絆の軌跡 〜過去と未来の交錯〜
























小説トップ
巻之七 真実とは
参拾六 従者のチカラ
西暦7000年 真実の頂5合目神社 sideシルク

「…………戻った。」

ウォルタ君、とうとう[真実のチカラ]を手にしたわね。

今日からあなたは[真実の英雄]よ!

[絆の従者]として、私も嬉しいわ。

ウォルタ君を包んでいた淡い光が収まった。

「ウォルタ君、練習さえすればもっと手早く変化できるようになるわよ。」
「本当に〜!?」

ウォルタ君は、期待を込めて私を見つめたわ。

……これから様々な困難に直面するかもしれないけど、頑張ってね!

これだけしか言えないけど、応援しているわ!

「ああ、そうだ。第2の姿が[ウォーグル]なら、空を飛ぶ事も可能だ。」

シロさんがウォルタ君をまっすぐに見下ろして言ったわ。

ウォルタ君、空も水中も行動出来るようになるのね。

…………うらやましいわ……。

「それから、シルク殿、貴女にも渡しておくものがある。」

シロさんは私に視線を移した。

「そういえば、私にもあるって言ってたわね?」
「そうだ。貴女の時代のものではないが、[従者]にも[証]が存在する。2000年代には存在しなかったものだ。故にこの宝具の効果も存じてないだろう…。」

シロさんがさっきと同じように右翼を突きだすと、今度は水色の光が集まりはじめたわ。

水色………?

確か[絆]は青。だとすると………。

「ええ。私が知っている[証]は[理想]の黒、[真実]の白、[絆]の青、[友情]の緑、[志]の赤の5つだけ。だから、水色の[証]は知らないわ。………青系の色だから、ある程度は想像がつくけど……。」

水色だから、[絆]に関係するのは確実ね。

「察しの通りだ。この[従者の証]は[絆]に属する者に授けられる。」
「[絆の従者]にも、あったんだね……。」

フライが呆気にとられながらも、落ちついて言ったわ。
私も知らなかったぐらいだし…………。

おそらく、2000年代以降のものなのね?

「シロさん、[従者の証]にも[チカラ][代償]があるのよね?」
「御名答だ。[代償]から話すと、1つ目は、[真実]同様に守備が低下する。」

守りが……ね……。

ということは、それ以外のステータスが上がるはず……。

「攻撃に弱くなるのね? わかったわ。」

私は見上げたまま答えた。

…………そろそろ首が痛くなってきたわ………。


「………2つ目は、自然回復力の低下。3つ目は、状態への耐性の軟化だ。」
「…………毒とか火傷の影響が大きくなるのは厄介ね…。」

快晴の時にくらったら、致命傷になるのは間違いないわね。
これからは極力、攻撃を受けないようにしないといけない……。
注意が必要ね。

「4つ目は、外部からの回復行動が無効となる。」
「外部からの回復?………。つまり、道具を使って体力を回復する事が出来なくなるってことかしら?」

これは………厄介ね……。
なら、尚更気が抜けないわ………。

闘う時は、一度でも攻撃をくらったら、私は確実に負けるわね……。

捨て身の攻撃が出来なくなる………。

「シルク殿、[代償]は以上だ。」
「私の場合、4つなのね? 私、バトルには自信があるから、何とかなるわ。」
「シルクは1日で、伝説の種族を1人、フライと協力してもう1人倒したぐらいだからね〜。憧れるよ〜。」
「えっ!?シルク?あの前にも闘っていたの??」

ウォルタ君の言葉を聞いて、フライが私の方に振り向いたわ。

そういえば、言ってなかったわね。

「ええ。そうよ。」
「シルクさんの強さって一体……。」

ルアン君、きっと呆気にとられているわね。

「シロさん、[チカラ]ほうは〜?」

私とシロさんが言う前に、ウォルタ君が口を開いたわ。

「[従者の証]の[チカラ]は主に2つ。 1つ目は、守備を捨てる代わりに技の威力が向上する。」
「………攻撃特化ということね……。」

これは、ウォルタ君の[チカラ]と同じような感じね。

「2つ目は、第5、第6の技を使用可能になる。ただし、種族上、使えないタイプに限る。」
「ぼくとは正反対……。でも、シルクのほうが[代償]の数が多い事を考えると………。」

ウォルタ君は言葉を濁した。

技の数が増えるのは魅力的だけど、その分リスクが大きい………。

「[シルク殿、[従者の証]の[チカラ]は以上だ。」
「私も2つなのね。……シロさん、わかったわ。………………[チカラ]と[代償]、全部受けいれるわ。」

[絆]の名の下に誓い、[絆]の名を持つ者として、受け入れないと……………、いや、受け入れてみせるわ!!

