15.ククイとバーネットの写真
前編

 ヨウとハウがククイの研究所を訪れたのは、西空で真っ赤に燃えていた炎の勢いもすっかり穏やかになった、黄昏時だった。
 最初に訪れた時、あいにくククイが留守だった。戻ったら教えてくれるようバーネットに頼んでいたのだが、つい先ほど連絡が入った。「ククイが帰ってきたからいつでも遊びに来て」とのこと。さっそく今から会いに行ってもいいか尋ねると、快く了承してもらえたので、ヨウとハウは急いで海辺の研究所までやって来たというわけだった。
「いよいよ最後の一枚だねー。」
 感慨深くハウが言う。その心にはきっと、再訪したアローラのいろんな景色と、みんながリーリエのために寄せてくれた数々の言葉が思い浮かんでいた。
「すごく濃厚な旅だったけどー、終わってみればあっという間だった気もするなー。」
「ほっとするのはもう少し先だよ、ハウ。最後の一枚も、最高の写真撮ろうね。」
 ヨウに言われてハウは、そうだった、と表情を引き締める。
「よーし、おれは準備万端! ヨウはー?」
「もちろん大丈夫!」
 二人は互いにうなずきあうと、研究所の扉をノックし、「アローラー!」と声をそろえた。
「やあ、ヨウにハウ! アローラ!」
 扉を開けて迎えてくれたのは、鍛えあげた上半身に白衣をひっかけたいつものスタイルに、満面の笑みをたたえたククイだった。続いてイワンコの元気な鳴き声。さらに「アローラ!」と顔を出したのはバーネット。
「待ってたわよー! さあ上がって上がって。」
 夫妻は二人を招き入れると、リビングのソファを勧めた。言われるままにヨウとハウは荷物を降ろして腰かける。身じろぎが落ち着いた頃、バーネットがティーセットを運んできた。
「アーカラ島産のハーブティーよ。アローラに古くから生えている植物なんだけど、ロゼリアの花びらと煎じるといいってことが発見されて、今けっこう話題なんだって。」
 そんな説明をしながらポットを傾けてティーカップに茶を注ぎ、二人の前に置いてくれた。薄黄緑色の液体からぽわんと草の香りが漂って、ちょっとシェードジャングルを思い出させた。いただきます、と言って茶を飲むと、思ったよりもさわやかな香りとあっさりした味わいが口の中に広がり、喉を潤した。
「バーネットから聞いているよ。リーリエにみんなの写真と寄せ書きを送るんだって? すごくいい考えだね!」
 ククイが二人の向かいに座り、自分とバーネットの分の茶を注いだ。バーネットはありがとうと言って、ククイの隣にかける。
 写真も寄せ書きもハウの発案であることをヨウが教えると、ククイはさすがハウ、と付け加えた。ハウはえへへーとはにかんだ。
「最初にここへ来てくれたんだろう? すまなかったね。ちょうどその時、留守にしていて。」
「いえいえ、忙しいところすみません。」
「そう、大忙しだったんだよ! アローラリーグの広報に行ったら、珍しい技を使うポケモンがいるって情報が入ってね。もうあっちこっち高速移動さ!」
 どこそこのエリートトレーナーが、アローラチャンピオンに挑戦するのを心待ちにしていたとか、イッシュ地方に生息するポケモンが今までに観測されたことのない技を使ったとか、事情を話すククイの顔は、大忙しと言いながらも楽しそうにきらきら輝いていた。
 バーネットがそんなククイを優しく見つめながら、ティーカップに口をつけた。
「おっと、ぼくの話はこれくらいで羽休め。寄せ書きと写真だよね。」
 やっと一息ついたククイがそう言ったのをきっかけに、ヨウの鞄がもぞもぞと動いた。ヨウが鞄を開けてやると、
「ボクの出番ロトー!」
 ロトム図鑑が勢いよく飛び出した。
「やあ、ロトムも元気そうだね。」
 とククイが挨拶する。
「元気いっぱいロト! さっそく一枚、はい、アローラ!」
 ヨウが両手に持つのを待たずして、ロトムはカメラモードを起動させた。いきなり登場した赤いやつに遊んでもらえると思ったのか、イワンコがぴょんっとレンズに接近する。バーネットも反射的にククイの隣に身を乗りだして笑顔を見せた。
 パシャッ!
