序章  在りし日の、
プロローグ side : another world

 どしゃぶりの雨が大地にふりそそいでいる。激しい風の怒号が途切れることなく続いている。
「…ワザ教えの……受けついだ…に、まかせる…」
 ぬかるんだ土の上、吹き飛ばされされそうになりながら立つ人々。びしょぬれの視界の中で、儀式の準備を進めている。
「……これは…の、扉を呼び覚ます…」
 雷が、激しい音とともに地上に落ちてくる。ライコウがどこかでこの儀式を見守っているのだろうか。
「…龍神のタマゴを、ささげ………役目…お前に…」
 雷の音がいよいよ激しくなってきた。誰かの叫び声が、膨れ上がる雷鳴の轟きにかき消される。
「…は……せか……を!」


「タマゴをよこせ」
 場面は変わり、突如、はっきりとした声が聞こえた。見慣れないポケモン達があたしを囲んでいる。
 仲間は誰もいなかった。あたしはひとり、嵐の中でタマゴを抱きかかえていた。
「よこせ」
「そのタマゴを」
「龍神のタマゴを」
「よこせ」
「よこせ」

「絶対に渡さない。このタマゴは、命にかえても守り抜く!」

 あたしの叫びに、周囲のポケモン達が、身構えた体を怯ませた。
 ただ、あたしの目の前にいる数匹のポケモン達は、顔色を変えず、冷たい瞳であたしをにらみ続けている。

「おい、聞いたか、リュービ様。命にかえても、だと」
「…なかなかゆかいなことを言うニンゲンだ」

 リュービ、とよばれたポケモンは背後にいたヒトカゲに目を向けた。
「グレン、お前の出番だ」
 二匹のポケモンが、グレン、という名のヒトカゲに命令をする。
「殺せ」
「あのニンゲンを殺してタマゴを奪え」
 濡れそぼった雨の向こうで、そのしっぽの炎が赤々と燃えているのがはっきりと見える。ヒトカゲがゆっくりと近づき、顔をあげ――あたしは、ひととき、その目に貫かれた。
 ヒトJゲの瞳には、柔らかい感情がひとつも存在していなかった。そこにあるのは、とがったキバを連想させるような…危険な鋭さ、何かに対する憎しみ、強い強い怒り、…そして、少しの…悲しみ?

「…ニンゲン。後悔するなら、今だ」


 ヒトカゲはそれだけ言った。

 あたしは目をつぶって、タマゴを強く抱きしめる。
 この、龍神のタマゴだけは、絶対に、絶対に……

 その時、ひときわまぶしい光をはなって、大きな雷がおちた。

■筆者メッセージ
えー、ここで少しご挨拶を。
はじめまして。ハシドイと申す者です。

このお話は、探検隊という組織やダンジョンという設定だけをお借りしたオリジナルストーリーです。(ジュプトル兄さんなどのおなじみのキャラクターは登場しないので、ご了承下さい)

以前別のサイトに載せていたものを、少しずつ修正しながら更新していく予定です。そのくせ更新はゆっくりです、すみません。

文章はあまり上手ではありませんが、読んでいただけると幸いです!
それでは。
ハシドイ ( 2012/07/09(月) 13:06 )