ツツケラぴいちゃん踊り鳥になる
ツツケラぴいちゃん踊り鳥になる
 ツツケラのぴいちゃんは、オドリドリのぱちぱちさんと仲良しです。
 ある日ぱちぱちさんが、ぼくの花園においでよとぴいちゃんを誘いました。
「今日、他の島から友達が遊びにくるんだ。ぴいちゃんにも紹介するよ。」
 ぴいちゃんは喜んでぱちぱちさんの住むメレメレの花園へ行きました。そこはぱ
ちぱちさんと同じ色の黄色い花が、とてもたくさん咲いている園です。
 ぱちぱちさんが紹介してくれたのは、桃色の体に白い飾り羽が揺れるふらふらち
ゃん、赤と黒の縞模様の翼が印象的なめらめらくん、黄昏の空みたいに不思議な紫
色をしたまいまいさまの三羽でした。
「ぼくたちこうして時々、お互いが住んでいる花園に遊びに行くのさ。」
「みんなオドリドリなの?」
 ぴいちゃんが尋ねると、
「そうよ。みんなオドリドリなの。」
 ふらふらちゃんが笑いました。
「おれたちオドリドリは、好きなミツの色で姿が変わるんだ。」
 めらめらくんがウインクして教えてくれます。
「それぞれ得意な踊りも違うんですよ。」
 まいまいさまが言ったので、ぱちぱちさんはぴいちゃんにも踊りを見てもらおう
よ、と提案しました。それがいい、それがいいとみんな賛成です。
「見ててね、ぴいちゃん。ぼくたちの踊り!」
 そして全員で一斉に羽を広げました。
 黄色、桃色、赤に紫。四つの色がくるくる回り、ぱちぱち、ふらふら交差します
。めらめら、まいまい羽ばたくと風がびゅうっと園を抜け、黄色い花を巻き込んで
四羽の体を包みます。
 ぴいちゃんは口をぱっくり開けて、時に元気よく時に優しく、激しさと妖しさを
一緒にはらんで踊る四羽を見つめていました。あんまり夢中で眺めていたので、踊
りが終わってみんながお辞儀した時に、拍手するのを忘れていたぐらいでした。
「ぴいちゃん、ぼくたちの踊り、どうだった?」
 ぱちぱちさんに尋ねられて、ぴいちゃんは慌てて羽をたたきました。
「すごい! すごーい! とってもとってもきれいだった!」
 ぴいちゃんが何度も両羽を打ち合わせてすごいすごいと繰り返すので、みんなは
すっかり嬉しくなって、ふらふらちゃんなどは照れて顔を隠してしまいました。
 ひとしきり拍手を続けたあとぴいちゃんは、
「ぴいちゃんもオドリドリになりたい!」
 そう言いだしたので、みんなは目を真ん丸くしてぴいちゃんを見ました。
「ぴいちゃん、オドリドリになりたいって本当に?」
「ぴいちゃん本当にオドリドリになりたい!」
「あのねぴいちゃん。ツツケラはケララッパっていうポケモンに進化するのよ。」
「ぴいちゃんオドリドリに進化する!」
「そりゃすごいや。おれたち、ツツケラから進化した世界で初めてのオドリドリと
、友達になるわけだ。」
「めらめらくん、からかうのは良くありませんよ。」
 まいまいさまがぴしゃりと叱り、それからぴいちゃんのほうを向いて優しく言い
ました。
「ぴいちゃん、ツツケラはオドリドリにはなれないのですよ。違うポケモンですか
らね。ごらん、羽の色も形も全然違うでしょう?」
 それを聞いたぴいちゃんは、とても悲しそうな顔をしました。
「でも、ぱちぱちさんも、ふらふらちゃんも、めらめらくんも、まいまいさまも、
みんな違う姿だよ。ぴいちゃんだけオドリドリになれないのおかしいよ。」
 そして目に涙をいっぱいためたので、みんなは困ってしまいました。確かにぴい
ちゃんの言う通りです。みんな違う色と形だからこそ、組み合わさって素晴らしい
踊りができることは、オドリドリたちが一番よく知っていました。
 そうだ、とひらめいたのはぱちぱちさんです。
「みんなでぴいちゃんに踊りを教えてあげようよ。そしたらぴいちゃんも立派な踊
り鳥さ。」
 それはとても良い考えだとみんな思いました。

