ミミロルの花嫁 - ミミロルの花嫁
[目次表示]
BACK | INDEX | NEXT
ミミロルの花嫁


今日は、ミミロルが花嫁になる日です。

白いドレスやベールもすっかり揃いました。

「そうそう。花束がまだだったわ。」

ミミロルは、大急ぎでタンポポを摘みに出掛けました。

「まあ、美味しそう。」

ミミロルは摘みたてのタンポポを残らず食べてしまいました。

そこで今度はクローバーを摘みましたが、これも摘むそばから口の中へ。

続いて蓮華の花を摘みましたが、やはり次々と口の中・・・・・・。

という訳で、結婚式が始まるまでに花束は間に合いませんでした。

花嫁姿のミミロルがしょんぼりしていると、

「おめでとう。これ、お祝いの印だよ。」

仲良しのパチリス、ロコン、リングマ達が花束を持って現れました。

なんと、タンポポやクローバーや蓮華やスミレの花束です。

「どうもありがとう!」

ミミロルは大喜びで花束を抱え、花婿に寄り添いました。

もちろん結婚式が終わるまで、花を摘まんだりはしませんでした。




おしまい
BACK | INDEX | NEXT

■筆者メッセージ
結構、好きな話なんですけど、

なんか、短いですよね・・・。

まぁ、これはこれで・・・・・・いい、の、かな?
日辻 ( 2012/04/29(日) 18:06 )