絆の軌跡 〜過去と未来の交錯〜
























小説トップ
巻之六 霧の湖で
弐拾六 VS 紫三人組
西暦7000年 濃霧の森奥地 sideベリー

ラテ、凄いよ!!
まさかあの石が鍵になっていたなんて、予想外だったよ!

「霧、晴れたね。“命の灯”って、あの石の事だったんだね。」

フライが言った。

「たぶん、フライが像の文字を解読しなかったら分からなかったと思うよ。……でも、解読っていうのかな?」
「でも、いいんじゃない?謎が解けたのには変わりないんだし!」

フライ達の時代の文字らしいから、解読したとはいえないのかな?………たぶん。

わたしはひとりでこう思いながら、何気なく空を見上げた。

………………!?

「何あれ!??」

わたしは大声をあげた。

だって、空に大きな何かが浮いてるんだよ??

「ベリー?どうしたの?」「ベリーちゃん、どうしたの?」「ヘイ、どうかしたのか?」

3人が声を揃えた。

「ラテ、フライ、シザーさん、上を見てみて!!」

「「えっ?上?」」

ラテとフライが不思議そうに見上げた。

とにかく、みてよ!!

「!?あんなことろに??」
「ヘイ、もしかして、あれが[霧の湖]じゃないのか!?」
「どうりで、今まで場所が見つからなかったわけだ。」

フライ、シザーさん、ラテの順番で言った。

霧があれを隠していたのかもしれないね。

「ラテ、ベリー、フライさん、先に進んでください!自分が親方様に知らせて来ますから!」
「えっ?でも、シザーさん!?」

シザーさん!?ちょっとまって!

「これは3人の手柄だ。だから………。」

シザーさんがそう言い残してベースキャンプの方に走っていった。

「シザーさんもそう言ってるから………」

フライが言っているところに………、

「クックックッ、ご苦労だったな。」

割り込んで…………この声は、まさか………。

「へっ。」「けっ。」

「「“ドクローズ”!?」」

そう、あの三人組……。

「俺様達が[霧の湖]のお宝を頂く!“悠久の風”お前にはここでくたばってもらおう。フライさん、あなたも例外なくな!!」

まさか……ちからづくでいく気!?

「あんた達、シルクの事といい、あの朝の事といい、全く反省してないようだね!!ボクもあんた達には腹がたっていたんだ!戦うなら、望むところだ!!」
「へっ、たかが学者が探検隊に勝てるとでも思ってるのか!?」

フライ、完全に戦う気だよ……。それに、フライのあんな表情、初めて見たよ……。

子分2人が眉をつり上げて挑発。

「メタン、あれいくぞ!」
「わかったぜ、兄貴!」

あれって、まさか………

「「食らえ!毒ガススペ………」」「[ドラゴンク………]………」

張り詰めた空気………、バトルが…………、ん?林檎?

両者の間に赤い木の実……、なんで??

「あーん、まってーー!」

そこに場違いな、呑気な声。

親方様???

「やっと捕まえたー。[セカイイチ]が無くなったら、僕は………。」「「「「「「………………」」」」」」

親方様………、本当に[セカイイチ]が好きなんだね………。

この愉快な光景に一同は絶句………。

親方様、完全に場違いだよ…………。

「あっ、みんなこんな所で何してるのー?“悠久の風”、遊んでないで早くしらべてよね。」
「えっ!?でも、親方様?」

わたし達、見つけたんだけど………。

ラテが親方様に…………。

「僕の指示が聞けないの?僕、怒るよ?」
「……………ラテ、いこっか?」
「………うん。」

………………親方様を怒らせないほうが……、だから。

わたし達は、このばをあとにした。

………

sideシルク

チェリー、いい人だったわ!
一時はどうなるかと思ったけど………、無事に済んでよかったわー。
それに、凄くフレンドリーで、すぐに友達になれそうだわ!

私達が普段いる場所も伝えたから、きっとまた会えるわよね?
ええ、きっとそうね。

そんな事があって、私とウォルタ君はチェリーとわかれ、[濃霧の森]を抜けたわ。

でも、さっきからその霧が晴れているわ。

「シルク、天気良くなったね。」
「ええ、おかげで五感が冴えてきたわ!」

何故かはわからないけど、まあ、いっか!

「…………にらめっこなら負けないよー!」

ん?この声は、ラックさん?

「シルク?この声って………。」
「ええ、ラックさんね。行ってみましょ!」
「うん〜。」

調査の報告がしたかったから、ちょうどいいわ!

私達は声のする方に走りだしたわ。




「…………、探検家、ラックもここで終わりだな!」

うなるような声を、研ぎ澄まされた私の聴覚が捉えたわ。

………この声は……Br!?

「ふぇ?」
「メタン、今度こそ!」

まさか、あいつら、ラックさんにまで………。

どうにかして止めないと!!

でも、走ってでは間に合い走にない………。距離は大体25m……。

あと5mで私の[テレパシー]の伝達範囲内………。

「アニキ、任せろ!」

4m、

「ん?何がー?」

3m、

「「食らえ!!」」

2m、

「「毒ガス……」」

1m、もう少し!