 こうしてツツケラのぴいちゃんは、オドリドリたちに踊りを教えてもらうことに
なりました。
「まずはぼくが踊りを教えるね。」
 ぱちぱちさんが言いました。

 ぱちぱちの舞いは元気の踊り
 笑顔はじけて 心はじけて
 楽しい気持ちが踊りだす
 沈んだ気分に電気を流して
 ぱちぱち輝くオドリドリ!

 元気よく羽と足を動かしながら、ぱちぱちさんは踊りのポイントをぴいちゃんに
説明します。
「さあ、やってみて!」
 けれどもぴいちゃんは教えてもらった通りに踊ることができませんでした。特に
、ぱちぱちさんが羽毛にたまった電気を飛ばして、ぱちぱちきらきら踊るところが
、どうしても上手く真似できません。
 がっかりするぴいちゃんを、ふらふらちゃんが慰めました。
「次はあたしが教えてあげるわ。」

 ふらふらの舞いは優しい踊り
 心をあなたに捧げましょう
 心を神に捧げましょう
 願いを そして祝福を
 ふらふら祈るオドリドリ……

 ゆったりとした動きでぴいちゃんの手をとりながら、ふらふらちゃんは流れるよ
うな羽ばたきを確認します。
「さあ、やってみて!」
 けれどもぴいちゃんは教えてもらった通りに踊ることができませんでした。特に
、ふらふらちゃんが強く念じながら踊って、周りの花びらをふわふわ浮かせるとこ
ろが、どうしても上手く真似できません。
 しょんぼりと落ちこんだぴいちゃんの肩を、めらめらくんがぱちんと威勢よくは
たきました。
「大丈夫大丈夫! まだ半分上手くいかなかっただけじゃないか!」
 ぴいちゃんは少し元気を出して、めらめらくんの隣に立ちます。

 めらめらの舞いは炎の踊り
 燃えよ とどろけ 思いのままに
 喜び あざけり 嘆いて 笑え
 感情すべてを燃料にして
 めらめら激しいオドリドリ!

 めらめらくんは先の二羽よりもずっと速い不規則なテンポでステップを踏みまし
た。ぴいちゃんも一生懸命めらめらくんについていきます。いいぞ、その調子! 
と途中までは順調でしたが、とうとう足がからまって、ぴいちゃんはすってんころ
りんとひっくり返ってしまいました。しかも転んだ先に、めらめらくんが踊りなが
ら出した炎の残り火があったものですから、さあ大変!
「あちちちち!」
 まいまいさまが急いで駆け寄り助けてくれたので、火はすぐに消えましたが、ぴ
いちゃんの可愛いしっぽの先っぽが、ちょっぴり焦げてしまいました。ぴいちゃん
は今にも泣きそうな顔をしています。
「ぴいちゃん、踊りはもう、諦めましょうか。」
 ぴいちゃんの頭を優しくなでて、まいまいさまが尋ねました。するとぴいちゃん
はくすんと涙をひっこめて、
「ぴいちゃん、オドリドリになりたいの。まいまいさま、踊りを教えてください。

