幸せ味のマラサダ二つ
幸せ味のマラサダ二つ
 マリエシティといえば庭園が有名で、なんでも遠く離れたジョウト地方の文化を取り入れた造りらしい。変わった形の重塔が、アローラの陽光を反射してきらきらぴかぴかと輝いているのが、ここからでもよく見えた。
「ヨウー!」
 呼ばれてヨウは、異国情緒が浮かぶ空から視線を落とす。黒く日に焼けた肌色の少年が、ぶんぶん大きく手を振りながらこちらに向かって走ってきていた。
「ハウー!」
 ヨウも手を振り返して彼の名を呼ぶ。
 今日はハウと一緒にマラサダを食べる約束をしていた。一足早くマラサダショップの前で待っていたヨウの元へ、ハウは急いで駆け寄った。
「ごめんねー! 待ったー?」
「ううん、全然。さ、マラサダ食べよう!」
「食べよう食べようー!」
 にっこり笑ってぴょこぴょこ跳ねて、全身で今の気持ちを表現するハウを見ていると、ヨウも思わず顔がほころんだ。
 マラサダショップの扉を開けると、とろりと満ちた甘い空気が店員よりも早く歓迎してくれる。人とポケモンのにぎやかな談笑の中から、いらっしゃいませー! と声がして、ずらりと目の前に並んだマラサダがその言葉を裏付けた。
「おれー、マラサダショップに入るこの瞬間が、すごく好きー。」
 にいっと歯を見せてハウが言った。
 それから二人はショーケースの前に並んで立った。どれにしようかなあ、とガラス越しのマラサダを愛しげに見つめるハウの目が、きらきらと輝いている。
「今のおすすめは、こちらの抹茶味ですよ。」
 店員にうながされてヨウとハウがのぞいた先には、新緑色の粉がまぶされた見慣れないマラサダ。「期間限定・ジョウトの老舗抹茶屋とのコラボ商品」と書かれたおしゃれなポップが添えられている。
「香り高い抹茶クリームのほろ苦い味わいが、おだやかなポケモンやおとなしいポケモンも喜んでくれるって、大好評なんです。」
「おれそれにする!」
 とびきり天気のいい朝一番に響くケララッパみたいな声で、ハウが宣言した。ありがとうございます、と店員が微笑み、続いてヨウも同じ物を注文した。
 トレーにマラサダを載せて店内を巡ると、ちょうど二人掛けのテーブル席が空いていたので、ヨウとハウはそこに向かい合って腰かけた。
 ハウはいそいそとリュックを下ろし、おしぼりで手を拭く。ヨウもハウと同じように準備を整え、それを確認してからハウは、ぱんっと手を合わせた。
「いただきます!」
 にっこりと笑み交わし、二人はマラサダにかぶりついた。
 苦い味のマラサダは、どちらかといえば通向けというか、人間よりもポケモン好みに仕上げている印象があった。ところがこの抹茶マラサダの苦味は、それとは一線を画している。苦いと言うよりも、若々しい緑の匂い、摘みたての茶葉の甘さ、それを引き立てるなめらかなクリームの舌触りの先に、ようやく見つかる深い風格。そういう味だった。
 ハウも似たようなことを考えたに違いない。もぐもぐと口を動かしながら、しばらく無言で手元のマラサダを見つめていたが、はっとヨウに視線を向けたかと思うと、今の感想を共有できる相手がいることに気がついたのだろう。その表情に明るく花を咲かせた。
「すっごくおいしいねー! これー!」
 やっぱり同じこと考えてた。ヨウも大きくうなずいた。
 それからハウは、島巡り中にどこそこの町で食べたマラサダも変わった味だったとか、マラサダよりもヌードルのほうが印象に残った町もあったとか、楽しそうに話してくれた。
「食べ物ばっかりの島巡りだ。」
 ヨウが笑うと、
「そんなことないよー!」
 と手持ちポケモンと出会った時のエピソードなどを語り始めたが、そのポケモンのどこをなでると気持ち良さそうにする、好物を食べている時はとても可愛い顔をする、という話題を経て、結局またマラサダの話に戻ってきた。ヨウは気づかないふりをして、食べるのと話すのに忙しく動くハウの口元を眺めながら相づちを打っていた。
「島巡りの時、いろんなマラサダショップに寄ったけどー」
 ようやく話も落ち着いて、マラサダも全部お腹の中におさめた頃。ハウは口回りについたクリームを舌でぺろりとなめ取ると、
「やっぱりヨウと食べるマラサダがー、いっちばんおいしいねー。」
 真夏のぴかぴか太陽だって敵わないまぶしさで、そう言うのだった。
「じゃあ、また一緒にマラサダ食べよう。」
 ヨウが答えるとハウは、明日も食べよぉマラサダ食べよぉ、とテレビでおなじみのフレーズを口ずさんだので、まだまだマラサダー! と最後の節を二人で合唱した。
 そうしてヨウとハウはけらけら笑いながら、次回の待ち合わせ場所を約束した。


Fin.




■筆者メッセージ
元々は夢小説として書いたものです。
作中の「ヨウ」を任意の名前に変更できる夢小説版は、自サイトにて公開中です。
http://yumekin.michikusa.jp/extra/pkmn/pkmn.html#dream
カイ ( 2018/04/14(土) 17:38 )