#3 Vanishing Point
#3 Vanishing Point-8-

「ジャグル・タルトは眠ったか」
「ああ。よく眠っている。そこにいるのが見えるだろう」
「本当だ。こちらには気付いていなさそうだな」
「仮に意識があったとしても、我々の会話を認識することはできない。すべては曖昧な夢の話だ。それで終わる」
「それなら安心だ。まだこの話を聞かせるわけにはいかない」
 誰かの話し声が聞こえる。だが、何を喋っているのかまでは分からない。声が小さいからではなかった。彼女自身の意識が奥深くに沈み、表面で起こっていることを認識できないのだ。肉体もなく、ただ意識だけがふわふわと漂っている感じだ。
 実際に、ここは夢の中だった。いつもならはっきりとした意識を持ちながら降りていく夢の下り坂。その底に、彼女は殆ど自我を持たないまま漂っていた。目の前にいる二人の男に、何か関係があるのかもしれない。一人は白い髪の少年で、もう一人は黒い服を着た男。勿論、彼女自身も彼らを見ているものの、かたちや色は全く認識できなかっった。しばらくこちらを見やった二人が、再び目を離す。彼女がこんな会話があったことすら覚えていられないという確証があったのだろう。男たちは会話を続けた。
「ジャグル・タルトを保護してから四日か。目覚めてからは二日。ずいぶんと時間がかかったな」
 白い髪の少年がしゃべり出す。見た目は幼いが、その精神は黒い服の男と同等か、それ以上の年月を生きた人間のもののようだった。
 黒服は応じる。
「先日の不運の連続が、彼女の心を蝕んだのだろう。その傷から立ち直るまでに必要な時間が二日、ということだろうな」
「あるいは、目覚めたくなかった、とも言える」
 少年は不適な笑みを浮かべる。
「彼女は目覚める直前に、この夢の底に辿り着いた。いつもより長い時間この夢の中を歩いていたからね。予定より早い到着を果たした」
 黒服は唇をぎゅっと噛んだ。それが意味することは、二人の間ではよく共有されていることだった。黒服も、恐らく少年にとっても、それは望まない出来事であった。
 露骨に不安を見せる様子を見て、少年は鼻で笑う。
「そんなに心配そうな顔をするな。彼女の代わりが一人いるだろう。そこに浮いている、お前の古い知人が」
 少年の見やった方向には、もう一つの魂が浮いていた。どんな姿をしているかまでは、分からない。もう一つの意識は、彼らの会話を認識しているのだろうか。疑問が浮かんでは、空中に漏れて霧のように消える。
「忘れたわけじゃない。だが、候補になってしまったことは事実だ」
 沈黙の後、少年は話題を変える。
「あの女のことについては、まだこの子には喋っていないのだろう?」
 少年は追求する。黒服は黙って頷く。
「それはなぜだ。我々には時間がないと言うのに」
「出来る限り、ジャグルを巻き込んではいけない。この計画は俺とお前、そしてあの女の三人で完結させなければいけないんだ。それが、俺たちの責任。そうじゃないか」
 少年は黒服の顔をまじまじと見つめる。
「考え方が変わったな。ほかの連中のことなんて、どうでも良いものだとばかり思っていたよ」
 少年の口調がほんの少しだけ、刺々しさを持つ。しばらくにらみ合った後、黒服はため息をつく。
「正しい判断をしただけさ。これは面識のない人間を強引に巻き込んでいい問題ではないんだ。ましてや、未来に希望を持とうとしている身内など」
「ふぬけたか? この期に及んで、まだ覚悟が出来てないとぬかすんじゃないだろうな」
「よせ。感情を出せば、二人の記憶に残ってしまう。……そういうことじゃない。お前の覚悟を無駄にするつもりはない。だからこそ、もう標的を一人に定めて行動すべきなんだ。今はもうそういう時期に来ていると考えている」
 黒服の言葉の後、しばらく沈黙が続く。そして少年は諦めたように口を開く。
「わかった。言い過ぎたよ。君の言う通り、候補を探すのはもうやめにしよう。今後は、あの女に的を絞って行動してくれ。手強い相手ではあるが、頼んだぞ」
「ああ」
 青年は切り株に座る。
「具体的な期限は、どれくらいだ」
「そうだな……もって二年、というところだと思う」
 二年。その言葉が、黒服の胸に重くのしかかっていた。決して短いとは言わないが、今までの活動の成果を鑑みれば、すぐに過ぎてしまいそうな時間だ。
「短いな。だが、やるしかない」
 青年は手を組み、一点を見つめた。到達すべき未来を、見据えるように。
「頼む。俺はこうなってしまった以上、お前の手助けをすることはできない。何もかもを終わらせてくれ。ディドル・タルト」
「勿論だ、レガ・タルト。パルスの最終魔術は、何としても俺たちの手で完成させる」


■筆者メッセージ
次回、谷に暮らす人々に迫る罠
乃響じゅん。 ( 2014/04/04(金) 20:58 )