絆の軌跡 〜過去と未来の交錯〜
























小説トップ
巻之拾 動きだすシナリオ
伍拾泗 脱出
西暦7000年 導きの大河 sideウォルタ

まさか、2人が言っていた[ラツェル]という人間が同一人物とは思わなかったよ!!

っていうことは、その人もシルク達と同じで[過去]から来たことになるよね?

「そういえばシードさん、一つ気になる事があるんだけど聞いてもいいかしら?」

ぼくがさっき聞いたことを頭の中で整理していると、シルクがノートとペンを取り出しながら聞いた。

何を聞くんだろう………。

「えっ!はい。いいですけど?」
「[ラツェル]さんって、何年の出身なのかしら?」

シルクが真っ直ぐ見つめて聞いた。

「ええっと確か……自分が初めて導いた時だから………、5179年です。」

シードさんは、記憶を探りながら答えた。

5179年は確か………、

「その年って、[終焉の戦]の一年前だよね〜?」

あの戦争の一年前。……シロの話だと……。

「……はい。そうです。当時、自分はまだ希望の年代に[時渡り]できなかったんです。そして、たどり着いたのが、7200年だったんです。」
「……なるほどね。でないと、人間は存在しないわよね。って事は、[ラツェル]さんはその事を知っていて未来を変えようとしているのかしら?」

シルクは目線をノートに落としながら聞いた。

「その事ですが、その時代の[ユクシー]に頼んで、その時代に関する[記憶]を消してもらいました。………本人の希望で……。」

[記憶]を……、消す?

どこかでそんな場面の話を聞いたことがあるような…………。いつだったっけ………?

「[記憶]をね………。相当辛かったようね………。」

……………確か、ラテ君から似たような話を聞いたような………。

その時に[時空の叫び]の事を聞いたんだっけ………?

その話も[記憶]を消すような内容だったし………。

断片的だけど、<・ード>と<・・ェル>っていう名前……………。

……………!!!もしかして!!

前のほうって、シードさんの事!?凄く似てるし!

確かラテ君は元々人間だったって言ってた!!

「………………に納めればいいという事ね?」

これって、どう考えても………

「…らしいです。あと、チェリーからは口止めされているんですけど、最近の出来事から想像出来ると思いますが、[グラス]さんの種族は[ジュプトル]です。」

………[ラツェル]さんとラテ君は同一人物。

「……やっぱりね……。」

これなら、事故ではぐれて行方不明になった事の説明がつく。

「………僕が知っているのはこれで全部です。」

シャドウさん曰わく、[時空の叫び]は[過去]、[未来]に本人に関係ある出来事が見える能力らしいから、ほぼ確実に………。

「わかったわ。シードさん、ありがとう。……私達も、自分なりに調べてみるわ。」

………でも、シルクは[時空の叫び]の事を知らないし、フライはシードさんの話を知らない……。

つまり、全ての[真実]を知っているのはぼくだけ………。

「……ところでシルクさん?そろそろ帰らないといけないんじゃないんですか?」

信頼していない訳ではないけど、2人がこの事を知ったら2人に危険が及ぶ。

2人の実力は相当なものだけど、2人に頼ってばかりでは……、ぼくのためにならない。

…………いつかは、シルクとフライは元の時代に帰らないといけないから………。

「えっ!?もうそんな時間!?[時]が止まっているから気づかなかったわ。」

この事はぼくだけで………。

これはたぶん、誰にも知られてはいけない[真実]だから……。

「[セレビィ]という種族上、時間感覚に敏感なんです。」

特にラテ君には………。


………でも、何でだろう……。

何故か不吉な予感しかしない………。

「種族固有の能力ね? じゃあ、私達はそろそろ行くわね。」

何かとんでもない事が起こる気が………。

「はい。お二人もお元気で!」
「ええ。ウォルタ君、行きましょ!」
「んぇ?あっ、う、うん、そうだね〜。」

ぼくは突然呼ばれて変な声をだした。


この後、シードさんと別れ、ぼくはシルクを乗せて飛びたった。

………[ウォーグル]の姿に代えてね。


………

地底の湖 sideフライ

「くっ!!こんな時に限ってなかなか解除されない!?」

突然現れた[ジュプトル]に[縛り玉]を使われて、身体の自由が利かない!?


[時]を止める波が迫っているというのに!!

この瞬間、ボク達と波まで80m。

「ラテ、フライ、本当にヤバいよ!!」
「このままだと僕達も巻き込まれるよ!!」

2人は絶体絶命の危機を前にしてパニックに陥っている……。

「私が勘違いしてなかったら………。」

一方のアルタイルさんは完全に沈み込んでる……。

…………ここは、ボクが何とかしないと……。

迅速に、かつ冷静に…………。

………ダメだ。何にも思いつかない………。

………波まで70m………。

「…………お前等、助かりたければこれを食え。」

ボクが絶望に沈みかけたその時、波を引き起こした張本人、[ジュプトル]が駆け寄ってきた。

………何故!?

