夢と星に輝きを ―心の境界―








小説トップ
1章 星の欠片
1話 夢のような出来事
 ふわふわとした、不思議な空間にいた。見たことない場所にいる。知らない場所にいる。
 でも不思議と危ない感じはしなかった。何だか、安心するような、温もりがあるみたいな、そんなところ。私の直感だから、本当に危なくないかは分からないけれど。

 でも、本当に、ここはどこだろう?

 見たことのない場所。でも私は外に出た覚えはこれっぽっちもない。
 そこではたと気づいた。
 見たことのない場所にいるんだから、ここは夢の中なのかもしれない。だったら納得がいく。そっか、だから見たことがないんだ。

 すると何処から、何か微かに声が聞こえた。そんな、気がした。
 ただ本当に少しだけだったので、気のせいだったのかと首を傾げる他ない。

 すると、また声が聞こえた。今度はもう少しはっきりと。
 でも何を言っているか分からなかった。けどどこからか声が聞こえてくる。よく聞いてみると、名前を呼ばれてる感じだった。……どうして私の名前を知っているんだろう。

《……さ……。く……れ……さん。貴女は……今、声をきいている貴女は……もしかして……人間、でしょうか?》

 はっきりと聞こえる。うん、と声をだそうとするが、声はでていない気がする。夢の中だからだろうか。

《もしそうであればお願いです。私たちの世界を……ポケモンの世界を助けてほしい》

 ポケモンの、世界? どういうことだろう。今の世界にも、ポケモンはいるじゃないか。
 もしかして、本で見た、他の世界というものなのだろうか。その他の世界の中に、ポケモンの世界というものがあるのだろうか。……ポケモンが暮らす世界が……あるってことだろうか。

《ポケモンのせか……》

 すると声が途切れた。そしてピュン、という音が私の耳に届いた。

 どうしたんだろう。聞きたい。どうすればいいのか。どうしたら助けられるのか。私なんかの力でできることがあるのか。私はどうすればいいのだろう。

 でも声は、続きを言わなかった。


《助けてッ!!》


 大きな声が、私の耳に届いた。

 そしてその瞬間、映像が私の頭の中に流れた。

 ピンク色のポケモンが、必死になって浮いてどこかへ向かってる。そのポケモンはどこか焦っているように見えた。
 そして――その後ろには3つの頭を持ったポケモンがいた。そのポケモンはピンク色のポケモンを追いかけている。そして大きな雄叫びをあげた。
 次の瞬間、その3つの頭を持ったポケモンは、ピンク色のポケモンに襲い掛かった。

 そして私の目の前は真っ暗になった。

 ……今さっき、私が見たものは何だったのだろうか。夢、の一部?
 どうすればいいんだろう。助けてという言葉と、そして映像。どういう意味だったんだろう。やっぱりこれは全て夢で、起きたら嘘のように、また同じ日を過ごすのだろうか。

 するとまた私の視界が明るくなった。だが、もやが見える。
 何かを映している様で、懸命に目をこらしてみると、見覚えのあるものが見えた。

 頭には薄い桃色のリボン。他の人と比べて色白い肌。真っ黒の肩くらいまでのショートヘアに、水色の瞳。

 もしかして、あれは自分、なのだろうか。今の自分を映しているんだろうか。

 するとその姿はどんどん歪んでく。形が変わっていく。ちょっと待って、どういうこと……!?
 私の体に何か起きているのだろうか。私に何が起きているのだろうか。

 それはだんだん原型を留めていき、最終的には何かになった。人間じゃない、何かに。

 それは緑色の体をした、ポケモンだった。首には近くには何か、黄色のものがあり、尻尾と思われる何かは先っぽが大きく開き、3つに分かれて葉っぱになっているようにも見える。
 見たことがある姿は、1つだけ違う部分があった。私と同じ、水色の目をしている。

 けれど姿かたちは、ツタージャ、だった。どうして、何で私の姿からツタージャになったんだろう。

 すると霧が晴れたように、周りがはっきり見えるようになった。そこは白い何かで覆われ、床は青い色だった。
 何だろう、これは。どこなんだろう。夢、なのかな。

「え、あ……。ど、どこだろう……?」

 声がでた。よかった、自分の声みたいだ。
 手を見ると――緑色の物体が見えた。あれ、私は自分の手を見たはずなのに。

 ちょっと前にいってみて、青い床を見る。すると私の姿が映し出された。おかしい。

「あ、れ……? 待って。いくら私の肌が色白いからって、緑色に変色はしないはず、だよ……?」

 そうだ。確かに私は自分で見て腹ただしいくらい色白い。それは仕方ないことだけれど。でも、それでも緑色に変色するわけはないのだ。……どういうことだろう。
 それに、体全体がまずおかしい。ツタージャになっている。さっき見たツタージャに。

 おかしい。私じゃない。けど、この床は私を映している。おかしい。

 すると、青いところが1番濃いところが光った。そしてその光のところには、私の大事な薄い桃色のリボンが落ちていた。

 そして直感的に思った。あの「助けて」という声があそこから聞こえたって。
 でも、ポケモンの世界を助けてって言っていた。もしかしたら、あそこからいけたりするのだろうか。……そんな、夢みたいなことがあったりするのだろうか。

 するとリボンが光に吸い込まれるように、ズルズルとどこかにいきそうになっていた。

「ちょ、ちょっと待って! それは私の大切な……!」

 慣れないくせに走り、リボンを掴む。そして私が光に近づいた瞬間、その光がもっと強い光を発した後、辺りが暗くなった。しかし私はそれどころじゃなかった。
 私は相変わらずリボンを引っ張っていた。

「ほ、本当に返して! これは私にとって大切な物……」

 必死になって光に呼びかけている私を無視し、何故か辺りが思いきり光った。それはとても強い光だった。
 まずい、目を開けていられない。だけどリボンはしっかり持った。

 すると下から何かに吸い込まれるように、私は浮遊感に襲われた。

「へ、きゃぁぁぁぁぁあぁぁ!?」

 何だかよく分からないけれど、私は落ちてるみたいだ。

アクア ( 2013/12/15(日) 10:42 )