疾風戦記















小説トップ
一章-この大きな世界のちっぽけなところで-
一話 目が覚めたら
 木の香りで目を覚ました。僕は木に寄りかかって寝ていた。見渡す限り森だ。ここは何処だろう。確か、僕は死んでしまったはずだ。トラックに轢かれたんだと思う。なら、ここは黄泉の国か?もう痛みはなく、体は普通に動く。

 寄りかかっていた木から立ち上がる。なんだか妙に視線が高い。体のいろんなところに違和感を感じるし、少し肌寒い。

「…あれ?」

 ふと足下を見た時だった。体が黄緑色だった。指は三本になっていて、先端には鋭く尖った爪が付いている。顔をさわってみると、目の部分は硬いレンズのようなもので覆われていて、背中には翼のようなものもあるようだ。
 こんな姿の生き物にひとつだけ心当たりがある。

「フライゴン…か?」

 僕の体はフライゴンになっていた。

〜〜

 いきなり体がフライゴンになっても、ある程度冷静であれた。たぶん、ゲームのし過ぎからかもしれない。でも、どうして僕はフライゴンになってしまったんだろう。黄泉の国ってそんなものなのだろうか。ひょっとすると、僕はまだ死んでいないのかもしれない。僕が昔やっていたゲームに、似たような展開があった気がする。

 そもそもになんでフライゴンなんだ。僕はどちらかと言えばエルレイドの方が好きだ。最後に使っていた旅パに偶然フライゴンも入っていたが、エルレイドや他の好きなポケモンも結構いた。

(考えても無駄か)

 結局、そう思って考えるのをやめた。
 それよりも、ここは何処だろう。場所がいまいちつかめない。翼があっても飛び方がわからないし…。

『…………すか?』
「ん?」
 
 今、何か聞こえたような?

『聞こえますか?』

 聞こえる。今度は確かに聞こえた。

「誰ですかー?」

 辺りに向かって叫ぶ。周りには誰もいなさそうだけど。

『私は今、空からあなたに話しかけています。これから言うことを落ち着いて聞いてくださいね。』
(空から?)

 なんだこの厨二病みたいな展開。もしかしてゲームの世界にでも迷いこんでしまったのか?

『そんな厨二病とか思わないでくださいよ』
(あ、はい。すみません)

 ………って、

「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

 心を読まれてる!?なんでだ!?叫んだことなんか気にしちゃいられない。

『落ち着いてください!冷静に!』
「は、はい!」

 声に言われて我に変える。
一回、深く深呼吸をした。これでもう大丈夫だ。何にも驚かない。

『いいですか?』

 OKだ。いつでも大丈夫だ。

『それでは、話しますね。この世界について』

■筆者メッセージ
記念すべき一話です。話がぶっ飛んでますが、気にしたら負けです。
フィーゴン ( 2015/09/03(木) 18:23 )