14.グラジオの写真
前編

「じゃあグラジオ、シルヴァディ、撮るよー。二人ともヨウのほう向いて笑ってー。」
「そんなこと言われても、シルヴァディは人間みたいな顔で笑うわけじゃない。」
「分かってるよー。どっちかって言うと、笑顔足りないのはグラジオだよねー。シルヴァディはすごく嬉しそう。」
「わっ、こらシルヴァディ、ちょっと待て……。」
 グラジオの制止を聞かず、ごきげんなシルヴァディがその愛情を文字どおり頭から伝えた瞬間、「シャッターチャンスロトー!」とロトムの声が響く。パシャリ。グラジオの髪の毛を満足げに食むシルヴァディと、相棒の舌にべっとり挨拶されて困惑とも微笑みともつかない顔になったグラジオが、ばっちりロトム図鑑の画面に収まった。

 グラジオが戻ったとビッケから連絡が入ったのは、その日の朝一番のことだった。ヨウとハウはすぐさま身支度を整え、エーテルパラダイスに向かった。
 存外早かったなと驚くグラジオは、すでにビッケから大体の経緯を聞いていて、リーリエに手紙を送ろうとしてくれていることに感謝の意を述べた。さらにエーテル財団の代表代理として、財団の不始末の収拾に手を貸してくれたことに改めて頭を下げた。なんだかちょっと見ない間にグラジオは、ずいぶん背が伸びたようだ。
「あれはおれたちも、島巡りの一環みたいなもんだったからー。それより早く写真撮ろー! グラジオの写真、リーリエ絶対喜ぶよー。」
 ハウが口早にそう言って写真撮影の開始を促したのは、たぶん彼もそんなグラジオを見上げるのが、ちょっぴりくすぐったかったからだろう。

 グラジオの写真撮影の背景として選んだのは、エーテルパラダイス二階の保護区だった。ガラス越しのやわらかな陽光が降り注ぐ中、保護されているポケモンたちの穏やかな鳴き声をBGMに、ヨウとハウとグラジオは撮影結果を確認していた。ロトム図鑑の小さな画面に顔を寄せ集め、撮影した写真のどれをリーリエに送るか、あれやこれやと相談する。
「おれ絶対これ。ぜーったいこれがいいと思う。」
 ハウの一押しは、グラジオがシルヴァディに頭からかじられている例の写真だった。ヨウもこれはかなりよく撮れたと思う。保護区内のポケモン、ツツケラとケララッパが飛んでいくのが偶然写ったのもポイントが高い。
「それに何よりグラジオの表情がいいよねー。じゃれつかれて嬉しいみたいな、食べられそうでどうしようみたいな。」
「…………。」
 当のグラジオは、写真の表情に負けず劣らず微妙な顔をしている。こんな姿を妹に見られるのは恥ずかしいみたいな、シルヴァディが心を許してくれていることに感じ入っているみたいな。
「オマエたちの、好きにすればいい。」
 でも結局そう言ってくれたので、ヨウとハウは遠慮なくその写真を選んだ。まだ甘え足りないのかグラジオに体をすり寄せているシルヴァディも、とても幸せそうに見えた。
「忙しいところありがとう、グラジオ。」
 その後、寄せ書きを書き始めたグラジオを見守りながらヨウは言った。グラジオは最初、それを書くつもりはなかったようだ。家族として連絡は取りあっているのだから、わざわざ寄せ書きの形でリーリエにメッセージを送るのも気恥ずかしかったのだろう。けれど他のみんなが妹に対してどんな言葉をかけてくれているのかは気になったようで、「見るだけでも構わないか?」と尋ねたところ「グラジオも書いてくれるならいいよー」とハウに交換条件を突きつけられたので、結局ペンを手に持ったというわけだった。
 礼には及ばないさ、とグラジオは首を振った。
「今日は休日なんだ。だから問題ない。」
「そうだったんだー。なんか逆に申し訳ないなー。エーテル財団代表の貴重な休日にお邪魔しちゃって。」
「代表代理、な。ビッケとか他の職員たちもだいぶ助けてくれるから、ちゃんとオンオフの区別はできてる。」
「それはなにより。」
「ああ。だから、この後も特に予定は入れていないから……その。」
 もごもごとグラジオは急に口ごもってしまった。今日は休日、このあとも予定は入れていないから、とくれば続く言葉に迷うことはなさそうなものだが、何を遠慮しているのだろう。スカル団にいた時の所業や、家族のことを負い目に思っているのか。あるいは以前「オレたちは仲良しではない」なんて自分で言ったことに整合性がつかなくなって困っているのか。
 ハウがヨウを見て、肩をすくめた。
「……一緒にお昼ごはんでも?」
 ヨウが提案すると、グラジオは気まずそうにうなずいた。
「もー、素直じゃないなーグラジオ。」
 くすくすとハウが笑った。
「いいえ、ぼっちゃまとお呼びしていた頃に比べれば、それはもうずいぶん大人になられたんですよ。」
 三人の元に現れたのは、ビッケだった。ちょっといたずらっぽい表情をやわらかく浮かべて、こちらに歩み寄る。
「小さな頃、リーリエお嬢様と喧嘩をされたことがありましてね。確か、お母様のピクシーにおやつをあげる時だったと思うのですが、お嬢様が先にあげたいと仰っていましたのに、ぼっちゃまが先にあげてしまいまして。泣いてしまったお嬢様へのお詫びにって、ぼっちゃま、明日のぶんのポケモンのおやつを綺麗な紙に包んだまでは良かったんですけど、それをなかなかお嬢様に渡せなくって……」
「そ、その話は、今はいいだろう! どうしたんだ、ビッケ。」
「ああ、そうでした。連絡船の準備が整いましたので、ご報告に参りました。ハウオリ行きで間違いないですよね。」
「わー、ビッケさん用意いいねー!」
 ハウが目を丸くする。ちょうど今、一緒にご飯に行こうとグラジオを誘ったところだった旨をヨウが補足すると、ビッケはあら、と首を傾げた。
「今日はヨウさんたちと一緒にお食事をする予定だって、グラジオ様から聞いていたのですが。ハウオリショッピングモールに行かれるんですよね?」
 それは初耳だ。ヨウとハウは同時にグラジオへ視線を集めた。
 グラジオは二人から顔を背けると、書き終えた寄せ書きをハウに押しつけるようにして渡し、「行くぞ」とだけ短く伝えた。そのままそそくさと乗船場へ降りるエレベーターへ行ってしまう。シルヴァディが後に続いた。
 ヨウとハウは、ビッケと顔を見合わせた。照れて口ごもったグラジオの言葉の続きをヨウが拾ってしまったけれど、やっぱり本当はグラジオのほうから二人を昼食とショッピングモールに誘うつもりだったのだろう。
「まだ、ぼっちゃまって呼んでもいけるかもよー?」
 ハウがにやっと笑うと、ビッケは口元に手を当てて「考えておきます」と答えた。
 それからビッケは乗船場まで同行し、三人を見送ってくれた。



カイ ( 2020/05/23(土) 15:22 )