ハウとアシマリ
ハウとアシマリ
 アシマリと共に、初めて太陽の下を走り回り、夜空の月を見上げた日。
 これから自分たちを待ち受けているだろう発見や体験や大冒険が、まばゆい輝きの中にある気がして、ハウはいてもたってもいられなかった。
 不安とか恐怖とかは全然感じなかった。だって何が起きようとも、ハウの側にはポケモンがいるのだから。

「島巡り、すっごく楽しみだねー!」

 ハウはアシマリをぎゅっと抱きしめる。アシマリもハウを抱きしめ返すように前足を動かしたが、小さすぎるそれはただハウの体にぴとりとくっついただけのように見えた。けれどもハウはそれがとても嬉しくて、アシマリの顔にほおずりした。
 この相棒を、これからずっと、おれが守るんだ。

「大好きだよ、アシマリ。」

 アシマリも元気よく鳴いて、ハウの言葉に答えた。







カイ ( 2018/01/06(土) 21:22 )