Re step本編
04-明るい空でのこんばんは
 ステミラーは空を見上げた。空を覆い尽くす木の葉の隙間からはきらきらと光がこぼれていて。とりあえず、まだ昼であることは間違いなさそうだ。
 それにしたって、ずいぶん長い時間が経過した感覚は否めない。ステミラーはうんと伸びてから、何やらメモを取っているリピィテに問いかけた。

「ねぇリピィテ、今何時かわかる?」

「時計ならどこかにあったと思うよ」

「信用できないよー!?」

 リピィテはポーチの中を漁り始めた。歯車や工具がぱらぱらと落ちるのも気に留めず、ポーチの奥に手を入れる。

「あった。これがひとつ」

「『ひとつ』? ……ねぇこれ分解したやつだよね?」

「これがふたつ」

「ポーチにぶら下がってるやつじゃん! なんで中身漁ったの!?」

「そこにみっつめ」

「木にかけてあるのおしゃれだね! デザイン一番好みかも」

「あとあそこもあった」

「多い! 今度は置時計タイプなんだね!」

「あとそこの鍵山にいっぱいたくさん大量に」

「本当にいくつ持ってるんですか!?」

 ぜぇぜぇと肩で息をしながら、ステミラーは二つ目の時計をのぞかせてもらう。ゼンマイ式の懐中時計であり、カチカチとリズミカルに歌っている。しばらくその音に耳を傾けてから、改めて繊細な彫刻の文字盤に目を向けた。

「えっと、九時?」

 なら朝の九時か、――まで考えて、ステミラーはぶんぶんと頭を横に振る。
 そんなわけはない。
 ステミラーはいつも朝の九時に起きている。今日も例外ではなく、起きてからハニートーストと淹れたての蜂蜜紅茶を口にした記憶は確かである。
 それならこの時計が狂っているということか。ステミラーは時計のふたを閉めてから、三つ目――木に掛かっている壁掛け型の時計の元へ飛んでいく。

「でもこれも同じ時間だ……」

 四つ目、ベンチに据え置かれていた置時計型のものも同様である。どうやら本当に九時であることは間違いがなさそうだ。
 それじゃあ夜の九時なのか? はたまた翌朝九時なのか。

 前者は絶対にない。だって降り注ぐ木漏れ日は、あまりにも光にあふれていて、とても月明かりによるものとは思えない。森自体もそれなりに見通しは良くて、夜だというのは信じがたい。
 後者も絶対にない。だって夜になって、夜も明けた様子はなかったから。ここに来るまでずっと歩き、もとい飛び続けていて疲労はたまっている。それなのに、丸一日経過してなお眠気が来ないことがあり得るか。

「えっ、じゃあ今何時なの……?」

「九時だよ?」

「そうなんだけど、朝か夜かっていう」

「夜……そういやずっと見てないね」

「え、ええ……?」

 全く予想外の返答が来て、ステミラーは言葉に詰まる。夜を見ていないってなんだ。ずっと森の中にいるから昼夜間隔が狂っているだけなのか。実はここは屋内で、朝も夜も一緒くたになっているだけなのか。

(でも、とても屋内とは思えない)

 時折吹き抜ける風、歩いてる途中には葉がこぼした露がほほを掠めていった。時々木漏れ日が陰ったり、また現れたり、そんな現象も見てきた。
 そしてリピィテの夜を見ていないという発言。これは単に忘れているだけ、で片づけるには少しもやもやするものあった。彼自身は長くここにいるようだから、日々繰り返す現象くらい覚えていそうなものである。

 念のため、時計たちにもう一度目をやる。すべて、長い針は1の数字に近づきつつあった。時計が止まっているという線もなさそうである。

「どういうことなの……。とりあえず、こんばんは?」

「うん?」

「夜なら夜のあいさつをしなきゃ」

「夜……?」

「夜になってもおかしくない時間だもん」

 怪訝な顔をして木を見上げるリピィテに、ステミラーはにこりと笑いかけた。

「こんばんは、リピィテ」

「こんばんは、……」

「黙らないで!? こーる、まい、ねーむ!」

「……なんだっけ」

「そろそろ冗談で言っている節はないですか?」

「全然まったくさっぱりと」

 そんなやり取りの最中、リピィテはポーチから散らかした諸々の中から鍵を取り出した。
 こげ茶色の鍵。ツタージャなら片手で持てる――リピィテができるかは別として――、アブリボンたるステミラーでも両手を使えば十分支えられる程度の大きさであった。

「これどうしたの?」

「作った」

「作った!? すごい、かわいい」

 持ち手の部分にはチャーム代わりに小さな機械式時計が取り付けられていた。ゼンマイを巻いても動き出さないため、壊れたものであることはすぐにわかった。
 それにしても、なかなかステミラーの好みなデザインであった。鍵も、時計も、少し古めかしい色合いも、つい集めてしまうほどに好きなのである。

(め、めちゃくちゃほしい……!!)