「「スペシャル……」」

0m、

〈そこまでよ!!〉

私はありったけの力で念じたわ。

「「「「!!?」」」誰だ!?」

一同は驚きの声を漏らし、Brは辺りを見渡したわ。

〈あんた達に名乗るつもりなんて微塵もないわ!![絆]の橋を架けようとしているラックさんにまで手を出すなんて………許せないわ!!〉

語りかける間にも到着。

ラックさんにまで……………、許せない!!

私は怒りの炎の燃やす。

[絆]を壊そうとするなんて………、

「ウォルタ君、[マッドショット]と[水鉄砲]、借りるわよ!![サイコキネンシス]!」

私は臨戦態勢に入る。

「クックッ、姉ちゃんにケンカを売られるなんて、俺様もナメられたものだな!」「えっ!?うん〜。[マッドショット]〜!」

ウォルタ君は泥の塊を打ち出したわ。

よし、まずは一色。

「けっ、アニキ、やってやるか?」「[シャドーボール]!」「[水鉄砲]〜!」

「俺達は売られたケンカは買うぜ?へっ。」「[目覚めるパワー]!」

よし、これで準備できたわね!

地、霊、水、竜、そして、さっき取り出した[木の枝]の草、5色が揃ったわ!

「♀相手でも容赦しねぇぞ!」
「望むところよ!!」
「俺達に刃向かったことを」
「思い知らせてやる!!」

…………私の、[絆]を守る闘いが幕をあけた。

「[絆]の名に賭けて……、いくわよ!![瞑想]!」「「[スモッグ]!」」

私は目を瞑り、精神統一。

BrとCH4は汚染物質を吐きだす。

ヤツの半径3m………漂っているわね。


私は超能力の影響範囲を広げ、その物質を採取した。

毒も加わり、これで6色。

私は目を開けて、回り込む。

「[超音波]!」

そこにすかさずバットが音波を放つ。

「あまいわね。まずは毒と水から!」

ここで最初の一手、水色と紫を化合。薄い青紫の弾を生成。

それを私は2つに分裂させる。

「もらった!![辻切り]!」「まずはあんたたら!!っ!」

私は速攻で2球を衝突、進行方向に拡散させた。

対してBrは私に攻撃を仕掛ける。

「まだまだね!」

私は垂直に跳び、かわす。

「[エアーカッター]!」「[ヘドロ爆弾]!」

そこに待ちかまえていたかのように2つの技が飛ぶ。

「「くっ!」」
「へっ!ざまあみろ!!」

命中。

……でも、それほどダメージはないわね……。

その間にもBrにダメージ。

第一段階、突破。Brの守りは配合した毒の効果で崩れたわ!

次は………

「地と竜、[シャドーボール]!っ!」

二色を混ぜながら漆黒の弾を落下しながら、下に発散。
上昇気流が発生。

私は再び宙を舞う………。
そして、くすんだ群青色の弾が完成、分裂させた。

「自ら追い込まれにいくなんて、学者も馬鹿だな!」
「それはどっちの事かしら!?これをかわしてからものを言いなさい!


私は簡単には挑発に乗らないわ!!

私はすぐに発射し、群青色の雨、素速さ減退効果を秘めた小弾を生成。

「「[スモッグ]!」」「[エアーカッター]!」「最後に草と霊!」

相手も応戦、さあ、かわしきれるかしら?

そして、残りの2色で暗緑色の弾を生成、発射したわ。

「何っ!?防げないだと!??」

小弾は相手の技を打ち消し、残った弾が降りそそぐ。

「「「っ!!」」」

ステータスに関わるものはダメージは与えられないけど、確実に能力を下げる。

このタイミングで、暗緑色の弾が地面と平行に拡散、しかも霊の効果で飛散数が増加。

「!?素速さが落ちた!??」

やっと気づいたのね。

そこに重力の作用で暗緑色の弾も降りそそぐ。

「うぐっ!!…………クソっ!お前ら……あとは…………頼んだぞ……。」

守備が下がったBrは崩れ落ちた。

「…………、クソっ![吸血]!」「アニキ!!っ!」

「っ!」

着地した私にバットが噛みつく。

……体力を吸い取るワザね……。

効果は抜群だけど……、ピンチはチャンス……。

「[サイコキネンシス]!」

ヤツを拘束。

「くっ!」「バット!![ヘドロ……]……」

メタンも接近。
私はそっちに飛ばす。
勢いをつけて技を解除。

「[目覚めるパワー]、[シャドーボール]連射!」

私は口元で竜と霊を混ぜ合わせた。

「メタン、よけろ!!」
「…爆……!?」

そこに向けて放つ。

膨張しながら、3発がヤツらに飛んでいった。

「「ぐっ!!」クソっ!♀如きに…………やられるとは………。」

命中。

2人も崩れ落ちた。

結果、私の勝利。

…………久しぶりにダメージを受けたわ……。

@ ( 2013/08/08(木) 00:41 )