突ポ娘外伝




小説トップ
第二章 歪められた世界編
#1 歪められた世界

前回までのあらすじ!

2回目の異世界召喚をくらった常葉茂は、ある残念な美少女と運命的出会いを果たした。
だが、それも束の間、のじゃ系美少女の力を借りて、再び退廃と資本主義の世界へと帰ってきた!
だがそれは彼の旅の終わりを意味している訳ではない!
家に帰るとそこにはいたのは見覚えのないPKMが!



 「いい加減にしろよ……嘘は言ってないが、あらすじ適当すぎんだろ……」



突然始まるポケモン娘シリーズ外伝

突然始まるポケモン娘と理を侵す者の物語

第二章 歪められた世界



#1




 「コイツニンゲン様かぁ〜?」


 (おいおいおい……冗談じゃないぜ、空き巣か?)

愛すべき家族の待つ我が家へ帰った俺は、そこで見知らぬPKM3人と遭遇する。
部屋の中は荒らされており、保美香が見れば激怒しているだろう。
だが、それ以前にこの3人は誰だ?

部屋の中で勝手に宴会でもしてたのか、テーブルを囲んでいたのはそれぞれ、炎の舌をチロチロさせるクイタラン女。
七色の尾羽と派手な鶏冠を持ったウォーグル男。
そして長い鼻を持ったスリープ男だった。

スリープ
 「これはこれは、どういう事でしょう? この辺りのニンゲンは全て駆除したはずでは?」


 「威嚇のポーズ!」

クイタラン女
 「へ?」

俺は真っ先に「やっちまったなぁ」と思った。
と言うか、偶然にしては出来過ぎだろ、このラインナップ!
敢えて言うなら黒豹がいないのがネックだけどな!

ウォーグル男
 「よく分からんが捕らえて、収容所に送ってやれ!」


 「ジャスティス!」

クイタラン女
 「炎の鞭!」

クイタラン女の掌が燃える。
手から生成される炎の鞭はまるで質量を持つかのようで、それをクイタラン女は振るった。


 「グワーッ!? 熱いじゃねぇかー!?」

炎の鞭は俺の頬を掠め、俺は炎熱に呻く。
帰ってきたら絶賛大ピンチかよ!?
クイタラン女以外にも、俺より大柄のウォーグル男に、何してくるか分からんスリープ男。
軽く四面楚歌だった。

クイタラン女
 「うう〜! じっとしてなさいっ!」


 「したら死ぬわ!」

ウォーグル男
 「俺に任せておけ、軽く捻ってくれるわ!」

ウォーグル男が前に出た。
ある意味こっちの方がやばい。
俺は後ろを確認した。
玄関さえ出れば、なんとかなるか?


 (いや、無茶だ……! 飛べる相手に逃げおおせる訳がない!)

俺は直ぐに逃げる作戦は無理と判断した。


 「おい、お前たちは何者だ? なんで俺の家にいる?」

俺は睨みつけるように、3人に注意を払いながら、それを聞くと3人はキョトンとしていた。

スリープ男
 「おやおや、頭でもおかしくしたのか、それとも記憶喪失か」


 「なに?」

クイタラン女
 「ここはPKM合衆国連合のお膝元よ?」


 「PKM合衆国連合!?」

聞き慣れない単語、しかしそれは嫌でもあの組織を意識する。
PKM連合、神々の黄昏を起こすため、大きな戦争を引き起こした組織。
黒幕スリーパーが死んだことで、計画はギラティナに引き継がれたが……それも俺達が解決した。
だが、合衆国連合だと? その名前は聞いたことがない。

ウォーグル男
 「ここでは貴様らニンゲンなど家畜! 我らPKMを虐げた者たちは滅びたのだ!」


 (くそ! ユミル! ちゃんと帰れてないっぽいんだけど!? 明らかに世界線変わったよね!?)

『デーデデン♪ デンデンデンデン♪ テーレッテー♪』


 「っ!?」

突然、俺のスマホが鳴り出した。
俺は相手を目線から外さないように、スマホを懐から取り出す。
つーか、まだ電池切れしてないのかとか、そもそも状況悪すぎ!

ウォーグル男
 「なんだぁ〜? こんな時に〜」


 「あーもう!」

俺は咄嗟に画面を開く。
一瞬見た、そこにあったのは、家族のSNSだ。
そこに見たことのないアカウントの一言が書いてあった。

『直ぐに伏せろ』


 「ままよ!」

逡巡する暇は無かった。
目の前には、俺に敵意しかないPKM。
家族は見当たらず、おまけに怪しいアカウント。
俺が出来るのは可能性に賭ける選択だけだった。

ウォーグル男
 「はっ!? 土下座か!」

相手から見れば土下座に見えただろう。
兎に角何かが変わるなら……!

ガシャーン!

しかし、伏せた瞬間窓ガラスが割られ、何かが部屋に放り込まれた。
狼狽する3人、部屋は瞬く間に煙に包まれた。

クイタラン女
 「きゃ!? 何これ!?」

スリープ男
 「煙幕弾!? 猪口才な!」

ウォーグル男
 「仲間でもいやがったか!?」


 (これって……!?)