 ぺこりとまいまいさまにお辞儀しました。それでまいまいさまもたいそう心を動
かされて、分かりましたとお辞儀を返しました。

 まいまいの舞いは妖しい踊り
 つむぐのは長き物語
 見せるのは遥かな夢幻
 眠れる者の永久の時を
 まいまい導くオドリドリ……

 はんなりはんなり、しゃなりしゃなりと、まいまいさまの踊りは遠い異国をたゆ
たうようです。
「体ではなく、魂で踊るのです。そう、そうです。お上手お上手。」
 まいまいさまに手取り足取り教えてもらい、ぴいちゃんの心もふわりふわりと宙
を舞います。初めて最後まで踊りきれるかと、誰もが期待したその時、
「きゃっ!」
 突然ぴいちゃんが飛び上がり、そのまま目を回して気絶してしまいました。慌て
てぴいちゃんの側に走る三羽。
「ぴいちゃん! 大丈夫!?」
「大丈夫ですよ。たぶん、びっくりしただけ。」
 うーんとうなるばかりのぴいちゃんの代わりに、まいまいさまが答えました。
「でも困りましたねえ。ここはあれを呼ばないと、どうしても踊りが成立しないの
ですけれど。」
「ね、ねえ。ぼく前から気になってたんだけど、あれって何なの?」
「聞かないほうがいいぜ、ぱちぱちさん。おれ間違って見ちゃったことあるんだ…
…。」
 まいまいさまは羽をぱたぱたとあおいでぴいちゃんの顔に涼しい風を送ってやり
ながら、黙って薄く微笑みました。

 しばらくするとぴいちゃんの意識が戻ったので、みんなはほっとしてぴいちゃん
の名前を呼んだり、大丈夫? と体をさすってやったりしました。
 ぴいちゃんは少しの間ぼんやりとオドリドリたちを眺めていましたが、やがて彼
らに教えてもらったどの踊りも上手くいかなかったことに気がつくと、とうとうわ
っと泣きだしてしまいました。
「ぴいちゃんは、やっぱりオドリドリにはなれないんだ!」
 そのあまりの声の大きさに四羽はびっくり! 一番ぴいちゃんの近くにいためら
めらくんは、驚きすぎてひっくり返り、きれいな後ろ一回転を決めてしまったほど
でした。
「ちょ、ちょ、ちょっと待って! なんて大きな泣き声なの!」
「本当に、とんでもない声だ! こんなの聞いたことない!」
「すごいです、すごいですよぴいちゃん!」
 すごいすごいと、オドリドリたちが次々言うので、ぴいちゃんは思わず泣き止ん
で首をかしげました。
「ぴいちゃん、すごいの?」
「すごいよ、ぴいちゃん! そうだ、ぴいちゃん。踊るよりも歌うといいよ。その
大きな声、きっとどこまでも響くはずだ。」
「そりゃあ名案だ! ぴいちゃん、おれたちの踊りに合わせて歌を歌ってくれない
か?」
 やっと起き上がっためらめらくんが、待ちきれないようにステップを踏みながら
頼みました。そうよ、お願いします、とふらふらちゃんとまいまいさまも踊りの体
勢を取ります。
 ぴいちゃんがどうしよう、とまごついていると、ぱちぱちさんがそっとぴいちゃ
んの背中を押しました。
「大丈夫だよ。気持ちをうんと込めて、思いきり大きな声で歌うんだ。その音が風
に乗って、ぱちぱち、ふらふら、めらめら、まいまい、羽ばたきながら踊るところ
を想像して。」
 ぴいちゃんはうなずいて、すうっと息を吸いました。飛びたったのは、ぱちぱち
輝く元気な歌と、ふらふら祈る優しい歌と、めらめら激しい炎の歌と、まいまい導
く妖しい歌。
 そのメロディに乗ってオドリドリたちは、今までにないほど上手に美しくその羽
をなびかせました。それを見たぴいちゃんも嬉しくなって、さらに大きく歌います
。ぴいちゃんの声は、高く高くのびやかに空気を震わせながら、花園中を舞いまし
た。
 それはまるで見えない五羽目のオドリドリが、一緒に踊っているかのようでした


 踊るオドリドリたちと歌うツツケラ。アローラ地方各所の花園では、楽しそうに
舞い遊ぶ五羽の姿が時々見られるということです。


おしまい




BACK | INDEX | NEXT

■筆者メッセージ
ポケモン二次創作小説コンテスト、ハワイティ杯に投稿したものです。
ハワイティ杯企画ページはこちらです。
http://fesix.sakura.ne.jp/contest/2017/alola/
カイ ( 2018/04/08(日) 20:00 )