疾風戦記















小説トップ
二章 -バカに薬は効かない-
二十三話 無心の帝王
喜びも、悲しみも、怒りも無かった。
先程までフィールドに立っていた楽観主義者はもうそこにはいなかった。完全に別人だった。
体の中で危険信号が鳴る。今まで戦ってきた相手とは部類がまるで違う。

「面白れぇ………。」

思わず顔がにやけてしまう。これまでさんざん雑魚ばっかり相手に来てきたのだ。勝ちたい。こいつに全力をぶつけたくなった。
ゆっくりと腰の位置を下げ、姿勢を作る。ピカチュウと戦ったことはあまりないが、以前ピカチュウの進化系であるライチュウと戦ったことがあるので、技は大体だかつかめる。十万ボルト、電光石火、ボルテッカー、穴を掘る……。それ以外には思い付かない。なら、先手をかけて攻めに行こう。

「『神速』!」

地面を蹴り、光に近い速さで走る。これを目で追える奴はそうそういない。拳をソアの腹部に目掛けて………。

「……!」

一瞬だったはずだ。俺の腕はソアにつかまれていた。思わず目を見開く。
ソアが腕から俺を投げ飛ばす。

(やばっ!)

とりあえず受け身だ。転べば確実に負ける。受け身を成功させ、ソアのいる方を向く。
ソアは既に眼前にいた。手をパーの形で振り上げている。

(……『瓦割り』だ!)

とっさの判断で『みきり』を使う。横に転がって避け切る。手が振り下ろされ、地面に小さなへこみができる。隙あり。仕掛けるなら今だ。

「『インファイント』!」

至近距離から技をかける。ソアの懐に潜り込んで連続で強烈なパンチを繰り出す。
だが、そのほとんどが空を切る。当てても手で弾かれてダメージがうまく入らない。

(くっ……。)

一旦後ろに下がる。これ以上は無意味だ。下がった瞬間にソアの体の周りで電撃が走る。

(………『ボルテッカー 』か!)

回避を試みる。『みきり』を使う。

(……左!)

上体を右に傾ける。体の左側ギリギリを電撃を帯びた突進が過ぎる。突進の勢いをそのままに、ソアが俺に背を向ける。
その期を逃さず、足払いを仕掛ける。完全に死角。反応は遅れるはず………。

「………おい………冗談だろ ……。」

足で踏まれ、止められた。見える訳がないような場所なのにだ。小さな風の音で感じとったのではないかとも疑うレベルだ。ソアが振り返ると同時に手を振り上げる。また『瓦割り』だ。足を踏まれている。避けようがない。

「がはぁっ!」

ダメージが大きい。攻撃と共にソアの足が離れる。が、立て続けに『ボルテッカー』が来る。至近距離。反応できない。

「ぐぁっ!」

ゼロ距離の電撃突進で数メートル吹っ飛ぶ。あと一発攻撃を食らったらヤバそうだ。ソアは容赦なくボルテッカーで仕留めに来る。

(こうなったら………。)

一か八か。
爪を鉄のように固くする。『メタルクロー』ボルテッカーの突撃のタイミングで迎え撃つ。あの速さなら回り込みは無い。一発勝負。神経を研ぎ澄ませて相手を見る。もう少し……あともう少し…………。じりじりと距離が詰まる。
…………今だ!右手を大きく振り上げて、目の前に振り下ろす。

……空振り。回り込まれたわけではなかった。直前でバックステップを入れたのだ。ソアが再び地面を蹴り、接近する。拳を構えて技を出した。

「『フェイント』……。」


顔の前で拳が止まった。後方に空気が動いた。

「………降参だ。」

俺の声がテント内に響いた。


〜〜


「負けた………。」
「お……お疲れ………。」

フィレンが肩を落としながら戻ってきた。
正直、かける言葉が見つからなかった。ソア、Lv.96。メグやノンがLv.50近くなのに、場違いとも言えるレベルだった。そしてあの反射神経。フィレンの攻撃は速度も正確性も申し分なかったはずだ。ソアが一枚上手だったという所だろう。
フィレンはがっくりと観戦席に座った。

「わーい!メグー!勝ったよー!」

ソアはおおはしゃぎだ。いつものに戻っている。

「よくやったわ。私より強い分あるわね。」

メグが子供をあやすようひソアを誉めている。ひとしきり誉めた後、メグがフィレンに近付く。

「さ、これでいいでしょ?ノンのことはキッパリ諦めることね。」
「あぁ……。そうするよ………。あぁぁぁぁ!だけどなぁぁぁ!」

フィレンが頭を抱えて喚く。相当未練が………というか、未練しかないのだろう。まぁ、別に僕から見てもノンは結構綺麗だと思う。性格もいいし、告白とかもしてみたいと思わないわけではない。オスならば。だから、フィレンの気持ちは分かる。
視線を奥に移す。ソアとカロトが話をしている。

「え!?そーなのー!?」
「……そういえば話聞いてなかったね。」
「ちょっと待っててー!」

ソアがこちらに走ってくる。

「メグー!だめだよー。みんな仲良くだもん。」
「仲良くとかじゃなくてノンの保身のためなんだけど。」
「だーめ!僕許さないよー!」

ソアがメグに不服を言う。この展開は ………。

「だから私はノンの………。」
「別に私はなんともありませんよ。むしろ、いろんな方と仲良くなりたいですし。」
「いや、だからノンちゃん。こんなやつと…………。」
「本当か!じゃあ俺と付き合ってくれるのか!?」
「交際は無理ですけど、友達からなら………。いいでしょうか?」
「ああ!喜んで!」

やっぱりこうなった。メグの願いはどうあがいても通じない。メグが大きくため息を吐いた。苦労が多くて大変そうだと思っていたが、よくよく考えれば僕自身もそうだった。

■筆者メッセージ
天使さん『って、今回私出番なしですか!?』
サン(日頃の行いじゃない?)
天使さん『それはありません!いつでもちゃーんとサンさんのサポートをしているんですから。』
サン(嘘を付くな。)

はい。やっと二章完結です。一章の二倍の量とはどういうことだ。最後の戦闘は思い付きで入れたので多少雑で短くなっているかと。まぁ、そうでなくとも雑で短いのですが……。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
フィーゴン ( 2016/01/31(日) 21:49 )