NEAR◆◇MISS















小説トップ
第六章
-1- 化石騒動
 某研究所で復元した化石ポケモン達をトラックで市立博物館に輸送中、麻酔から覚めた一頭が保護檻を破壊し荷室(ボディ)側面に大穴をあけ、横転した車両から脱走する事件が発生した。警察当局はアルストロメリア市内広域に厳戒態勢を敷き、逃げた翼竜の捜索が開始された。
捕獲(ゲット)が個体に及ぼす影響は不明、つまり安易な逮捕(アレスト)も厳禁。研究下の自然状態を維持したまま確保に細心の注意を払うように――って私は言ったはずよ! 勝手な行動は慎みなさい!」
 かくかくしかじかで保護要請のあった翼竜プテラの背にしがみついているキズミを追いながら、フライゴン=ライキに騎乗しているアイラが送風に負けじと声を張り上げた。灰色の目をゴーグル越しに怒りで燃やし、栗色のボブカットはジェットヘルメットにすっぽり飲みこまれている。ただし首から下はいつもの灰色のパンツスーツ姿であり、頭以外は前方を飛んでいる防具なしダークスーツ一丁の金髪の部下と安全性がほとんど変わらない。
 邪魔な乗り手を振り落とそうと変則的な動きをするのに忙しいプテラが、ぴったりマークしてくるフライゴンをいまいましげに横目で睨みつけ、粗暴な鳴き声をあげて威嚇した。
「そんな軽装備でチェイスを挑まないでくださ……危ない!」
 必死のロデオで上気した顔のキズミが警告した途端、猛然と襲いかかってきた『吹き飛ばし』の突風をフライゴンとアイラが呼吸を合わせ、曲芸のような一品『蜻蛉返り』で受け流した。ストーカーを仕留め損ねた翼竜がいらついて体をはげしく揺らし、花びらのような触手できつくキズミの右腕を締めあげている生き物から「チュミゥッ」とおびえた声が上がった。真新しい特殊警棒(トランツェン)を持つ手が解放される望みが、これでますます遠ざかった。
 自家用バイクで現在高架を追跡中のミナトの目には、竜フォルムの二体の牽制が進路上空をアクロバット飛行しているラジコン模型のように見えていた。
月白(げっぱく)が目立つ街中じゃなきゃあ、オレも空から加勢できたのになあー!」
 手持ちに乗って飛べないことを残念がるミナトに、後ろ乗りのキルリア=クラウが真面目なテレパシーを覆いかぶせた。
(あのリリーラが外れれば、プテラの気も少しは落ち着くと思うのですが……って悠長なこと言ってる場合じゃないですよ! 早くなんとかしないと!)
 誰でも頭を吸盤で吸いつかれたら良い気持ちはしないだろうというクラウの同情心が、後半は焦燥感に押しやられていた。ミナトの肩口におぶさって向かい風に飛ばされないよう踏ん張っているラルトス=ウルスラは、悔しそうに口元をゆがめて言った。
(しかしあのスピードでは、わたくし達の手出しはかえって危険ですわ。大技では巻き添えにしかねませんし、小技は狙いが定まりませんし……トランツェンの自由さえ戻ればキズミ様にも分がありますのにっ)
「つーかこのまんまじゃ、無線でフィッシャーさん達の言ってた交通規制区間クリアしちまうぞ。なあ麹塵(きくじん)、お前の『サイコキネシス』でなんとかできねえ!?」
 ネイティ=麹塵(きくじん)の姿は見えずテレパシーだけが、ミナトにせせら笑って答えた。
(いいけど湊様、ぼきゅ人間キライだし一緒にキズミも木端微塵になっちゃうかもお?)