私には長年の戦歴、そして[化学]の知識がある。

[化学]をさらに使えば、短所をまかなえる。

だから………

「御意。シルク殿、貴女の意志は堅いようだな。」
「ええ。[絆]の名を持つ者として、これは[使命]だと思っているわ。」

[絆]の名に賭けて………。

「…………では……。」

それだけ言うと、シロさんは私に水色のスカーフ、[従者の証]を手渡した。

私は何も言葉を発せず、黙々と身に着ける。

身体の構造上難しいけど、[サイコキネンシス]を使えば容易にできる…。

「………よし、できたわ。 シロさん、私もウォルタ君と同じで、今日から2、3日は技を使えなくなるのよね?」

たぶん、この期間は身体が[チカラ]に適応するための時間………。

「…………これで、任命と贈与は以上だ。……」

シロさん、お疲れ様。
覚醒してすぐなのに、[使者]も大変ね……………。

「……………ああー、17回目だけど、どうしてもこの喋り方、慣れない!!だが、儀式だから仕方ないか……。」
「「「「!!?」」」」

えっ!?シロさん!?くだけすぎてない??
ギャップが凄いんですけど…………。

シロさんは頭をかきむしりながら呟いた。

「ウォルタ殿、シルク殿、フライ殿、ルアン殿、拙者は堅苦しいのは嫌いだから、気軽に接して欲しい。もちろん、拙者の事を[シロ]と呼んでも構わない。」

「「「「………はい‥………」」」」

シロさん、思った以上にフレンドリーなのね………。

シロさんの口元が緩んだ。

………

数分後 sideルアン

シルクさんとウォルタ君………、おいらとほとんど変わらない年なのに、背負ってるものが大きすぎるよ………。

それに、一番びっくりしたのが、[レシラム]のシロさん………。
伝説のポケモンってまさに雲の上の存在かと思ったけど、あんなに馴染みやすい人だったんだ…。

伝説でも、やっぱりおいらと同じ、ポケモンなんだね。

おいらの名前も覚えてもらえたし、嬉しいよ。

………あっ、いけない。
おいらが語るのははじめてだから、挨拶しないといけないよね。
すっかり忘れてたよ。

一応自己紹介するけど、おいらは[ゾロア]のルアン。
年は15。夢は…………今のところはないかな?
たぶん、このままいくと、父さんのあとを継ぐ事になるね……。

正直、神主は退屈すると思うから、それ以外になりたいんだけど……。

きっと反対されるんだろうな………。

「久しぶりの世界だ。拙者はしばらく各地を飛びまわることにするか……。」
「シロ?もしかして、旅するのが好きなの〜?」

ウォルタ君がシロさんに聞いた。

「ああ。時代、場所によって景色が変わるから、その違いを見つけるのが楽しくて仕方がないんだ。」

シロさんは少年のように心を弾ませて言った。

少年といっても、シロさんって何歳なんだろう……。

大昔から生きてるみたいなんだけど、どこか子供っぽさもあるというか…………。
不思議だよ………。

「シロさん、その気持ちわかるよ。実は、ボクも旅するのが好きなんだよ。その場所でしか見れない景色もあるしね。………なんだか、ボクはシロさんと話が合いそうだよ。」

フライ君もテンション高めで言った。

「旅って、良いわよねー。景色だけでなくて、出逢い、繋がりも広がるから………。私はインドア派というより、アウトドア派なのよ。」                   

…………そんなに、旅っていいものなのかな?

「シルク殿も、話が合いそうだな。  では、拙者はここで失礼する。」

そう言って、シロさんは真っ白な体毛?羽毛?をなびかせて飛びたった。

シロさんの白色が夕日に映えてるよ………。

「……………じゃあ、私達もそろそろ行こうかしら?」

シロさんを見送ってから、シルクさんが口を開いた。

「えっ?もう行っちゃうの?」
「うん。ボク達が寝泊まりしている所は、日没までが門限なんだよ。」
「だから、もう出発しないと間に合わないんだよ……。」

門限?

「ルアン君、私達は[トレジャータウン]という街を拠点に活動しているから……」
「えっ!?[トレジャータウン]で!?あの有名なギルドがある街にいるの!?」
「うん。そうだよ〜。それに、ぼくの出身もそこなんだよ〜。」

へぇー。なら、おいらだけでも行けそうだよ。

「へぇー。今度、会いに行くよ。」
「うん。ボク達も楽しみにしているよ。」
「じゃあ、その時まで。」
「元気でね!」

シルクさんとウォルタ君は、フライ君の背中に乗った。

「ええ。ルアン君もね!」
「じゃあ、いくよ。」

うん。

フライ君は2人を乗せて飛びあがった。

おいらはいつまでも飛び去った方向を見つめた。



 巻之七 完  続く

@ ( 2013/08/18(日) 01:18 )