輝く星に ―闇黒の野望― - 序章
プロローグ
 最低な神が創ったこの世界。
 そんな世界が必要か。その答えは簡単だ。必要ないに決まっている。

 ならばこの世界を壊してしまおう。この世界に、破滅をもたらしてやろう。
 アイツが絶望するほどに、真っ黒にこの世界を塗りつぶしてやろう。全ては神が、悪いのだ。アイツさえ、アイツさえいなければ、よかったのだ。

 しかしそれは小さな英雄たちによって、実行できなかった。
 上手くいったはずだった。だが未来のポケモンと、『シリウス』という探検隊に、星の停止≠迎える未来をなかったものにされたのだ。

 意味がない。これでは、意味がない。
 アイツが望むような平和な世界になってはいけない。アイツが望むような結果にならせてたまるものか。アイツが望むような結果だけは、避けなければいけない。
 アイツは何があっても、不幸にならなければいけない。

 折角うまくいっていた作戦が破られたのであれば、違う作戦をたてればいい。
 だがまた邪魔をされては厄介だ。作戦と並行して、あの英雄たちを潰ぶすことにしよう。

 邪魔した存在。それはアイツと、同じ。
 誰であろうと邪魔する者がいるならば消してやろう。誰であろうと、この世から消滅させてやる。

 アイツが許可してこの世界に戻ってきた……否、生き返った、ソイツにも納得がいかない。
 ソイツをアイツが必要だと思って戻したのであれば、もう一度 消してやる。この世から、抹消してやる。アイツが望むような結果にはさせない。させてたまるものか。

 最低なアイツが創ったこの世界に、必要なものなど何もない。
 この世界は、こんな世界は、なくなるべきだ。アイツが創った世界なんて必要ない。しかし世界を消すと言うの簡単ではない。

 だから、俺がこの世界を変えて、新たな世界を創ってやろう。

 真っ黒な世界を、アイツが絶望するような世界を、俺が、創ってみせよう。







「今日もがんばっていくよー!」

「「「「「「おおおぉぉぉぉぉぉおおぉぉぉぉ!!」」」」」」

 そんな黒い影が近づいているのも知らず、英雄たちは平穏な日々を過ごす。

■筆者メッセージ
はじめましての方ははじめまして。前の作品を読んでくださって、また来てくださった方はありがとうございます。
この小説は『輝く星に ―時の誘い―』の続編になります。前作を読んでいないと分からない点が多々ありますのでご注意ください。宜しくお願いします。
アクア ( 2013/08/07(水) 20:22 )