Re step本編
03-繰り返してマイネーム
 沈んだ思いのまま、ステミラーはリピィテの後をとぼとぼと歩いた。会話はしない。しないとまた、忘れられるかもしれない。そんな危惧があってなお、話題も言葉も見つからない。

 冗談ならどれほどよかったか。
 むしろ、これが全部冗談で、リピィテが根っこからの意地悪で。そう思えたほうが気楽だったのかもしれない。
 それならまだ、仲良くなる希望もあったのかもしれないから。

(こんなに忘れられるんじゃ話にならないよ……)

 思わず頭を抱える。キャスケットに付けられた歯車の飾りが、触れ合ってかちゃんと音を立てた。
 どうしたら、忘れてもらえないのか。いっそ、演技でもいいから、インパクトの強いキャラクターでも演じればいいのか。――それで、彼の興味を惹けるか?
 機械の名称に関してはすらすらと述べていた。そのような類、たぶん彼の興味ある領域であれば、記憶は持続するのだろう。でも、じゃあ彼の興味にあったキャラクターを演じるとして、それはどういったものか。

 結局、彼のことを知るしかない。
 彼が極度に忘れっぽいことは理解した。それ以上の彼の情報を得ない限り、彼と共にいてもまた同じ事故を繰り返す。
 ステミラーが悶々としていると、突然何かに衝突した。何か、の正体は自明で、ステミラーはむっと頬を膨らませた。

「ねぇ、急に止まらないでよ」

「あぁそういえばいたんだっけ。他のポケモンとなんて会わなくて、いるだなんて思わないさ」

 メモ1:彼は他のポケモンと会わない。
 これは、本当に何か月も他のポケモンと会っていないということか。先ほどの会話からして、会ったことさえ忘れている説も否定はできないが。いずれにせよ、一人でいることが当たり前になっているのは間違いない。

「私はね、ステミラーっていうの。もし覚えにくかったら、スティって呼んでね」

 メモ2:短いあだ名を名乗って覚えてもらう作戦決行。
 ステミラーが長くてまどろっこしいというのなら、「スティ」なら二音のみなので覚えやすいだろう。

「ふーん。……もう一回教えて」

「一音も覚えてなかった!? スティ、です」

「ステー」

「スティ」

「ス、ティ」

「スティ、いえす、あいあむスティ」

「ティ、……ん?」

「スティ」

「スティ」

 メモ2(追記):それでも難しいかもしれない。
 この二音のために、なめらかな発音を得るまでに、5回のチャレンジ。内1回は一音も覚えていない。そこからさらに定着させるためには、もっとたくさんの繰り返しが必要になる。

「10回繰り返してどうぞ、スティスティスティ……」

「スティ、ステ、ィ? ス……ツ?」

「ス、テ、ィ! じゃあ私と一緒に言おう、せぇの」

 そうしてこうして、何度もリピィテが脱落しつつも、どうにか10回呼んでもらうことに成功。最後のまとめとして、ステミラーはばっと片手を差し出してリピィテに問いかける。

「私の名前は?」

「スー……ティ?」

「スティね、スティ」

 まぁ、合格でいいか。
 本来の名前、ステミラーに関しては、タイミングがあれば覚えてもらえばいい、と彼女は結論付けた。
 あだ名でさえこれだけの時間を要したのだ。「ステミラー」はもとより、「リピィテ」という名など、もう覚えてもらえる気がしない。もっとも、当初の彼は「名前なんて必要ないから好きに呼べばいい」などと発言していたのだから、最悪覚えてもらわなくてもどうにかはなるのかもしれないが。

「でも、結構練習には付き合ってくれるんだね」

「うん? 今の呪文のこと?」

「私のあだ名ですが!? ほら、興味ないから、こんなことやる気ないって言うかと思った」

 それは正直な感想だった。この話の最初、彼が「もう一回言って」と発言し名前を聞いてくれたのを、ステミラーは聞き逃していなかった。
 名前を覚えることが嫌いだとか、そういうことではないとわかっただけでも安心感は生まれてきた。

「あなたが繰り返せと言ったから」

「あっ義務感?」

「どうだかね。えっと、スィ……なんかさん」

「覚えてないじゃんーっ!! スティ! です!!」

「スティさん」

「そうそう」

 本当ならステミラーと呼んでほしいというわがままはあえて言わない。
 彼だって覚えようという努力自体はしているらしい。そうじゃないと、今の会話でわざわざ名前を呼ぼうとはしないのだから。

 リピィテはおもむろに空、を覆うような木の葉を見上げた。気が付いたらここは、最初にリピィテがいたところだ。
 自分たちからしてみれば十分すぎるほど大きな赤扉、謎に大きなカギの山、縦横無尽に駆け巡るツルの中に、木材がちらりと見えた。よく見ればはしご状になっていて、なるほどこれが彼が直そうとして部品を作るに至った、例の階段か。合点がいったステミラーは、手近なステップまで飛んで静かに降り立つ。それだけでも、木板が鈍く鳴いて、慌てて宙に浮かびなおす。