「わー! いい写真が撮れたロト!」
 見て見て! とロトムがヨウの腕の中に飛びこんできた。映しだされていたのは、画面いっぱいにあふれるククイとバーネットとイワンコの笑顔の写真。きっとロトムは挨拶代わりの戯れにシャッターを切ったのだろうけれど、その割には、あるいはだからこそ、写った人たちはとても自然体で生き生きして見えた。
「これは、とってもいいねー。」
 ハウがのぞきこんで目を輝かせた。ヨウにも異論はない。
「ぼくの出番なくなっちゃったなあ、ロトム。」
 わざとすねた口調でロトムを突っつくと、ロトムは少し慌てた様子でごめんなさいロト、と飛行高度を落とした。ヨウは冗談だよ、と笑って手のひらを広げ、ロトムをなでてやった。
「最高のロトムがぼくの図鑑に入ってくれて、すごく嬉しい。」
「ビビビッ! ほ、ほんト?」
 三人のやりとりを聞いて、ククイとバーネットもわくわくした顔でロトム図鑑の周りに集まった。手のひら返しで誉められてまだびっくりしているロトム図鑑の画面を、ヨウは二人に差しだして見せた。
「わーお! ロトムって図鑑機能だけじゃなくて、撮影技術もすごいのね!」
「これはぜひリーリエにも見てもらわなくっちゃね。ぼくたちが元気でやってるってこと、一目で伝わるよ!」
 夫妻もとても満足そうだった。立て続けに称賛を受けたロトムはすっかりご機嫌になり、文字通り天井まで舞い上がった。



 イワンコはせっかく赤いやつが遊んでくれるかと期待したのに、なんだかそういう雰囲気ではないことにがっかりしたみたいで、くうんと鼻をならした。ククイがイワンコの頭にぽんぽんと触れ、抱きあげた。
 それからハウが寄せ書きの紙を出し、ククイとバーネットは思い思いにリーリエへのメッセージを綴った。
「これでおれたちの二周目の島巡りも無事終了だねー。」
 ハウの言葉にククイは、なるほど二周目の島巡りか、とうなずく。
「それはいい発想だね。あ、そうだ島巡りといえば、きみたちに預けたい物があるんだよ。」
 預けたいもの? と首を傾げるヨウとハウを尻目に、ククイはイワンコを降ろすと足早に地下へ向かった。バーネットはにこにこしていたので、きっと何か知っているのだろう。
 すぐに戻ってきたククイが手にしていたのは、片手にぎりぎり収まるぐらいの大きさの小箱。
「博士ー、これ何?」
 尋ねるハウにぱちっとウィンクして、ククイは箱を開けた。
 中に入っていたのは、新品の島巡りの証だった。
「これを手紙と一緒にリーリエに送ってほしいんだ。いつでもアローラに帰ってきてねって、ぼくらの思いを込めたプレゼントさ。バーネットと二人で考えたんだよ。」
 ヨウとハウはしばらく目を丸くしてそれを見つめていた。
 海の恵みを象徴するフィッシュテールを、四つの島を表す色に塗り分けた木製のアミュレット。アローラの島巡りトレーナーにとって、ポケモンと共に冒険することを決意した証であり、それを持たせてくれた人々の祈りと願いがこもったお守りだ。ヨウとハウのそれはもう、一緒にいろんなことを経験して世界に一つだけのぼろぼろになったけれど、箱の中の島巡りの証はまだ傷ひとつなく、持ち主を待っていた。ポケモントレーナーになってアローラに戻ってくると言ったリーリエの、約束が果たされる時を。
「すごい……リーリエきっと喜ぶよー! ありがとうククイ博士、バーネット博士ー!」
 大切に箱のふたを閉め、嬉々として礼を述べるハウに、夫妻はにっこりとうなずいてみせた。