 彼女が物欲しげに見つめる中、リピィテは真新しい階段を上って、その先にある板に腰掛ける。そして目の前にそびえる赤さび色の扉を静かに見上げた。深い紫色の瞳に、淡く赤色が重なる。
 やがて、しばらくそうした後、彼は手に持った鍵をその鍵穴へと差し込んだ。

「…………」

 沈黙の中、リピィテは何度か鍵を回したり、差しなおしたり。ステミラーはその間、思わず息を止めてしまうほどの緊張に包まれていた。

 やがて、リピィテは鍵を取り出した。それを両手で持って、板の上、適当な場所で立ち上がってから。

「ちょっと――!?」

 積みあがった鍵山の上で、手を離した。
 ステミラーはとっさに鍵山の上まで飛ぶ。金属が触れ合う音と共に到着した彼女は、先ほどの鍵を無事発掘して、両手に抱える。

「なんで捨てるの!? せっかく作ったのに」

「これに合わない鍵はいらない。それだけだよ」

「それだけ、って……まさ、か」

 ステミラーはもう一度自身の足元を見やる。
 乱雑に積み重ねられた鍵、鍵、たまに歯車やネジや、そんな部品も見えるけれど――とにかくたくさんの、鍵。
 工場もびっくりするくらいの量だ。高さはステミラーの身長を優に超えるし、裾野だって足場に困りそうなくらい広がっている。

 ――これ、全部?

「リピィテが作ったの、これ……?」

「そうだよ、何十何百何千年、作り直してその数さ」

「全部、ひとりでやったの?」

「それはもちろん。だって『俺以外』がいないから」

 ぞっとした、と表現するのが正しいか。
 こんなにたくさん大量に、リピィテひとりで、作り、失敗してきた痕跡が残っている。
 何度、作り直したのだろう。何度、失敗をしたのだろう。
 なぜ、――そこまでして、この扉の開錠にこだわっているのだろう。

「そんなにたくさん――わあっ!?」

 突如、ステミラーの左足が沈みこんだ。慌てて左足を上げて、右足で鍵を蹴って宙に舞い上がる。
 彼女の眼下、鍵山はけたたましい音を立てて高さを失う。裾野に散らばった鍵が、目に見えるほどに増えていく。
 やがて崩壊が収まって、ステミラーはじとりとリピィテを睨んだ。

「なだれましたけど?」

「よくあることだよそれくらい」

「危ないでしょ! 私がリピィテだったら巻き込まれていたからね!」

 リピィテが先ほど捨てた鍵は両手で抱えたまま、ステミラーはベンチへと降り立つ。
 未だ心臓は高く鳴り響いている。本当に、ここまで自分がアブリボンで良かったと思ったことはない。
 なんどか深呼吸をして、何度か何度も繰り返して、リピィテの肩をぽぽんと叩いた。

「これ、要らないんだったらだけど、もらってもいい?」

「どうぞご自由ご勝手に。あそこにあるのはゴミの捨て溜め。勝手に持って行っても何も言わないさ」

 ずいぶんあっさりと承諾がもらえた。ステミラーはお礼を言ってから、まじまじと手元の鍵を見つめる。

(やっぱり、かわいい)

 壊れた機械式時計も、アクセサリーとしては良い味を出している。
 ステミラー自身が装着するためのネックレスにするにはいささか大きいが、何かオブジェかガーランドか、そういったインテリアにしてもよさそうである。
 いずれにせよ、それを行うためには。

「帰らなきゃ、いけない」

「帰る?」

「うん。私気づいたらここに迷い込んでいたから、早く家に帰りたいの」

 そのうえで、きっと彼はこう答えるって、わかりきっている質問を諦め半分に投げかけた。

「ねぇリピィテ、近くで街とか知らない?」

「知らないね」

「ごはんとか、どうしているの?」

「……そういや食べてないかもね。何十何百何千年と」

 ステミラーは目を伏せる。
 本当にリピィテは、何も知らない。ただここで、鍵作りを繰り返してきただけのようだ。――寝食さえせずに。
 ステミラーの胸を、一抹の不安が駆け抜ける。

 ――帰れないんじゃないのか。

 得体のしれない森の中、正体不明の技工士ひとり、こんな場所から抜け出せる気が、ただの一つもしなかった。

音々 ( 2020/04/10(金) 19:57 )