9.クチナシの写真
前編
 薄い霧の中に、深紅の花が咲いていた。しっとりとした細やかな滴が頬に当たって涼しい。赤の中に潜んでいるのだろうポケモンたちの澄んださえずりが、時々空気を震わせた。
 ここはウラウラ島の西にある湿原、ウラウラの花園。この花園を抜けた先、十七番道路に、クチナシが常駐するポー交番があった。リーリエに送る写真を撮るためにクチナシの元を訪れる道中、ヨウとハウは咲き乱れる真っ赤な花を眺めながら、木道をのんびりと歩いていた。ロトム図鑑も二人の上空を飛んで、楽しそうに写真を撮ったり図鑑のデータを更新したりしている。
「島巡りでここを通った時は、観光どころじゃなかったもんねー。」
 赤花の周りをひらひらと戯れるアブリーたちに手を差しのべながら、ハウがしみじみ言った。あの時はスカル団にさらわれたヤングースを助ける途中で大変だった。ヨウはハウに同意して感慨深くうなずくと、今は十分に穏やかな心持ちで、花園の甘い空気を胸いっぱいに吸いこんだ。
「ヨウー! 見て見て、あそこにオドリドリが群れてるー!」
 ハウが指差した先には、花園と同じ色の真っ赤な羽毛に身を包んだオドリドリが四羽、ちょんちょんと辺りの花弁をつつきまわっていた。
「どうやら食事中みたいロト。オドリドリは花の蜜が大好きで、蜜の種類によって姿を変えるんだロ。」
 いつの間にかロトム図鑑が降りてきて、解説してくれた。へーと感心の声を上げるハウ。
「可愛いねー。メレメレ島の黄色もいいけど、こっちの赤色もきれいだなー。」
 ハウがヨウの耳元でささやく。そうだね、とヨウもささやきを返した。
 二人が静かにしていたからか、オドリドリたちは目の前の蜜に夢中で逃げようとしなかった。それでヨウとハウは、オドリドリの緋色の体の上で白い飾り羽がぴょこぴょこ動くのや、くちばしで花の蜜を器用になめ取るのや、黒く縁取られた羽の先が四羽分つながり重なって独特の紋様を描くのを、面白く眺めた。ロトムも何枚か写真を撮ったようだ。
 するとやって来たのは、一匹のアブリボン。食事中のオドリドリたちに近づいてなにやら話しかけ始めた。手には赤い団子を持っている。しばらく四羽と一匹の交渉が続いた後、オドリドリたちがそろって高く鳴き、一斉に翼を広げたかと思うと一列に並んで距離をとった。
 始まったのは、オドリドリたちのダンスだった。
 めらめら舞い散る炎にも見える踊りは、感情すべてを燃料にしているかのように情熱的で激しかった。高いさえずり、目にも留まらぬ速さのステップ。それを四羽同時に一糸乱れぬ動きで繰り出すのだから、その鮮やかさといったら花園の花でさえ見劣りしてしまうほどだ。



 いつの間にか最初のアブリボンの隣に別のアブリボンが一匹寄り添って、一緒にダンスを観覧していた。他にも何匹かのアブリーと、いろんな草ポケモンや虫ポケモンたちも集まっている。ついでにヨウたちのように遠巻きに見守る人間たちも集まって、オドリドリたちは極上のステージに様変わりした花園の中心で見事なフィニッシュを決めた。
「うわーっ、とっても素敵!」
 向こうの木道から眺めていたダンサーが、思わず称賛の拍手を送った。するとオドリドリたちは驚き、慌てて四方に散らばった。そのくちばしには各々アブリボンから褒賞としてもらった赤い団子がはさまっていた。他のポケモンたちもそそくさと赤花の中に去っていき、花園にはまた静かで穏やかな時間が流れ始めた。
「面白いもの見られたねー。」
「ボク、見とれちゃって、あんまり写真撮れなかったロト……。」
「そのほうがいいよ、ロトムー。写真もいいけどさー、自分の目で見て感じるのって、すっげー価値があることだよー。」
 ハウの言葉に、ロトムは気を取り直した。
 花園に一歩入った時から、ハウは機嫌が良い。景色はきれいだし、ポケモンもたくさん見られるし、ウラウラの花園をかなり気に入ったみたいだった。その上珍しいオドリドリのダンスまで目にすることができたから、ハウはすっかりご満悦だ。もう次の場所を指し「ヨウー!」と呼んでいた。
「あの霧の向こうにも影が見えるよ。何のポケモンだろうねー!」
