ポケダン救助隊 〜最強と呼ばれた所以〜








小説トップ
プロローグ
第零話 伝説の始まり
ようこそブラザーズ基地へ。私が救助隊ブラザーズのリーダー、グラス。種族はキモリだ。今日来てもらったのはほかでもないな。私の今までの歴史について聞きたいのだろう?なんだ違うのか?まぁそれでもせっかく来てもらったのだから聞いていってくれ。



--よく私は最強だとか伝説だとか周りから言われている。だが私は一度も自分が最強とは思ったことはない。当然自分が伝説なんて言われるものではないと思ってる。

また"なぜ進化しないのか"とか"なんで剣なんか持ってるの"とかいろいろと毎回のように聞かれるのだ。

今日はそのことについて私が転生した時から私達が"最強"そう呼ばれるようになった時のことを話していこうと思っている。かなり長くなるが聞いてもらえると助かる。

では話を始めようか……。

■筆者メッセージ
どうも、某サイトで同名で活動していたノコタロウです。

こちらで心機一転(といっても完全にやり直す訳じゃないんですが……)新たに書きはじめることにしました。

こんなクオリティですがどうかお付き合いくださるとうれしいです。
ノコタロウ ( 2012/07/05(木) 00:02 )