 地上の仲間が噂している頃、汗だくのキズミはプテラの飛び方が安定している隙を縫い、自由な左手を使ってリリーラの吸盤の取り外しにかかっていた。やはり片腕では力が足りない。瞬間、翼竜の体が反転して宙に投げ出されそうになり、リリーラの触手が右腕をがっちり掴んで離さず逆に命拾いした。その一瞬の出来事だ。飛んだ汗の滴が不自然なほど正確に、触手のほうに引き寄せられた現象を見逃さずにキズミはありったけの力で叫んだ。
「警部補! 至急このリリーラの特性を調べて下さい!」
「何考えてるか知らないけど、わかったわ!」
 部下の要求をむっとしながらもアイラは呑み、融通のきいた上司をいぶかりながらキズミはプテラの頭を蹴りつけた。目標の注意が逸れたのを利用して、フライゴンが距離を取り水平飛行に入る。無線で問い合わせ中、一語ごとに理解に包まれていくアイラの声は風に吸いこまれ、始終口パクしているかのように見えた。
「キンジョウ君!」
「なにぃ『呼び水』? おっけーナイスッ、ビッグウェーブ到来! 雄黄(ゆうおう)テイクオフ!」
 ハンドルをはなし横にかざしたミナトの手から、召喚の光が放たれた。金属光沢の走る黄色いくちばしから三本の角がそそり立ち、恰幅のいい体格を紺のカラーリングが堂々と引き締めている。登場したエンペルト=雄黄(ゆうおう)は低いフォームで水上走りのごとく、足跡に水柱を噴きあげる『アクアジェット』でバイクと並走する。
 空中のアイラとフライゴンはプテラに『フェイント』をかけて追い抜き、フライゴンは飾りひれのついた尻尾をくねくねっと凶悪な顎の前で振って誘った。怒ったプテラがノコギリのような牙をむき出して食らいつく刹那、
「『ドラゴンテール』!」
 アイラの一声と等しく煌々と大粒の竜鱗が浮き上がり、強靭な緑の鎧で獰猛な牙を通さなかったばかりか、釣り針にかかった獲物を遠心力と竜鱗の暴発力で下へ弾き飛ばした。そこへ見えない階段をのぼるように『アクアジェット』で宙を駆け上がったエンペルト=雄黄(ゆうおう)が、
「『波乗り』!」
 ミナトのオーダーよろしくボート型の両翼を片脇に引き、特大の水球を遠投する。投網を打つように水球はきれいな扇状にひらき、力任せに飛来した大波の生地が高度の落ちていた翼竜のすべてを包みこんだ。だがリリーラの特性『呼び水』は水技によるダメージを受け付けない。ごっくんと吸収してキズミの周囲を守り、無効化できなかった範囲の水害をこうむったプテラの意識といえばワンタッチで葬り去られた。
 水浴びのショックで吸盤が外れ、触手も人の腕を離した。都市の縮図に引き寄せられていく恐怖からリリーラは丸くちぢこまった。岩草の泣きっ面を脇にかかえたキズミも頭から下に落ちてゆく。翼を畳み流線型にすぼんだフライゴンが急降下で追いついて来た。
「つかまって!」
 逆風に煽られて一か所に定まらない上司の手を、ヘルメットとゴーグルに護られた上司の鬼気迫る表情を見つめた。澄んだ空の色を映している物憂いキズミの目は、彼女の健闘を抑揚なく称えている。しかし救助に集中するあまり、アイラは部下の微妙な雰囲気の違いに気づかない。彼が嫌みで静観しているようにさえ感じていた。歯がゆくてどうにもならないアイラの思いとは裏腹に、内心意気込んだキズミは安全最優先のリリーラを彼女の指先につかませた。
「頼みます!」
 (たく)されたリリーラの重みと、身一つで直進方向からそれていった部下への動揺が重なりアイラの体勢が崩れにかかる。フライゴン=ライキは騎手を立て直そうと降下を抜けた。大気と重力の敷いた直線コースでデッドヒートを演じるプテラとキズミ。地獄の底ではアシスタント一派が万全の態勢で待ち受けていた。ラルトス=ウルスラがキズミを、キルリア=クラウがプテラを、細心の『サイコキネシス』で減速させて墜落から防ぎ切った。