 待ちきれずに、歩みは自然と速くなる。ところが、霧に隠れたそれらの輪郭がはっきりと見えた時、木道を高く踏み鳴らすヨウとハウの足音は突然停止した。
 それは、二人の人間だった。
 白いニットキャップは二か所が黒く塗りつぶされ、落ちくぼんだ眼窩がんかのようだ。黒いバンダナで口元を隠し、タンクトップもハーフパンツも黒。その真っ黒な胸元で、どくろを模した大ぶりのペンダントが鈍い銀色に光っている。二人とも全く同じ出で立ちだった。
「スカル団……。」
 ハウが一歩足を下げ、モンスターボールに手を近づけた。
 ヨウはロトム図鑑を鞄の中にしまいこんだ。
 スカル団の男たちは、ヨウとハウをにらみつけていた。
「ヨーヨー。ユーたち、何のつもりでスカ?」
 男の一人が、刺々しい口調で問う。それはこっちのセリフだとヨウが言い返す前に、さらにもう一人が口を開いた。
「まるで島巡りトレーナーみたいにきゃあきゃあはしゃいで、まさか二周目の島巡りとかやってるつもりか? 自分らは大大試練まで達成できたからって、いい気になってよ。一周の島巡りもできなかったおれらに当てつけるために?」
「違う! そんなわけないよー!」
 ハウが叫んだが、彼らは聞く耳を持たなかった。
「口ではなんとでも言えるよな。」
 言葉のとげをさらに鋭く研いで、彼らはモンスターボールを手に持つ。
「おまえらの行動それ自体が、最高に最低でムカつくんだよ。いいからぶっ壊されろよ!」
 有無を言わさず、二個のボールが宙を舞った。
 ポケモンバトル。ハウは途中までボールに近づけていた手で素早く応じ、ヨウもハウに続いてジュナイパーを繰り出した。
 ヨウのジュナイパー、ハウのアシレーヌに対して木道の上に現れたのは、ズバットとスリープ。島巡りを諦めた者たちの、まだ進化もしていない小さなポケモンだった。
「やるッスよズバット、かみつく攻撃!」
「スリープは念力だ!」
 あまりにもレベルが違いすぎると、ヨウにはすぐ分かった。けれどもトレーナーの指示を聞いて、果敢に技を出そうとするポケモンたちにとっては、善も悪も手段も目的も関係なかった。ただパートナーと共に撃破するべき目標だけを捉えていた。そのひたむきさに手加減とか同情とかで答えるのは、ポケモンバトルとして失礼なことだった。
 ヨウの眼に宿った光は、そのままジュナイパーの力となる。
「ジュナイパー、影縫い!」
「アシレーヌ、ムーンフォースで迎撃!」
 黒い影をまとったジュナイパーの矢羽が、一寸の迷いもなくズバットを撃ち抜いた。次いでアシレーヌが放ったまばゆい月光が、念動波をあっさりと吹き飛ばしてスリープを焼く。
 スカル団の小さなポケモンたちは、すっかり戦う気力を失って木道にひっくり返った。
「なっ、なんなんスカ! 瞬殺じゃないでスカ!」
「ちっくしょう、覚えてやがれよ!」
 スカル団員たちは大慌てで倒れたポケモンたちをボールへ戻すと、どたどたと霧の中を駆け去っていった。追うことはなかった。ヨウもハウもその場に立ったまま、彼らの背中を見送った。
「お疲れ様、ジュナイパー。ありがとう。」
 ヨウがジュナイパーをボールに収納する。ハウも黙ってアシレーヌを光に包んだ。いつものハウなら労いの一言でもかけてやるのに。
「ハウ……大丈夫?」
 のぞきこんだハウの顔は、スカル団が消えた一点を苦々しく見つめていた。眉間にしわが寄り、口をぎゅっと一文字に結んでいる。
 が、ハウはヨウの声かけに気がつくと、すぐにその表情を隠してこちらを向き、笑顔を作った。
「うん、大丈夫ー。早くクチナシさんに会いに行こう。写真と寄せ書き、ゲットしないとねー!」
 やたらと明るい声だった。いつもの口調に聞こえるように、自分で自分をだますための音だった。何と返事をすればいいか、ヨウが思いあぐねていると、
「誰に会いに行くって?」
 背後から声をかけられた。驚いてヨウとハウが振り返ると、薄霧の先、十七番道路とは逆の方向から、警官服を来た猫背の中年男が現れた。ウラウラ島のしまキング、クチナシだった。

カイ ( 2020/03/13(金) 22:13 )