ポケモン短編集「2」
1. 氷漬けの中で、ポケモンたちは何を思うか
1-1. 不穏な温度と湿度と空気
…ゲートを抜けて、一気に寒気が服の中に入る。
なんなんだ。この不穏な空気は。
少年は思いながら先へ進む。

少年が目にしたのは、氷柱がたったソウリュウシティだった。
市長のシャガ曰く、「キュレムを連れたプリズマフリゲートが、イッシュを氷漬けにする作戦を立てている」とのこと。
私はその作戦を崩すべく、プリズマフリゲートの居場所を探しに行った。

しかしそれらしい船は見つからず、ヒュウに連絡を取ってみた。

この先、1-2 見つけても、簡単に入れない に続きます。
BACK | INDEX | NEXT

■筆者メッセージ
中途半端で切ってしまいすみません!
hydro ( 2012/09/16(日) 21:46 )