「えっ!?でも、どうして……」
「これは世界を救うためだ……。だが、お前等を巻き込んだのはすまないと思ってる………」
「でも、[時の歯車]を盗んだ奴なんかに……」

それぞれが言葉を遮って話す。

………波まで60m。

「俺も好きでしている訳ではない。………死にたくなければ、文句を言わずに食え!」

ジュプトルは自身の鞄から[癒やしの種]を取りだした。

[時の歯車]を集めているということは………。

………波まで50m。

「……助かりま……」

「えっ!?でも、フライ!?この人は悪者だよ!!」「時間がない。……急げ!」

ボクが受け取ろうとしたら、ベリーちゃんが必死で止めた。

「ベリー!今は[善悪]なんて関係ない!!それよりも[生死]のほうが大切だ!」

ボクは言葉を強めた。

彼から[癒やしの種]を受け取りながら。

……波まで40m。

「………もう無理だ……。」

彼は血相を変えて走りだした。

ボクは無理やり放り込む。

………だけど、運悪くボクはそれを持ってない。

………波まで30m。

「……手荒だけど、仕方ない。」

ボクはできる限り早く、動けない3人を尻尾で背中に乗せた。

………波まで15m。そろそろ飛ばないと!

「「「!!?」」」「しっかり掴まってください!!」

ボクは涸れそうになるぐらいの大声で叫んだ。

………波まで10m。

背中の異なる3点に、外部から力が加わったのが感じられた。

よし!!

ボクは1回、2回羽ばたいた。

……波まで6m。

ボクは翼にありったけの力を込めて飛びたった。

ボクの身体は加速を始めた。

高度をあげ、身体を一直線にして、極力空気抵抗を少なくす。

………波まで4m。もう目と鼻……、いや、尻尾の先。

眼下の景色が後ろに流れる。

ボクはやっとトップスピードに達した。

………くっ!!まだスピードが足りない!!

元の時代の仲間の1人なら、もっとスピードが出るのに!!

……波まで2m。もう尻尾が巻き込まれそうだ!!

こうなったら………、[瞬足の種]で!

ボクはポーチからいくつか取り出し、1つを口に放り込んで噛み砕いた。

ボクは更に加速する。

…………でも、まだだ!!

ボクは手に持っている全ての[瞬足の種]を一気に飲み込んだ。

………よし、これならいける、限界の、4倍速なら!!

眼下の景色がほぼ線……、つまり、ボクのスピードは音速に達した。

ボクの目はレンズ状になっているから大丈夫だけど、背中の3人にとってはしがみつくのがやっと。

「ラテ君!!すぐに[守る]をして!!」

ボクは耳に響く風の轟音に負けないぐらいの大声で叫んだ。

っ!!喉が!!

「!!? [守る]!!」

刹那、ボク達の限界、スレスレを囲むように緑のシールドが張り巡らせられた。

こうしないと、飛行タイプでもドラゴンタイプでもない3人には、身体にかかる負荷が大きすぎる。

例えるなら、トップスピードの戦闘機の外壁に生身でしがみついているようなものだから……。

「ラテ君、助かったよ!!辛いかもしれないけど、しばらく維持して!!」
「くっ!凄い力………。 フライ、やってみるよ!!」

雑音がなくなり、普通に聞こえるようになった。
 
距離が開き、波との距離は15m。

種の効果が切れる前に少しでも距離を稼がないと!

……………恐らく、[流砂の洞窟]の出口まであと1km。

少しでも、速く!

[守る]をしてもらっているから、空気抵抗は大きくなるけど、そこはボクの実力で何とかしないと!!

………波まで60m。

ボクは追加で種を噛み砕いた。

これでしばらくは………。

「景色が、見えない!?それに、音も聞こえない!?」「こんなスピード、初めてです……。」

ボクの背中で、ベリーちゃんとアルタイルさんが呟いた。

「今のボクは、[瞬足の種]の効果で、音の速さ以上のスピードがでています。」

「音より、ですか!?」「フライ!!もう限界だよ!!」

ラテ君が悲鳴に近いをあげた。

「5秒、5秒だけ耐えて!!」

5秒あれば、[穴抜けの玉]を発動させられる。

それは、少しでも減速した時に、波がボクに到達する時間………。

………一か八かの、賭けだ!!

もし、失敗したら………、いや、考えるのは止めておかないと……。

「ベリーちゃん、[穴抜けの玉]を!!」
「うん!!」

背後で、物を探る音がし始めた。

………効果が2つ分、切れた……。

急激に波が迫る。

「あった!!いくよ!!」

もう波まで10m、もう1秒と保たない!!

どうか、間に合って!!!



玉から眩い光が発せられた。

3m、

光がボク達を包みはじめる。

2m、

光が完全に包み込む。

1m、

ボク達の実体が無くなる。

50cm、

光は一気に収束する。

0m、

ボク達がいた所を波が通過…………。


…………間一髪、間にあった!!


巻之拾  完  続く。

@ ( 2013/09/16(月) 23:52 )