13.プルメリの写真
前編
 あー! とハウが大声を上げた。
「カプ・ブルルへの礼拝、忘れてたー!」
 コケコ、テテフ、レヒレへの参拝を済ませ、ブルルにだけ挨拶しないというのはかなり具合が悪いだろう。なにせ相手は町一つ滅ぼすほどの力と気性の持ち主である。
 そういうわけでヨウとハウが乗りこんだエーテルパラダイス発の連絡船が、行き先をメレメレ島からウラウラ島へ変更したのが数時間前のこと。
 無事に礼拝を終えた二人がハイナ砂漠を抜けて十三番道路に戻る頃には、日はとっくに天頂を通過し終えていた。
 今日はモーテルにでも泊まろうかと話をする中で、そういえば、とハウがふと話題を変えた。
「ここってスカル団の人たちが集まってたよねー。」
 道路の端に停まっているトレーラーハウスを見て、ハウはそのことを思い出したようだった。確かに島巡りをしていた時、ここでスカル団員たちがたむろしていたのを、ヨウも見た気がする。
「写真を落としたあの人たちも、いるかなー。」
 遠目にトレーラーをのぞきながらハウは言った。彼岸の遺跡前で拾ったグズマの写真のことを気にしているらしい。スカル団員たちにいきなりポケモンバトルを挑まれ、あっという間に逃げられてしまった後、写真をあの場に捨て置くことなどできなかった。それでハウはグズマの写真を、とりあえず自分のリュックの中に収納していた。
「行ってみる?」
 ヨウが尋ねると、ハウは気がかりな表情にぱっと花を咲かせ、うん! と答えた。
「えっ、えっ? スカル団に、会いに行くロ?」
 二人を引きとめたのは、ヨウの鞄の中から不安そうに顔を出したロトムだ。ヨウは一瞬だけ答えを探したが、
「大丈夫だよ、ロトム。」
 すぐにそう答えた。上手く根拠は言えないが、なぜだかそう感じた。
「写真、返すだけだからさー。」
 ハウもヨウの言葉に続く。二人に説得され、ロトムはちょっぴり不安な気持ちを残しながらも、ウン、とうなずいて大人しく鞄の中に引っこんだ。
 かつてスカル団員たちがうろついていたトレーラーハウスの入口付近には、今は誰もいなかった。ハウは扉の前に立ち、ちょっとヨウの方を見る。ヨウがうなずくと、ハウはドアをノックした。
「開いてるよ。入りな。」
 中からくぐもった女性の声が聞こえた。さばさばとした喋り口だが、敵意はない。むしろ歓迎の温度さえある。
 ハウとヨウが中に入ると、はたしてそこにいたのは、スカル団幹部のプルメリだった。いや、彼女も今はグズマと同じように、どくろを模した髪留めもペンダントもタトゥーシールも外していたから、「元」スカル団幹部と呼ぶほうが正しいか。けれどもそんな肩書などなくたって、咲き誇る花のようなピンクと黄色に染めた髪と、彼女の隣に侍る相方のエンニュートが、プルメリの存在を変わらずプルメリたらしめていた。
「アローラ。」
 ヨウとハウが控えめに両手で弧を描くと、プルメリはかなり驚いた顔を見せた。
「なんだ、あんたたちかい。」
 先ほどよりは冷たい言葉だったが、それでもプルメリはごく小さなつぶやきで「アローラ」と続けた。それで、こちらをじろっとにらんでいたエンニュートも警戒を解いた。
「こんな所に何の用だい。」
「えっとー、この写真を落としたスカル団の人を探してるんだけど。」
「写真?」
 いぶかしげに首を傾げ、プルメリはハウから写真を受け取った。そこに写っている人物を見て、少し目を開く。
「これ、グズマじゃないか。」
「うん。二人組の男の人たちが落としていったんだ。ちょっとたれ目の、スリープを使う人とー、えーと、」
「語尾にスカスカ付ける、ズバット使いの人と。」
「ああ、あいつらか。」
 かなり少ない情報だったが、プルメリには伝わったらしい。まじまじと写真を見つめながら、なるほどね……こういう根拠があったのか、と独り言をつぶやいた。
「確かに二日ぐらい前だったか、あいつらはここに来たよ。」
「あのー、その人たちに写真、返しておいてもらえる? 大事なものだったみたいで。」
 プルメリはしばらくグズマの写真を眺めていた。裏面を向け、もう一度表面を眺め、ふうと小さなため息をつく。それから、ハウに写真を返した。
「悪いけど、あたいはこれを預かれない。」
「えっ。どうしてー?」
