番外編、質問や番外など…
質問2!
〜2〜

はいはいは〜い!またまた質問が来たよー!!

ラピス「今回もコタン4EXさんからだね。本当にありがとう!」
ソルト「で?今回はどんな質問なんだ?」

今回はまず!カルス少将ですよー!

カルス「え?僕に質問?仕事があるからさっさと済ましてよね?駄作者」

は、はい。えーっと
『元はどこに住んでたんですか?』

カルス「僕の家は、東州の首都メラニウスにあるんだよ。まぁ、実家暮らしだから仕事に出張とかしない限りは、メラニウスにいることが多いかなぁ」

ちなみに、そのぉ。お招きしていただけないですかね?

カルス「はぁ?何を言い出すかと思えば、君みたいにな凡人を招くわけないじゃん。このクズ駄作者」

うわぁぁぁぁーん!!!ソルトにもまだクズって言われたことないのにー!!

ソルト「クズ」

うわぁぁぁぁーん!!!言われちゃったよー!!

ラピス「もう!そんなに言ったら可哀想だよ!大丈夫。私はクズだなんて思ってないよ?」

ありがとうラピス。気を取りなおして、次の質問はソルト!
『右目の下にある傷はどうしてできたの?』

ソルト「あぁ、これは俺の村が襲われたときに、父さんと母さんが守ってくれたんだけど、木の破片で引っかけて出来たものさ。あの時助けてくれなかったら、俺はここにいないからな。両親には感謝してるよ」
ラピス「ソルト…」

まだあるよ?
『こいつは気に入らないって言うのはいますか?』

ソルト「えーっと、駄作者だろ?駄作者だろ?駄作者だろ?カルスだろ?まぁ、そんなところかな」

ちょ!何で私入ってるの!?カルスさんは分かるけどさ!

カルス「おい駄作者。それはどういう事かな?よーく考えてから答えてね?」

ヒィィィィィ!!!カルスさん!目!目が笑ってないですよ!!!

カルス「“雷”!」

ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

カルス「僕を怒らせるからさ。当然の結果だと思うけどね?」
ラピス「あれ?私の質問は?」

今回は無かったな。ドンマイだね。

ラピス「む〜〜〜!!!!この怒り!駄作者にぶつける!」

え?

カルス「あ、それ面白そうだね。僕もやるよ」

え?

ラピス「“火炎放射”!!」
カルス「“雷”!!」

ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

ソルト「駄作者は、灰になって空に飛んでいったとさ…」

終わり!

■筆者メッセージ
またまた質問ありがとうございました!
私もっと頑張らないと!コタンさんの作品も楽しみにしています!
星夜 ( 2015/04/02(木) 20:12 )