NEAR◆◇MISS - 第八章
-6- 診断
 『シンクロ』の副作用による卒倒からキズミが回復したのは、およそ十分後。大きな病院で診てもらいなさいと口うるさいアイラの上司命令は無視できても、アイラの根回しにはお手上げだった。恩師オルデン・レインウィングスから、私のペンパルから話は聞きましたよと心配の電話がかかってきたのだ。

 後日。
 国際警察本部が所在する某都市の、職域病院にして地域医療の中核を担う国際総合病院。

 精密検査の結果。アシスタントと心的関係の深い国際警察官が罹ることがある疾患『ハイ・リンク』の中程度と診断された。ラルトス系統の種族は精神系超能力に秀でている。特性を『シンクロ』を無効化させただけでは、根治は難しい。そうだとしても、弱性『特性カプセル』を毎日服用するという強力な対症療法を試す価値はある、と医師からラルトス=ウルスラへの新薬が勧められた。
 検討します、とキズミはひとまず治療を断った。家計に大打撃の高額な先進医療費に閉口したが、大きな理由ではなかった。特性が『トレース』に変わると、トレーナーを強化する戦闘スタイルを捨てなければならない。ウルスラを危険なボディーガードに専業させたくない。ウルスラの体に無害とはいえ、薬を飲ませるのも抵抗があった。『ハイリンク』を発症した自業自得を押しつけるのは、不甲斐なかった。かと言って、気合いで解決できる問題でもない。八方塞がりだった。

 病院内のコーヒーチェーンショップで、固い表情のオルデンと落ち合う。
「もっと自分を大事にすべきです、キズミ君。上司や友人だけではありません。残されたファーストとウルスラは? 悲しむのは、私もです。エディもです。その傷跡も。君が弟同然に可愛がってくれているあの子が見て、何も感じないと思いますか? 何かあってからでは遅いのですよ」

 キズミは右頬に、丸眼鏡越しの視線が突き刺さってくるのを感じた。自分に懐いてくれているエディオル。恩師の幼い実の一人息子で、優しい子だ。醜い傷跡にショックを受けるような気はしていた。悪くすると、泣き出すかもしれない。深く考えないようにしていた心配が、具体的な輪郭を持ち始める。
「でも、先生」
 心苦しさに青い瞳を歪める。
「俺は未熟です。無茶しないと、足りないんです。何も守れないんです」
 無言の見つめ合い。
 先に目を下げたのはキズミだった。 
「すみません、口答えして」

「誰しも、そう簡単に意識を変えられたら苦労しませんね」
 養父面で説教されても困るだろう、とオルデンは心ひそかに己の態度を省みた。
「君の大切な家族は、責任を持って預かります」

「ありがとうございます……」
 気を使わせて、申し訳ない。恩師のことは、尊敬できる父親のように思っている。その優しさにどこまで甘えていいものか、時々迷う。いつか見捨てられたらそれは、線引きを見誤った自分の養子面が原因だろう。
 キズミは、うなだれていた背筋を正した。
「ファーストを、よろしくお願いします」
 電子空間医療の臨床試験の成功を祈っている。
 自分の命より大切なペンダントを、頑張るんやで、と念じて受け渡した。


◆◇


「詳細はプライバシーだから聞かないけど、次から体調を隠さないで」 
「それより、警部補。告げ口は卑怯です」
「気絶するほうが悪いのよ」
 携帯端末から聞こえてくるキズミの文句に、アイラは言い返す。
 定時は過ぎても山ほど残業がある。通話を短く済ませようと思いながらも、つい。
「あの話はした? レインウィングスさん、何か言ってた?」
「しません。天才の芸術作品をド素人が台無しにするようなものです」
「そうかしら」

 国際警察の装備開発顧問を務めるオルデン・レインウィングス氏の人柄なら、自分が設計したアレストボールのセキュリティ機能をキズミが破ったと知れば、武勇伝を喜んで褒めてくれただろうに。
 それから、これは伝えておかないと。
 アイラは少しだけ溜めてから、ぽそっと告げた。

「ありがとう。ライキ達のこと」
 内密に個人研究を進めていたらしい、電子化した携帯獣の怪我や病気をデータ上の破損として復元する電子空間医療プログラムが、倫理審査を通過したそうだ。オルデンから治験に参加してみないかと持ちかけられたアイラは、ミナトが監視するネイティ=麹塵の通訳のもと、フライゴン=ライキとよく話し合った。欠けた翼を作り直して、ふたたび飛べるようになるチャンスにかけたい。ライキの意思はそう望んだ。
 来週中に、オルデンのところへ転送する予定だ。
「あなたが掛け合ってくれたんでしょ? レインウィングスさんが教えてくれたの」

 柄にもなくストレートに感謝されて、キズミが戸惑っている。
 決まり悪そうな雰囲気が、無言のスピーカー越しに伝わってくる。

「何かお返しするわよ。私にできることはある?」

 どうして、黙ったままなのだろう。
 変なこと言ったかな、と気恥ずかしい失敗を予感した矢先、返事があった。
 
「ロング警部の見舞い、俺やミナトも行っていいですか」
 感情を抑えた声だった。

 彼なりに、父ジョージを忘れずにいてくれていたのだ。もっと早く気づいてあげたかった。意識不明の入院患者の面会は原則、病院の方針で親族の同意が要る。以前なら、人を馬鹿にしていると頭にきて、絶対に許さなかった。今は違う。その気持ちが嬉しい。
「ええ、もちろん。いつでも、来てあげて」



 業務連絡と言い難い通話を終えて、キズミはソファに軽くもたれた。アイラにああいう感傷的な頼み事をしたことがない。気疲れした。そのままホテルのロビーで、レインウィングス親子が宿泊部屋から降りてくるのを待った。帰る前に一緒に夕食でもとオルデンから誘われたので、右頬の傷跡は大判の絆創膏で隠してある。これならエディオルの食欲をそがない、大丈夫だと思う。
 一階についたエレベーターのドアが開いた。

「キズミおにいちゃん」

 頭にチルット=アフロを乗せた小さな男の子が、笑顔で駆けてきた。

レイコ ( 2021/07/09(金) 13:41 )