ヒトカゲが しょうぶを しかけてきた!▼ - 第一話 ヒトカゲが しょうぶを しかけてきた!▼
[目次表示]
BACK | INDEX | NEXT
第四話 2ばんどうろへ いけませんでした▼
ここは22番どうろ
トキワシティの左の道で
チャンピオンロードへ向かう道である


ヒトカゲ「ぁーきずぐすりひんやりして気持ちーシュー」
ゼニガメ「おぃーー!折角貰ったきずぐすり何使ってるんですか!ノーダメージで使わないで下さいよ!」

ヒト「心の傷が癒されるんじゃー」
ゼニ「病め!心に重大な傷を負え!」

歩いているとそこには

ヒト「あれライバルじゃね」
ゼニ「本当ですね、こっちに歩いて来ますね」
ヒト「て言うか完全に俺達に向かってきてるね」


ライバルが しょうぶを しかけてきた!▼


ヒト「えなになになになに急に怖いんだけどこの人」
ゼニ「ライバル戦ですよ!やばいですよ!」


ライバルは
ポッポを くりだした!▼


ヒト「ぶはwwここは俺に任せろww」
ゼニ「楽しそうだね」


ポッポの かぜおこし!▼


ヒト「お強いですねwwかゆいw」
ゼニ「本当に楽しそうだね」


ヒトカゲの ひっかく!
ポッポは たおれた!▼


ヒト「弱すぎるww」


ライバルは
イーブイを くりだそうとしている
ポケモンを かえますか?▼
ヒト「はい」
ゼニ「おいてめぇ」


ライバルは
イーブイを くりだした!▼

イーブイ「ブイブイ!僕6V!」
ヒト「うざ」

ゼニガメとイーブイの攻防!

ゼニ「ぎゃあああぁぁ無理だああぁぁ」


ゼニガメは たおれた!▼


ヒト「おいい!せめて体力半分は削れよ!どうすんだよちくしょー!!」


頭を抱えていると
草むらから1匹のポケモンが顔を出した。

ニドラン♀「なんだか騒がしいですわね、あら?ポケモンバトルかしら」


いけっ!モンスターボール!


ニド♀「え」

コツンッ

ニドラン♀はボールへ吸い込まれた

モキュッ…モキュッ…モキュッ…カチッ!


やったー!
ニドラン♀をつかまえ
がんばれ!ニドラン♀!▼

即座に戦場に出された。

ニド♀「ええぇぇいやちょっと待ってくださいよ!」
ヒト「できるできるできるできるできるやればできるがんばれがんばれ!」



ニド♀「こ…攻撃するならすれば良いじゃない!でもね!やるならやるで本気で来なさいよ!」


ニドラン♀の にらみつける
イーブイの ぼうぎょが さがった▼


イーブイの たいあたり!
ニドラン♀は たおれた!▼


ニド♀「きゃーーーー!」
ヒト「よくやった後はまかせろ!仲間を傷付けたアイツは許さねぇ!」

そして防御の下がったイーブイに優位に立ち
なんとか傷を負うも


ヒトカゲの ひっかく!
てきの イーブイは たおれた!
ライバルとの
しょうぶに かった!▼


ヒト「おっしゃーー!みたか俺の力」
ゼニ「(いつか仕返ししてやる)」
ニド♀「(ひんし)」


――――
―――
――




ヒト「大丈夫かお前達、今すぐシオンタウンに連れて行くからな」
ゼ「殺すな」
ヒト「ちょっとした重いジョークだよ」



そしてヒトカゲは2匹を連れトキワシティに戻り
ポケモンセンターで治療しに向かった。

さりげなく仲間も加わり
一同は更なる冒険へ
ゼニ「綺麗にまとめてるけどアイツがやった事は外道な事だからな」



第四話 完
BACK | INDEX | NEXT

赤ペン ( 2019/08/11(日) 23:19 )