状況は違う。
だが思い出したのは俺の誕生日、あの襲撃の日だった。
部屋を煙で充満させ、動揺している内に制圧する。
タイマンなら、どんな歴戦の猛者さえ倒す華凛や美柑でさえ、あの完璧な奇襲には対応できなかった。

ガタン!

ベランダで大きな音がした。
直後、真っ黒なシルエットが煙の中を駆け抜けて、こっちに迫る。


 『起き上がって』


 「お前は?」


 『話をしている暇はない』

目の前まで迫ったソレは細身のシルエットをしていた。
全身黒ずくめ、フルフェイスメットで素肌を完全に覆い、声はダミー音声のようだ。
一見すると女性にも、男性にも見える。
ただ、男性にしては背が低く、俺より二頭身は小さいだろうか?

細身のソレは俺の腕を引っ張ると、見た目に反して力はあるらしく俺は素早く起き上がった。
ソレはそんな俺を引っ張ると、迷わず玄関側に走る。

ウォーグル男
 「くそ!? どこ行ったぁ!?」

クイタラン女
 「換気が先よ!」

PKMたちは大慌てであった。
その隙には俺達は玄関の扉を開く。


 「――はぁ、はぁ! 一体何だってんだ!?」

煙から解放された俺は、急いで通路を走る。
階段に差し掛かると、迷わず降りようとするが……。


 『待て、こっちの方が速い』


 「は? 何言って?」

マンションの端、落下防止のフェンスの向こうには小さな公園がある。
コイツは階段よりそっちの方が速いと言ったのだ。
俺が正気を疑うには充分である。
だってここ4階ですよ?
しかしそいつは事もなげに。


 「大丈夫、問題ない」


 「そんな装備で大丈夫か〜!? て言うか、お前は昔から人の言うことを聞かない奴なのか〜!?」


 『言い合いしている暇はない』

ソイツは細身に似合わない怪力で俺をお姫様抱っこすると、迷わず……4階から飛び降りた!


 「アイ! キャン! フラーイ!?」


 『舌を噛む、口は閉じて』

ソイツは冷静にそう諫め、生け垣に着地。
すると同時に一回転するように衝撃を分散させ、公園の敷地に降り立った。


 「おま……すげぇな」


 『褒められる程でもない』

ソイツは直ぐさま俺を降ろすとPKMたちの声が聞こえた。
どうやら俺を捜しているらしい。


 『地下鉄に向かおう……アジトがある』


 「選択肢は無しか……!」

俺はまだコイツが何者なのか分からない。
果たして敵なのか味方なのか。
だが迷わず敵だと分かる相手と、一先ず助けてくれた相手ならば、怪しくともこっちを選ぶしかない。
無論マッチポンプの可能性も捨てきれないが。


 「お前、名前は?」


 『クローズ、そう呼ばれている』


 「このメッセージはお前か?」

クローズ
 『そうだ』


 「何故家族専用のアカウントを知っている?」

クローズ
 『それは言えない』

俺は全力で走りながら、幾つか質問してみた。
とりあえず名前はクローズ、何故か俺の家族専用アカウントを知っており、俺を助ける理由があるようだ。

やがて、俺達は地下鉄の入口にやってきた。
インフラが行き届いていないのか、ライトはついていない。

クローズ
 『足下に注意を』


 「アイツら追ってこないよな?」

クローズ
 『結界がある……恐らく気付かないだろう』


 「結界?」

薄暗い地下道をクローズは手持ちのライトを照らしながら、ゆっくりと進む。
まだ何が何だか分からず、俺は何度も後ろを振り返りながら、やがてホームまで辿り着く。

クローズ
 『段差に気を付けて』

クローズはそう言うと、線路に降りた。
俺は注意しながら降りる。


 「……変な事を聞くが、一体何があったんだ?」

クローズ
 『戦争の事?』


 「そう、ここ数年……一体何が」

明らかに世界線が違うことが分かる。
だけど何が変わってしまったのか、俺にはまだそれが分からないんだ。

クローズ
 『……切欠は4年前、PKMの大量発生に遡る』


 「4年!? 1年ではないのか!?」

俺の世界ではPKMの大量発生が政府に公表されたのは去年の9月だと記憶している。
それ以前からPKMは無論いただろうが、それでも4年は茜が来る前じゃないか。

クローズ
 『人類に対して宣戦布告をしたPKM連合は、まずこの極東を制圧し、今や地球上の7割を制圧下に置いている』


 (あり得ない……PKM連合の人数では人類には勝てなかった……俺はその歴史を体験している)

だが……4年という歳月は俺の知らない可能性を引き出したのか?

クローズ
 「PKM連合は幾つかの地区を分散統治し、PKM合衆国連合を成立させ、生き残った人類を家畜として扱うようになった」


 「それじゃもう人類は……」

クローズ
 『大分数を減らしただろう……だが、我々はまだ負けてはいない』

我々、つまり人類側か。
コイツの様子を見る限り、家畜にされているようには思えない。
いずれにせよ、世紀末化した世界だな。


 (だが……そうだとすると茜は? 神々の王は何故この世界を滅ぼさない?)

