ハウとライチュウ
ハウとライチュウ
 チャンピオン、ヨウは強かった。
 ハウたちだって、この挑戦のために生半可な鍛え方をしたつもりはなかった。それでもあと一歩、及ばなかった。
 ラナキラマウンテン山頂付近のポケモンセンター。休憩所の椅子に座って、ひざの上のライチュウにポケマメを与えながら、ハウは先の激戦の感慨にひたっていた。
 敗北したのにこんなにも落ち着いた気持ちでいられるのは、その戦いがお互いに納得のいくものだったからだ。どちらも一歩も引かないバトルだった。相手のポケモンの能力を見極め、技を読み、ベストタイミングで指示を出す。ヨウの戦術には何度か驚かされたが、必死に食らいついて、こちらから意表を突く技を仕掛けてやった場面もあった。その瞬間、ヨウの口の端がふっと上がったのを、ハウは忘れられない。
「あー、やっぱりヨウとのバトルは楽しいなー!」
 思わずそうこぼすと、ライチュウが顔を上げて鳴いた。ハウの気持ちに同感するようにわくわくとゆれる声だった。
 ヨウがいたからここまで来られたし、これからも一緒にもっと高みを目指せると思う。ヨウにも同じように思ってもらえる相手になりたい。
 そう考えると、いてもたってもいられなかった。ハウは立ち上がると、
「行こう、ライチュウ!」
 ライチュウをモンスターボールに戻すのも忘れて駆けだした。もっともライチュウにとってはそれが望むところだったようで、しっぽに乗ってふわりと浮かび上がると、宙を踊るような軌跡を描いてハウの後を追った。

 ところがポケモンセンターを飛び出たハウの足は、数歩も行かないうちに止まってしまった。ハウは根が生えたように立ち尽くし、彼方の空に視線を奪われていた。
「すっげー……。」
 遅れて隣に並んだライチュウに、ハウは見て、と西の方角を指す。
 どこまでも続く雲海の水平線に、輝く日輪が今まさに沈もうとしているところだった。太陽の炎が雲に燃え移り、その境界を赤々と照らしてまぶしい。燃え上がった炎の先端から夜が始まっていて、一番星と二番星が、きらりと天頂で光っていた。
 紺碧の空と、金色の太陽と、銀色の海。アローラでも屈指の高さを誇るここラナキラマウンテンで、この時間だけ見ることのできる、幻想的な風景だった。
 ライチュウがため息のような音をもらした。それでハウは空からライチュウに視線を移した。
 しっぽの上に腰かけて浮いているライチュウに、ハウはそっと手を回すと、進化する前よくそうしてやっていたように腕の中に抱きかかえた。ライチュウは少しだけ驚いた顔をしたが、すぐに大好きな場所にいることに気がつくと、嬉しそうにハウを見上げた。ハウもライチュウと目を合わせてにこりと微笑んだ。
「見つけたねー、ライチュウ。アローラで一番きれいな夕焼け。」
 ライチュウの焼きたてパンケーキみたいな色の毛皮が、西日を浴びてきらきらと温かく輝いていた。その温度をぎゅうっと抱きしめて、ハウはあの時もこうしていたと思い出す。島巡りを始めてすぐの頃、ハウオリシティのポートエリアでピチューを抱いて「アローラで一番きれいな夕焼けが見える場所を探しに行こう」と約束した日のことを。
 ライチュウが何か語りかけるように鳴いた。きっと彼もハウと同じことを思い出していたに違いない。そういう声だった。
 ハウはうなずくと再び西方に目をやり、その瞳に赤い炎を映したまま「でも」とライチュウに答えた。
「もっときれいな夕焼けがあるかもしれないって、おれは思うなー。アローラにも、それからこの世界のどこかにも。」
 ふり仰いだ先にはアローラリーグがそびえていた。そのてっぺん、チャンピオンの間のさらに向こうには空が広がり、遠いどこかに通じている。まだ見ぬ人や、ポケモンや、夕焼け色が待つ場所に。
「だからー、まだまだ一緒に行こうねー、ライチュウ!」
 大きな声で答えたライチュウの返事が、澄んだ空気に高く響きわたった。



■筆者メッセージ
作中に登場する本編主人公の名前「ヨウ」を、任意の名前に変更することができるものを自サイトにて公開中です。よろしければご利用ください。
http://yumekin.michikusa.jp/extra/pkmn/HAUandPOKEMON/HAUandPOKEMON.html
カイ ( 2018/11/11(日) 20:44 )