 キズミは大したことはない、たった今満員電車からホームに下りてきたのだという見た目でスーツの軽装化にいそしんだ。赤く上気した顔からくたくたの疲れが読みとれる。ウルスラが上着を預かり、遅れて来たバイク主もニヤッとして蒸れたフルフェイスを脱いだ。
 プレスされた黒髪を親友のぼさぼさ金髪と張りあって手で混ぜこぜしながら、ミナトがとある名前を口に出すと、聞きつけたエンペルト=雄黄(ゆうおう)の両眼にメラメラと対抗心が燃えあがった。
「お疲れ! なんか懐かしいな、ファーストの『神速』乗りこなす特訓の時みてえだ」
 片割れのこざっぱりした口調と割り切った笑顔を赦したが、キズミは不覚にも一瞬声をつまらせる。トランツェンを縮めてホルダーに戻す動作で間を持たせながら、未来を向いた明るさに心底からの同意はできず、返す言葉に身が入らなかった。
「……あいつは最高のパートナーだった。最高のウインディだった」
「レスカ君! 今のは自殺行為よ!」 
 感慨にひたり込む暇もなく、お(かんむり)の女上司のお出ましだ。火消しに走るキルリア=クラウをしつこいビラ勧誘のごとくまったく寄せ付けない。有り余る叱責でむせ返りそうな状態で部下の間合いに押しいった途端、憎らしいほどつれない申し立てがアイラを足止めした。
「あなたの助けに期待できませんでした。むしろ二人とも宙に投げ出されたのがオチです」
「偉そうに言わないで」
 メットとゴーグルを外し身だしなみを軽く整える彼女の、運動熱さめやらぬ頬に屈辱的な震えが上乗せされる。
「そうやって私を見くびっていられるのも今の内よ、次のフライトはこうは行かないわ」
「見くびる? ところでリリーラはどこですか」
 かえって心外そうにキズミは不審感を強めて唱えた。主人アイラの肩を持つフライゴンの険悪な目つきが少し弛んだ。視線が続々とフライゴンの背中に集まりだした。吸盤でくっついているリリーラが周りと目を見交わし、あちこちでまばらに上がった「あっ」の声に縮みあがった。
「どういう不始末ですか」
「ええ、どうぞ。好きなだけ批判しなさい!」
 アイラは苦々しい物言いで失望声のキズミにきつく当たったが、愛竜に向かっては「ごめんライキ、今外すから」と優しくあやまりながら駆け寄った。キルリア=クラウも手伝いに向かい、なぜかミナトまでいそいそとアイラの後を追った。
「おっ力仕事か! ならオレも警部補を後ろから引っ張るぜ! レッツ合法ハグ!」
「アホか」
 キズミの足がミナトをつまづかせた。気絶中のプテラを片手間に見張りしているエンペルト=雄黄(ゆうおう)が自分の翼にうっとりと見入り、ナルシシズムに浸っていた。

◆◇

 事件後日、アルストロメリア警察で最も騒がしいと悪名高いオフィスの一角は、ひややかな静寂に包まれていた。該当のブロックに含まれている一人、中年の捜査員キャンベルだけは朗報に沸いて熱弁をふるい、無神経な言葉の数々を当事者の部下らに向かって吐き散らしていた。
「よかったじゃないか、んん! あの凶暴なプテラは化石に還元された! 市民の平穏を(おびや)かす害獣共は即刻始末するに限る! 研究チームの英断をとやかく言う(やから)もおるが、わしは違うぞ」
 アイラが運んできたコーヒーに舌鼓を打ち、キャンベルはますます上機嫌になってまくし立てている。癖っ毛なオレンジ髪で寝ぼけまなこの若手刑事、フィッシャーは、涙袋を指で掻きながら後輩のキズミ達三人のやりきれない表情を目に収めつつ、
「無駄な仕事と思えばそれまでだ」
 と、キャンベルには聞こえないようにつぶやいて、形だけ咥えていた火つけ前の煙草を口からうっかり落とした。

レイコ ( 2014/07/03(木) 15:49 )