俺の知っている茜は全てが無茶苦茶にされた世界に絶望し、滅ぼした。
何故今回はそれに至ってないのか。

クローズ
 『着いたぞ』

クローズが指差す。
狭い地下鉄の線路を渡り歩くと、開けた空間に出た。
幾つかのLED光が照らす、ジャンク置き場にも地下街にも見える空間だった。


 「クローズ、帰ってきたか!」

クローズ
 『支援ご苦労、お陰で助かった』

クローズが歩み寄ると、何人かがクローズの元に集まった。
全員暗色系の服を着て、更にアサルトライフルを持った者もいる。


 「彼が……君の言っていたキー?」


 (キー? 鍵のことか? どういう意味だ?)

クローズ
 『そうだ、名前は常葉茂』


 「意外と平凡な名前だな……まぁいい、俺は百目鬼信也(どうめきしんや)、この反PKM組織黒の一族の副リーダーをしている」


 「……どうも、常葉茂です」

副リーダーと名乗った男は、俺と同じか少し上だろうか。
あまり武闘派のイメージを持てない優男だった。


 (クローズの奴、俺のフルネームどこで?)

俺は一団の中でも一際異様を放つクローズの背中を見た。
俺は一度もフルネームを名乗った覚えはない。
だがアイツは何処で俺を知ったんだ?
それとも俺の家族の一人か?


 (背格好なら、茜と同じくらいか? だが茜なら尻尾は隠せないし……美柑と比べると背が低い)

駄目だ、家族に該当者が見当たらない。

クローズ
 『百目鬼、マギア・バレットの量産は?』

百目鬼
 「襲撃に充分な量はなんとか、だな……魔術師共はもう少しマシな研究施設を要望しているが」

クローズ
 『考えておこう』


 (マギア・バレット? 魔術師? オカルトか?)

中々状況が飲み込めない。
俺はやや、離れた所で様子を見ているとクローズは突然振り返った。

クローズ
 『……君の部屋を案内しよう』


 (黒の一族……か)



***



黒の一族の拠点は廃棄された電車を改造した施設らしい。
団員は40名程、更に地下に研究施設があるらしいが、そっちは限られた人間しか入れないようだ。
インフラは何処から得たのか分からないが、少なくとも電気には困っていないようだ。


 「言っておくが、俺は別に黒の一族に入団したいって訳じゃないからな」

クローズ
 『承知している、もとより戦力としては見ていない』

クローズは淡々としている。
恐らくリーダーなのだろうが、何故姿を隠すのだろう?
団員たちは何人か俺を見て、ヒソヒソ話している。
俺がキーだと言っていたが、一体何の事だ?


 「俺の利用価値はなんだ?」

クローズ
 『ボランティアで助けることはいけない事か?』


 「……そう言われると、反論出来んな」

クローズの底はイマイチ見えない。
俺を助けた事に意味はあるのだろうが、その意味を俺に教えてくれん。


 「クローズ! そいつがキー!?」

突然下へと続くスロープから身を擡げたのは赤いローブを羽織った金髪の白人少女だった。
随分年若いが、これが魔術師か?

クローズ
 『Sera、君なら聞く必要もないんじゃないか?』

sera? セーラか?
seraという少女は俺を見ると、にんまりと笑い、幾つか問う。

sera
 「幾つか質問に応えなさい、私の言葉は分かる?」


 「ああ」

sera
 「貴方は何者?」


 「タダ者だよ、文句あっか?」

sera
 「貴方が見ている世界線は?」


 「はぁ?」

そこでseraの質問は終わった。
seraは両腕を貧相な胸の前で組むと。

sera
 「成る程……これが補正か、魔術師共が夢見た神の領域」


 「俺も質問するがお前が魔術師か?」

sera
 「そうよ、日本語で挨拶すればセーラです、これ合ってる?」

クローズ
 『少し違う、より丁寧に挨拶するなら、セーラですにゃん♪ だ』

セーラ
 「いや、アンタ外国人だからって馬鹿にしてるでしょう!? それが嘘だって位分かるわよ!」

セーラはおそらく、日本語とそれ以外を使い分けている。
だから俺にはあべこべに聞こえてしまうが……少なくとも言語の補正を知っているようだ。
魔術師というものに俺はトコトン無知だが、ファンタジーだけの存在では無さそうだ。


 (だからと言ってユミルのような格はなさそうだが)

まぁユミルのは魔術というより奇跡だが。

セーラ
 「まぁいい……成る程、特異点か」

セーラはそう言って地下へと潜って行った。


 (コイツも特異点って……!)

特異点……この摩訶不思議な次元旅行において、必ず付きまとうワード。
果たしてそれがなんだと言うのか。
俺にまだ、自分の身に起きている本当の意味を知らない……。



突然始まるポケモン娘シリーズ外伝

突然始まるポケモン娘と理を侵す者の物語

#1 歪められた世界 完

#2に続く。


KaZuKiNa ( 2019/11/25(月) 19:08 )