絆の軌跡 〜過去と未来の交錯〜
























小説トップ
巻之弐 愉快な隊員たち
六 今後の要項
西暦7000 海岸 sideシルク

私はラテ君に想いをぶつけて……。

「シルクさん、本当に…ありがとうございます。」
「だから、困った事があったら私をはじめ、フライ、ベリーちゃんにいつでもいってね!」

ラテ君は私の生い立ちを涙を流して聞いてくれたわ。
……嬉しいわ。
私は煌めく朝日に負けないくらいの、心の底からの笑顔で答えた。

「ラテ君、これを期に私の事を普通に[シルク]って呼んでくれると嬉しいわ。私、正直[さん]付けされるの、性に合わないのよね。」
「えっ?いいんですか?」
「ええ。もちろんよ。あと、わざわざ敬語を使わなくてもいいわよ。こうしてお互いに話したんだから、ね?」

お互いに心の奥底にあるものをうち明けたんだから、改まった態度だと距離ができるのよね。

「うん、じゃあ、そうさせてもらうよ。」

さっそく変えてくれたわね。

「ええ。ラテ君、そろそろもどりましょ?」
「うん、そうです………だね。」

時間はもうじき7時かしら?
朝礼があるらしいから、戻らないといけないわね。

私達は弟子達が起きた頃であろうギルドへとかけていったわ。

………

ギルド B2F sideシルク

「よかったー。まだ始まってなかったよ。」

どうやら朝礼には間に合ったようね。

「おや、ラテが一番乗りとは、珍しいな♪」
「今日は早く目が覚めたから、散歩に行ってたんです。」

フラットさん、あなたも朝が早いのね。

「シルクさん、寝れましたか♪?」
「ええ、お陰様で十分に休めたわ。」

私がもう起きていたから、心配したのかしら?
………時間的に、そろそろフライが起きてくる頃ね。

「なら、安心しました♪」

私の勘は当たったようね。

「いないとおもったら、やっぱり起きてたんだね?」
「ええ。フライもいつも通りって感じね。」

時代が変わっても、習慣は変わらないものなのね。
私もそうだったから。

「フライ、ラテ君、後で話があるから、いいかしら?」
「ん?シルク、どうしたの?」

突然聞いたから、疑問に思うのも当然よね。

「私達の今後についてよ。」「さっきの事だね?」

「今後の事?うん、わかったよ。」
「朝礼が終わってからでいいかしら?」
「「うん。」」

ラテ君達の朝礼が終わらないと、始まらないからね。

「あれ?あっしより早いなんて、珍しいでゲスね?」

ブラウンさん、起きたみたいね。
それから続々とほかの人達も部屋から出てきたわ。

「ラテ君、おはよー。」
「うん、おはよう。」

ベリーちゃんも起きたわね。

「シルクさんにフライさんも、おはようございます!」
「ベリーちゃん、おはよう。」

朝から元気がいいわね。

「よし、全員揃ったな♪ 親方様、朝礼をお願いします♪」

フラットさんが扉の前で声を張り上げて……あっ、ここがラックさんの部屋なのね?
扉が開いて出てきたわね。

「えー、今日の連絡だが、近々ギルドを挙げて遠征に出かけようと思っている♪」

成り行きで聞いているけど、遠征って何のことかしら?

「キャー、遠征なんていつ以来かしら?」
「しばらく行ってなかったからな。」
「あっし、遠征はじめてでゲス。」

どうやら、頻繁にあるものではないらしいわね。

「遠征、ですか?」

フライ、私も気になるわ。

「ブラウンにラテ、ベリーは初めてだったな♪この遠征は選考で選ばれたメンバーが遠くまで探検に行くものだ。 活躍次第で誰でも参加できるから、精一杯精進するように♪」

要するに、頑張れば探検ができるってことね?

「私からの連絡は以上だ♪ 親方様、御言葉をお願いします♪」

フラットさんはラックさんに頭を下げた。

「みんな、頑張ってね!」
「それでは、いつもの、いくぞ♪」

ラックさん、簡単にまとめたわね。

「「「「「「1つ、……………(忘れたので省略します。 by @)。」」」」」」
「それでは、今日も張りきっていくよ♪!」
「「「「「「おー!」」」」」」

凄く威勢がいいわね。志気も高まるわね。

かけ声が終わると、散り散りになっていったわ。これから仕事ね?

「で、シルク、話って?」

朝礼が終わってから話す約束だったわね。話しましょうか。

「ここなら、情報が集まりそうだから、この街を拠点にして元の時代に帰る方法を探すのはどうかしら?」

今朝ラテ君と会う前にトレジャータウンを見てきたら、結構店が並んでいたわ。
………どこも閉まっていたけど。

「そうだね。寝泊まりする場所も必要だからね。うん、それでいいよ。」

フライ、あなたならそう言ってくれるって信じていたわ。

「もう一つ話したい事があるんだけど、ラテ君、いいかしら?」

2つ目はラテ君の事……。

「ラテくんがどうしたの?」「ベリーには出逢った時に言ったから……」

「ラテ君の事に関係して、話したい事があるけど、話してもいいかしら?」

私はラテ君のほうを見て聞いたわ。

「いいけど、近くにヘルツさんとフログさんがいるから………。」

やっぱりすぐに、という訳にはいかないわね?
タイムスリップして、使う機会はないと思っていたけど、あの方法を使おうかしら?

《これなら、いいかしら?》

サイコキネンシスの要領でラテ君、ベリーちゃん、フライの頭の中に直接語りかけた。

私、元の時代で仲間にテレパシーの方法を教えてもらったのよ。
習得するのに苦労したわ。

「えっ!?なに!?これ!?」
「声が、響いてる!?」

初めて体験すると、誰でもこうなるわ。世間一般では、テレパシーは伝説ポケモンの専売特許って事になってるから……。

「[テレパシー]だよ。」
「[テレパシー]って、伝説のポケモンしかできないんじゃないの!?」

やっぱり、どの時代でも常識は変わらないのね。

「経験を積んで練習すれば、エスパータイプのポケモンも使えるんだよ。」

フライ、説明ありがとう。

「根気よく練習しないといけないけどね。」

私は笑顔で付け加えた。

《今朝聞いたことだけど………(前回と重なるので省略します。 by @)………。フライ、勝手に決めたけど、いいかしら?》

私の話に3人は小声で返してくれたわ。
たぶん、誰にも聞こえてないわね。

「うん、昨日助けてもらったお礼をボクからもしたいから、ぜひ!」
「フライさん、ありがとうございます。」
「ラテくん、よかったね!」


ともあれ、フライも同意してくれてよかったわ。


@ ( 2013/07/14(日) 00:50 )