絆の軌跡 〜過去と未来の交錯〜
























小説トップ
巻之拾泗 エピローグ
八拾壱 半年後………。
西暦7000年 sideラテ

シルクとフライが2000年代に帰ってからの半年間で、いろんな事があったよ。

まずはハクさんとシリウスさんの探検隊、“明星”なんだけど、活動拠点を[真実の頂]の麓から[トレジャータウン]に移したんだよ。

それ以来、僕達は2人と凄く仲良くなったんだ。

今度、一緒に探検に行く予定だよ。


次にウォルタ君。 彼は[幻の大地]]の調査で功績をあげて探検隊連盟から表彰されたんだよ。

それに、連盟公認の考古学者になったんだ。

学者が公認されるのは異例で、連盟は発足してから4人目なんだって。

ウォルタ君の家族関係なんだけど、彼のお母さんが明日から有給休暇をとったみたいだから、彼のお父さんがいる[幻の大地]でしばらく一緒に過ごすんだって。


そして僕達、“悠久の風”は、2週間前に、ついにギルトを卒業したんだよ!

先輩達を差し置いて僕達が先にしたから気が引けたけど、いいよね?



シロさんは、旅がしたいって言って、各地を飛び回ってるよ。



…………唯一以前と変わったのがシードさん。

チェリーさんが消滅してから、まるで抜け殻にでもなったかのように沈み込んでいるよ………。

恋人との別れだから…………。



ええっと、こんな感じだね。



これから先、いろんな事があると思うけど、何とかなりそうだよ。



これで、全部話したかな?



読者の皆さん、ここまで閲覧して頂いて、ありがとうございました。



みんなに代わって、僕がお礼を言いたいと思います。


本当に、ありがとうございました!!!







































………

時限の塔 side・・・

「ツァイト、話があるんだが、いいかな?」
「シロ、どうかした?」
「……………拙者の古い友人の[セレビィ]のシード、知っているかな?」
「自分とも付き合いがあったから知っているが?」
「彼の恋人が消滅してからというものの、人が変わったように沈み込んでしまっているんだ………。」
「あの、シードが?」
「如何にも。………そこでお願いなんだが、[セレビィ]のチェリーをこの時代に呼び戻してはくれないか?」
「……………………古いよしみだ。その頼み、受けいれよう。」
「……すまんな………。」



………

森の高台 sideシード

「……………チェリーがいなくなってからもう半年間か…………。彼女がいなくなって、心に穴が空いたような感じだよ…………。」

…………もうどれだけ泣いただろう………。

もう枯れて涙も出ないよ…………。

「…………そういえば、チェリーと初めて会ったのもここだったっけ…………、」

僕は自然とこの場所に来ていた。

……………あの頃が懐かしいよ…………………。

「…………………?」

僕はふと、辺りに違和感を覚えて後ろに振り返った。

「…………光?」

そこには、淡い光が漂っていた。

「………? 光が、強くなってる…………。……っ!!」

光が拡大したかと思うと、突然激しい光になった。

僕は思わず目をつむる。

「……………収まった………?」

僕はゆっくりと目を開けた。

「…………えっ!?嘘、でしょ…………?」
「…………?わたしは………一体………。消えたはずよね…………?」

そこには色違いの[セレビィ]、………ずっと想い続けた、僕の恋人…………、

「チェリー、だよね………?」
「もしかして、シード?」

……どこからどう見ても、間違いない!!

チェリーだ!!

「うん!」
「本当よ!!」
「チェリー、会いたかったよ!!」
「シード、わたしもよ!!」

僕達はいても立ってもいられず、互いに抱き合った。

本当に、本当に、チェリーだね!!














この後、僕達は堅く将来を誓いあった。

たぶん、シロさん、ツァイトさん、ありがとう。




       Fin...
BACK | INDEX | NEXT

■筆者メッセージ
ここまで閲覧して頂いて、ありがとうございました!!

無事に、完結させる事ができました!!
@ ( 2013/10/16(水) 02:00 )