ポケモン不思議のダンジョン 葉炎の物語 〜深緑の葉と業火の炎〜 - 第二章 救助隊と探検隊
キャラ紹介@ブラザーズと敵キャラとか
名前(種族名):性別/一人称


グラス(キモリ) ♂ 私
 救助隊ブラザーズリーダー。冷静な性格だが若干大人げないところがあり、生意気な口をきくウォーターに敬語をきかせるためには鉄拳制裁も辞さないも本人も礼儀知らずであり割と自分のことを棚に上げることが多い。また世間知らずでもある。
 自身は一度世界を救った英雄として名を知られているが本人はそういった類の知名度には一切の興味を抱いていない程ストイックな性格。それ故かファイアたちもかなり厳しい修行をつけたりとしていた。
 ちなみにチームメンバーで彼だけが未進化なのは"進化すれば動きにくそう"とのこと。

ラック(ラグラージ) ♂ オレ
 
 グラスのパートナー。本業は医師である。基本的には常識が欠けているグラスをフォローすることが多い。飄々とした性格だが口が上手くスパークの治療と引き換えにリーフ達に吹雪の島に行ってもらうように頼み込むなど抜け目がない。世間知らずなグラスも気の強いリンも彼には頭があがらない存在となっている。
 幻の世界では尻にしかれているダメ男と化していた。


リン(ジャローダ) ♀ あたし
 
 ブラザーズメンバーでラックの妻。彼女も本業は医師であり、ラックのことを愛してやまない。夫と♀ポケモンにはそうでもないが気の強い性格からは♂には結構辛辣で、であったばかりのマッハに対して容赦なく毒づいていたが、事あるごとにリーフや敵ポケモン達に散々振り回されるマッハをフォローしたりと性根は優しい。
幻の世界ではラックを罵倒したりする鬼嫁となっていた。


シード(フシギバナ) ♂ おれ

 クローの手下。口がめっちゃ悪い。クローに忠実。シノと仲悪い。



シノ(ドダイトス) ♂ ワイ

 クローの手下。関西弁。クローに忠実。シードと仲悪い。



トウロウ(シャンデラ) ♂ 私
 
 あの手この手でリーフたちを倒そうと目論む怪しいポケモン。♂なのだが何故か常にオネエ口調で喋る。
 この物語の例に漏れず悪役としての自覚は皆無であり、かなりコミカルな性格になっている。
 非情に回りくどい悪巧みや嫌がらせの方法ばかり思いつき、その度に手下(主にタック)を振り回す。

タック(カポエラー) ♂ 僕

 あの手この手でリーフたちを倒そうと目論む怪しいポケモン。本来は陰湿な性格らしいがトウロウへの突っ込み役として振り回されることが多く、あまりそう思われていない。
 回りくどい上司の作戦に文句を漏らしつつも付き合ってあげたりとなんだかんだでトウロウとはよき関係。根暗と言われるとへこむ。


ウォーター(カメール) ♂ 僕
 ファイアに義兄。本来は粗暴で口が悪いのだが幻の世界ではリーフやルッグに敬語を使う礼儀正しい性格になっていた。また、頭もよくファイアとも喧嘩をすることもないよい兄貴分でもある。

ルッグ(ズルズキン) ♂ 俺様
 リーファイメンバー。本来は礼儀正しく常に丁寧語を崩さないが、幻世界では一般的なズルズキンのイメージのような粗暴で横柄な性格となっている。元の世界での彼は頭がよいがここではリーフも驚く程の頭の悪さが露呈している。一言でいうとロクデナシ。

スパーク(ピカチュウ) ♂ 私
 ファイア、ウォーターの義理の父親。幻世界でも子供想いなのは変わらない優しい性格。また現実世界よりやたらと強く察しがよくやたらと強キャラになってる。しかしながら元の世界ではのんだくれだが幻世界では大の酒嫌いになっておりルッグに勧められて困ってたらしい。

ノコタロウ ( 2014/04/06(日) 12:52 )