「で、二周目の島巡りはどうだったんだい? 一周目とは違う景色が見えたんじゃないかな。」
「うん! 島巡りに比べたら短い期間だったけど、たくさん美味しいもの食べたしー、カプの遺跡にもお参りしたしー、それから……」
 誰と出会った、どんな話をした、ポケモンの様子はこうだった……。共に時間を重ねた二人旅の様子を、ハウとヨウはククイたちに語り聞かせた。
 だからその最後に「でも」とハウが逆接を続けた時、ククイとバーネットが眉を上げたのは当然だった。
「楽しいことばっかりじゃなかったんだー。スカル団の人たちと会って……。」
 スカル団、と聞いてククイの表情は険しさを増す。ハウの横顔はしかし、思ったよりも前を向いていて、ゆっくりと丁寧に言葉をつないだ。耳にしたうわさ。グズマの写真。スカルマークを捨てたプルメリたち。反対に、いまだにそれを身に付けたままの残党たち……。
「おれ、拒絶していたんだ。スカル団の人たちのことを。最初の島巡りの時からずっと。だけどそんなんで向き合えるわけなかったよね。スカル団の人たちとポケモンバトルしたこともあるけど、結局おれはその度にあの人たちのポケモンと心を、傷付けただけだった。この旅でそのことに気がついて、おれ……おれは……。」
 ハウは言葉を探す。ククイとバーネットは彼が答えを見つけるのを信じ、じっと口を閉じていた。ヨウも、たぶん理由は分かっていないイワンコも、ハウの表情を見守った。
「悲しい。悲しいし、情けない。」
 難しい単語をたくさん並べて重ねるよりも。短く紡がれたその音は、涙のように透明だった。
 ククイはそっとハウの肩に手を置いた。
「スカル団員たちのことは、ぼくもこのままじゃいけないと思っている。ハラさんもかなり気にかけているみたいだし……。」
 ハウはちょっと目を開き、じーちゃんが、と繰り返した。ククイはうなずいた。
「きっとなんとかできるさ。だってハウにはポケモンたちも、島巡りで出会った大切な人も、側についてくれてるだろう?」
 ハウはボールホルダーへ手をやり、モンスターボール越しに相棒たちに触れた。それからゆっくりと首を動かして、ヨウの方を見た。
 ヨウは微笑み、力強くうなずいた。
 真っ直ぐにこちらを見つめるハウの唇が、やわらかく上向きに弧を描いた。
「ありがとー、ククイ博士。」
 ハウはククイに向き直り、言った。
「どういたしまして。もちろんぼくやバーネットのことも、ド忘れしちゃ嫌だぜ。いつでもきみたちの力になるよ。」
 ダーリンの言う通りよ、とバーネットが裏付けした。イワンコも「わん!」と吠えて、自分もいるよと主張した。ハウは少しかがんで、イワンコの頭をなでてやった。イワンコは嬉しそうに目を細め、首の岩をハウの体にすりつけた。
「また遊びにきてくれよな。ハウも、ヨウも。」
「はい。ハーブティー、ごちそうさまでした。」
「すっごくいい香りで、美味しかったよー。」
「気に入ってもらえて良かったわ。また仕入れとくわね。」
 そしてヨウはアローラの人と景色とポケモンの写真がいっぱいつまったロトム図鑑を、ハウはいつかリーリエと共に旅をするだろう島巡りの証が入った箱と寄せ書きを、それぞれの鞄に大切にしまって、ククイの研究所を後にした。夫妻とイワンコは玄関先に立って、二人が見えなくなるまで手を(イワンコはしっぽを)振ってくれた。



カイ ( 2020/06/07(日) 20:53 )