「これ、だいぶ傷んでない……?」

「そうだよ。だからこうして修理して、使えるようにしようと思ってさ」

「……えっと、木材はあるんだよね?」

 ステミラーは引きつった笑顔で問いかけた。一見、張り替えるような木材が見当たらなかったのだ。
 リピィテはしばし考え込んで、ぽつり、こぼした。

「用意はしたはずだよ」

「ほらやっぱ用意してないって言う……えっしてあったの!?」

「なんで?」

「いやあの、用意したことを忘れていたとか言うかとごめんなさい」

 ぺこぺこと謝るステミラーをよそに、リピィテはいそいそと階段の下を漁り始める。このあたりかな、なんて呟きながら、しばし自由気ままに生え栄えた草をかき分ける。時折錆びた工具や、穴の開いた金属の端材が放り出されてくる時点で、嫌な予感は加速した。やがて、手についた土を払って、こてんとゴーグルで重そうな頭をかしげて。

「どこやったっけ」

「ほらあああああ!!!!」

 予想を裏切らない回答を得られて、ステミラーは彼と出会って以来最大のツッコミをかますのだった。





「ありがとね」

「ほんとだよもう……」

 結局あれ以来、木材を探し出して、階段の修理を完了させた。用意してあったのが事実だっただけでも幸いだ。木板作成からやれと言われたら、無視して帰り道を探していたまである。
 実際、手伝う時に「探すのと作るのどっちやれと?」と聞いてしまった点、彼女は反省していない。

 修理自体は簡単に終わった。とはいえ、壊れている段以外も全て、つまり階段全てを作り直すなどしたのだが。段数が少なかった点と、そもそもの材料探しの手間、そしてリピィテの手際の良さが光った結果である。
 リピィテは満足げな笑顔で、新しい階段に座り込んだ。

「この階段が壊れてさ、上のベンチから降りられなくなっちゃって」

「降りてきましたよね? 飛んで」

「あれやらないほうがいいからね」

 リピィテは片足をあげて、ふらふらと揺らしてみた。まもなく、眉をひそめて、だらんと足を垂らした。

「え、怪我したの」

「だって降りられなかったし。それになんか、珍しいもの見えたから」

「それ私だね」

「ふぅん」

 改めて、ステミラーはリピィテの装備を確認する。
 頭には装飾過剰なゴーグル、腰には中身があふれたポーチ、尻尾には金属のアクセサリー。そのすべてが、彼の体に対して大きめである。そしてもれなく重厚感がある。
 ツタージャなのだから身軽、という偏見もこれでは通用しない。実際のリピィテの身体能力がいかほどかはともかくとして、こんな重装備で、自身の身長より高いくらいの位置から飛び降りたら、それは足に負担がかかっても文句は言えまい。

(……いや、リピィテ、実は貧弱な気がする)

 はっとして、ステミラーは階段補修作業の様子を思い返す。
 板を運ぶのにひきずる、それは足を痛めていたせいもあるし、深く言及するつもりはない。だが、

『その板ちょっと重くてさ、上まで運んでくれないかな』

『あなたより小柄だけど!? せめて一緒に運ぶにしない!?』

 そんなやり取りは記憶に新しい。
 しかも、だ。聞けばリピィテ、「通りがかりのポケモン見たから、ようやく階段の修理できると思って」と真顔で述べた。最初から手伝わせる気だったのか、そうステミラーがむくれるのも気に留めず、彼はこう続けた。

『俺、そもそもそれを持ち上げれなくて』


「――やっぱり貧弱じゃん!」

「いきなり突然どうしたの」

「いやあなただいぶ貧弱じゃない!? 私頑張ればひとりでも板運べたよ? えっ、ねぇ腕相撲しよう」

「……腕相撲?」

 リピィテはきょとんとした顔で繰り返した。軽く説明をして、ステミラーはリピィテと手を組みあわせる。種族柄、いやそれ以上に薄くて軽そうな手は、ぎゅっと握るのもためらわれるほどで。
 勢いで提案したのは自分だが、正直こんなことをしている暇はない。ただでさえ迷子歴が着実に伸びつつある中、なぜか階段補修まで手伝っているし、相当な時間を食っている。
 でも、少し、確かめたかった。これなら、彼が足を痛めていようと関係のない、「本当の彼の実力」が見れるとわかっていたから。

 もう一度だけルールを説明してから。
 すぅっと息を吸い込んで、リピィテの瞳を見つめて。

「いくよ、よーい……ドン!」

 元気な掛け声が、ポケモンの気配のない森に響きわたる。
 ステミラーも、もちろんリピィテも、お互いの右手に力を込めて。

「え――」

 直後、ステミラーは唖然とする。あまりにも一瞬で決着がついたから。板についた手とリピィテの顔を何度か見比べて、彼女は口ごもってしまう。

「その、ハッキリ言うけど……すっごく弱いね、リピィテ?」

「そっか。それでこれ、何がわかるの?」

「腕の力の強さかな……」

 種族柄もあり、これで勝てた経験は今までゼロだったステミラーですら、圧勝。
 ――この子、大丈夫かな。
 初白星の喜び以上に、そんな心配が彼女の胸を占めた。

音々 ( 2020/04/07(火) 19:45 )