プロローグ
1話
〜1〜

「どうしてこうなったんだよ…」

炎が回りを炎々と燃え盛るなか、目の前にか横たわるのは、愛しきものの亡骸。怒りに身を任せ、全てが灰になって消える。

「君は…何も悪くないのに…。悪いのは僕なんだ…」

そう…。

悪いのは僕…。

君は死んでいいわけがない。死んでいいのは僕…。

「クソ…!クソぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

僕がどれだけ涙を流そうと

僕がどれだけ怒りを覚えようと

君は…二度と帰ってこない…。

僕の存在が、灰みたいに全部消えて無くなったらいいのに…そう、思った。

星夜 ( 2015/11/02(月) 07:06 )