NEAR◆◇MISS















小説トップ
第七章
-3- 悪夢
 ポケモンのコピー製造。
 世界初の成功記録は、禁忌を破り行方知れずとなった博士の手記にわずかに残るのみ。
 失われたテクノロジーに目をつけた犯罪組織はこれを秘密裏によみがえらせ、人体実験に適用した。複製人間の血塗られた末路は言を待たない。幾千の「商品」が絶望のうちに消費されたのか。搾取される屈辱はベースとなる生体情報を宿す人間も同じだった。需要に即する遺伝子ホストの拉致や違法取引が横行し、罪なき市民が闇の収益ルートに組み込まれたのである。
 ある兄妹は美貌に商品価値を見いだされ、金欲に走った親族に売り飛ばされた。殺害された兄の改造胚は全滅したが、完全無操作で作製された再クローニング用検体が一個体のみ生き残った。
 遺族として、血を分けた幼い命がもてあそばれる未来に耐えられない。
 妹は脱走にすべてを賭けた。陰謀に巻き込まれた元一般男性の協力を仰ぎ、兄弟とも甥ともつかない赤子を抱いて。
  
 幼少のキズミに小難しい倫理的問題は解せなかったが、不純な生い立ちは飲みこめた。
 
 ――パームって、ぼくのもとになったヒトのなまえやったんやね。
 自分は偽物で、心も体も作り物で、両親はまがい物で。ずっと騙されていたのだ。今までなんのために育てられてきただろう。生きている意味なんて、最初からどこにも有り得なかったはずなのに。嘘をつかれるのはもうたくさんだ。そのくせ真実はもっと聞きたくない。じっとしている間に頭の中が壊れていくみたいだ。でも人目が気持ち悪くてどこへも行ける気がしない。近寄らないで。さわらないで。ひと言も話したくない。知っている顔を見たくもない。だから、部屋に鍵をかけた。閉じこもれば、誰にも邪魔されずに朽ちていけるから。その間に、まやかしは全部無くなれ。早く消えてしまえ。いつわりだらけの短い人生と一緒に。
 こんなコピーじゃなくて、本物のお兄さんが生きていたら、きっとみんな幸せだったのにね。
 
 ――もし、あのまま。
 もう一度友達になりたい。と、救いの手を差し伸べてくれる人が現れなかったら。
 その人を先生と呼ぶようになり、生涯の味方となってくれるガーディと出会えなければ。
 大切な家族と永遠に、仲直りできなかったかもしれない。
 
「……」

 あんたが本物なんでしょ。あんたが本物なんでしょ。
 正気を失った叫びを繰りかえしながら、刃物を振り下ろす。何度も、何度も。とっくに動かなくなった骸に向かって。もしこれが誤って点けた深夜番組だったなら、ぎょっとしてチャンネルを切り換えていただろう。ところが、実際の出来事に操作ボタンは付いていない。雨の日の鉄棒のような臭いが立ちこめていて、むせそうだった。目の前で育ての親を手にかけられて、声を失くしていると、犯人に気づかれて射すくめられた。返り血にまみれた女の顔。ぞっとするほど初めて会った気がしない。貧しい身なりで骨と皮ばかりに痩せこけていたけれど、ふたたび母親と思えるようになった亡き女性に生き写しの面影があった。
 この女ばかり幸せになって。
 赤黒い液が付着した唇がそう口走り、凶器をかまえて突進してきた。ひらききった瞳孔。
 子どもの足でよけきれる速さではなかった。転んでしまい、刺されると思った。固くした身の脇を火の元のような熱気が走り抜けた。躍りかかった愛犬の名はファースト。殺人鬼の喉に食らいついて放さなかった。引きちぎる音。見てはいけないものが大量に飛び散った。牙を貫通させただけでは安心できなかったらしく、首と胴体が離れるまで攻撃をゆるめなかった。
 ぴちゃぴちゃと。床に生臭い足跡をつけながら凱旋した。塩気をたっぷり含んだ舌で、頬をなめられたとき。
 びくりとして後ずさった。穴のあくほど一点を見つめ返す。獣性をひそめた穏やかな瞳から伝わってくる、精いっぱいのなぐさめ。もう大丈夫。泣いても、叫んでも。平和をさずける空耳にたまりかねて、思いきりすがりついた毛身は人肌より温かかった。
  
 ――なんでや。
 ファーストはなんも、ワルない。キケンとちがう。それやのになんで、ころされなアカンねん。
 ……ウソやない。めいれいした。かあさんのカタキうたせたんや。ワルいんはぜんぶ、ぼくやから。
 ……せんせい、ごめんなさい。けどファーストは、ぼくをまもってくれたんやで。イマおるたったひとりの、かぞくやねんで。
 あのオンナのヒトとぼく、いっぽまちごうたら、おなじになってたかもしれへん。ぼくなんかより、ほんまはファーストのほうがながいきしたらええねん。このままみごろしなんか、ぜったいできへん。けいさつのヒトにたのんでください。せんせい、おねがいやから。ファーストをたすけたってください。ころさせんといて。なんでもしますから。あのコのためやったら、どないなってもかまへんから。
 ――ファーストが、けいさつけんに? ずっとみはられるかわりに、しなへんですむん?
 ほな、ぼくは……
 
 
 
(起きなよ、キズミ・パーム・レスカきゅん)

 人語を模した超常的思念。
 巨大なぎざぎざの歯の幻影によって、忘れがたい過去をかたどる箱庭の壁が噛み裂かれた。意識がころがり出た先は、現実世界。体が動悸に合わせて震えている。汗ばんだ肌にシャツが張りつき、不愉快だ。肘から下の感触をたよりに、ぎこちなく上半身を起こす。我ながら乱れた呼吸が暑苦しい。顔の汚れを袖口でぬぐう仕草に身づくろいの意図はない。耐性をつけることができない悪夢と決別できた外因を、キズミはすさみ切った低い声で言い当てた。
「『夢喰い』、か」
(うなされていたんですよ。僕、どうすることもできなくて……)
 キルリア=クラウの申し訳なさそうな目が、よそに吸い寄せられてゆく。
(ああ、おいしい。人の不幸は蜜の味っていうよねえ)
 舌を舐めまわし、ネイティ=麹塵はくちばしの端をゆがめて笑った。

レイコ ( 2016/04/09(土) 23:31 )