを放した。

「ベリー、大丈夫!?」
「ううっ、ちょっと……キツいかな……。」

ベリー、顔を歪めてる。ベリーはこのまま闘うのは危ないかもしれない……

「下がって回復してて!僕が引きつけるから!」

「うん、……お願い。」「よくも、俺に……ここまで……、[放電]!」

ベリーはなんとか後退した。
!?ラクライ、とうとうなりふり構わなくなってきた。
さすがに厳しいかも……。

僕は放たれた電波を跳んでかわす。だけど……

「[電気ショック]!」
「しまっ……っ!!」

着地する寸前に追撃を受けた。

……、威力が……上がってる。……まさか、[充電]を………したの?

「どうやら………テメェらも、ここまでの……ようだな……。」

マズい………このままだと………っ!起き上がれない。………!?まさか、麻痺!?こんな時に………。

「これで……最後だ!!」

麻痺て動けない……僕をめがけて……走ってくる。
ダメだ……やられる………。
あきらめかけたその時、

「ラテ!!こういう時こそ[集中]しないと!! 当たって!!」

ベリーが叫びながら、[鉄の棘]を投げた。
……はっ!そっか!

「!?っ!」

僕はまだ完全に……[集中]出来てなかったんだ!

「貴様!!」「ベリー……ありがとう。おかげで……肝心な事を……思い出したよ。」

ベリーの言葉で我にかえった。
僕はそのまま目を瞑る。

「[つつく]!」

感じる。ベリーが風をきる音が。

たぶん……僕からの距離は……5Mぐらい。

「くっ!」

音からすると、命中。? よし、痺れが解けた。
今のうちに……溜めておこう。

「シャドーボール]!」

僕は目を閉じたまま……相手に聞こえないように……小声で……唱えた。

「[噛み砕……]」「[火の……」

よし、溜まった!

感じる温度からすると、僕の正面にいるのはラクライ。
よし!

「[………く]!」「[……粉]!」「これで………最後!!」

「!!?」「えっ!?」

僕は驚きの声をあげている2人は無視して、目を見開いた。
やっぱり、ラクライが正面だ。

僕は……溜めた漆黒のエネルギーを……標的に向けて……放った。

「いつの間に!?ぐわっ!」

当たった。
ラクライは2、3M飛ばされた。そして、気を失った。

「……終わった?」
「……うん。そうみたい……だね。」

うん、なんとか……倒せたね。

集中すると……ここまで……威力が……変わるんだ……。
身をもって体感できた……気がするよ。


こうして……今日最後の依頼は……無事……成功に……終わった。

@ ( 2013/07/23(火) 02:06 )