 プルメリは、すぐには質問に答えなかった。代わりに「座んなよ」と二人にソファを勧める。ヨウとハウがそれに従うと、向かいのソファに自分も腰かけ、語り始めた。
「グズマがスカル団の解散を宣言した後、」
 エンニュートがゆらりとプルメリの背後へ移動した。
「団員たちの反応は様々だった。素直にグズマの意思に従うやつ、呆然と立ち尽くすやつ、怒ってグズマにかみつくやつ……。中でもこの写真を大事に持っていた二人組は、グズマのことは慕ってるけど解散は信じられないタイプのやつだった。
 あいつら、あたいの所に来て言ったんだよ。スカル団を立て直そうって。姉御ならできるって。でもあたいは断った。そんでけんか別れさ。」
 プルメリは肩をすくめ、寂しそうに苦笑した。
「だからあたいがあいつらにまた会える保証はない。『もう姉御なんて頼らないッスカら!』って言われちゃったからね。」
 そういう事情であれば、確かにプルメリに写真を預けても仕方がない。と言って、自分たちが写真の持ち主でないのも変わらない。ヨウとハウが困って写真を見つめていたところ、プルメリは「たぶんそれ、証明写真用に撮ったんだろうねえ」と補足した。
「証明写真?」
「スカル団を解散した後あんたはどうすんだいって聞いたんだよ、グズマに。そしたらまあ、あんまり歯切れのいい返事じゃなかったけど、どこぞのバトル施設に行って鍛えるとかなんとか言ってたからね。おおかた、そのパスを作るために必要な写真を、あの二人組に撮らせたんだろ。」
「ずいぶんカジュアルなポーズの証明写真だねー。」
「普通に撮ったってスカしてないってもんさ。通るかどうかは知らないけど。で、あの子らはグズマにだいぶ懐いてたから、自分たち用にも印刷したんだと思うよ。」
「それならなおさら返さなきゃー。」
 眉を下げたハウに、プルメリは、いや、と首を振った。
「だからこそ、この写真はあいつらの手元にないほうがいいんだ。」
「どういう意味?」
「いつまでもグズマの背中見てたって、何にもならないってことさ。スカル団は、もうブッ壊れちまったんだから。」
 ヨウもハウも何も言えなかった。写真の中で動かぬ微笑みを浮かべるグズマをただ見つめるばかりの二人に、「それで?」と今度はプルメリのほうから質問した。
「あんたたちまさか、そのためだけにわざわざこんな所ほっつき歩いてたのかい。」
「だけ、ってことはないんだけどー。」
 それでヨウとハウは、カントーで暮らすリーリエに手紙を送ろうと思っていること、それに添えるアローラの人たちの写真をあちこち撮って回り、みんなの寄せ書きを集めている旅の途中であることを説明した。
 なるほどね、とプルメリは唇の形をうっすらと上向きにする。
「リーリエがカントーに……。やっぱりあの子は強い子だねえ。」
 一度はリーリエを連れだしてその身を隣に置いたからこそ、プルメリはリーリエが持つ芯の部分に感じるところがあるようだった。可愛がっているしたっぱたちの話をするのにも似た表情を浮かべるプルメリに、ハウは「あっ、じゃあさー」と口を開いた。
「せっかくだからプルメリさんの写真も撮らせてほしいなー。」
「あ、あたいの写真?」
 予想外の申し出にプルメリが驚く。ヨウの鞄からは、ロトム図鑑がひょっこり顔を見せていた。写真と聞いて、自分の出番だと思ったのだろう。その使命感が先立つほどに、スカル団に対する不安はもう薄れたようだった。プルメリとのやり取りを聞いていたのかもしれない。ロトムが安心してくれて良かったと、ヨウはほっとした。
「うん! できれば寄せ書きもー。」
「いやさすがに寄せ書きは遠慮しとくよ。字だって汚いし……。」
「じゃあ写真だけでもお願いします。ロトムもやる気満々だし。」
 ヨウが重ねて依頼すると、プルメリはヨウの鞄から飛び出ている真っ赤なロトム図鑑をちらりと見た後、まあ写真くらいなら別にいいけど……あたいなんかでいいのかい……などともごもごつぶやいた。もちろんです、プルメリさんじゃなきゃだめなんだよー、写真はボクにお任せロト! と口々に伝えるヨウとハウとロトム。それでプルメリも、なんとか腰を上げた。
 部屋の中よりも外で撮ってほしいというプルメリの希望で、一行はトレーラーハウスを出た。

カイ ( 2020/05/10(日) 18:20 )