超・鋼・探・偵 ダンバル! - 超・鋼・探・偵 ダンバル!
05:追憶の依頼人

 
 UZO探偵事務所の昼下がり。
 依頼の予約も無く、探偵の成人男性ユウゾウと、助手である鉄球ポケモン・ダンバルは、モモン菓子を齧りながらTV番組を眺めていた。


―特集・ウルトラスペース! 常識と時間を超えた異次元世界とは―


 番組内では、ウルトラビーストと呼ばれる異形のポケモン達が住まうと噂される「異世界」にスポットが当てられている。

//もしも人間が、異世界に繋がるとされるウルトラホールに落ちたら、どうなるのでしょう?//
//歳を取らなくなる、ポケモンの姿になるって噂がありますが、それは本当ですか……?//
//わははは! まるで少年とユンゲラーの小説ですね//

『何とも怪しさ120%だな』
「弾吾郎はこういうのは信じない方か?」
『実際にウルトラホールを通って、ポケモンになった奴を見たら信じてやっても良いけどな』

 次元を超えた異世界の存在は、ウルトラビースト達が証明している。
 だが、この世界とその世界を繋ぐとされる「ウルトラホール」を見た者は殆んどいない。ましてや、その穴を通過した者に起こる事象となれば、怪しげな眉唾物の都市伝説ばかりであり……現実主義者のダンバルにとって、「人がポケモンになる」と言った話は到底信じることはできなかった。

「……お前みたいに言葉を喋れるポケモンってのも、俺は都市伝説だと思っていたよ。ほら、喋るニャースの」
『フッ。ニャースが言葉をしゃべるものか。こんな芸当が可能なのは、鋼の強さとエスパーの知性を兼ね備えるダンバル一族であり、その中でもとりわけ賢くイケメンである俺だか』

 そんな中、玄関の呼び鈴が鳴り……
 依頼者だ、とユウゾウはTVの電源を消し、玄関に向かった。

『まだ話の途中だぞ……』
「ようこそ。依頼の方ですか?」

 ところが、ユウゾウが扉を明けても、そこには人間の姿は無い。
 代わりに、一匹の「デスマス」がユウゾウを見上げていた。

「…………うん?」
「キュイッ」
「デスマス? カントーじゃ珍しいなぁ」

 見まわしても、トレーナーの姿は無い。
 ポケモンの悪戯か、と思い扉を閉めようとしたユウゾウであったが、デスマスは自身のその身体を、無理やり扉の中に押し込んだ。

「どわっ、何だ何だ」
「キュイイッ!」 

 事務所に侵入したデスマスは、ユウゾウに何かを訴えながらジェスチャーをしている。

「キュキュッ」
「ふんふん」
「キュイキュイッ!」
「ほうほう」
「キュキュキュイ〜ッ!」
「なるほど! わからんことがわかった! まかせた弾吾郎!」
『やれやれ……』

 バトンタッチされたダンバルは、デスマスの言葉の翻訳を始める。

「俺は人間だ。誰が何を言おうと人間なんだ。頼む、俺を元の姿に戻してくれ!」って言っているな』
「人間? 何を言っている。君はどう見てもデスマスじゃないか。第一、何でこの探偵事務所に?」
『「ダンバルと会話している姿を見た。あんたなら、俺の言葉をわかってくれると思ったんだ」だとさ』
「なるほど……? それで、君は、いつ、どうやって人間からデスマスになったんだ?」
『「正直に言えば、覚えていない。だが、確かに俺は人間だったんだ」』

 デスマスは、ダンバルの翻訳越しに話を続ける。
 自分が人間であった名残。それは、自身が持つ仮面を見ればわかると。

「どれどれ?」
「ガガッ」

 デスマスが掲げる仮面。
 それは、一般のデスマスの仮面と比べ……端的に言えば整った容姿の「イケメン」仮面であった。

『「これが俺の人間だった頃の顔だ」』
「…………」
『「毎晩毎晩夢の中で、モテモテの人間ライフを送っていた自分の姿が過るんだ。陰気で冴えないデスマス生はもう嫌だ。俺は人間に戻りたいんだっ……!」』
「どちらかと言えば、探偵じゃなくてカウンセラーを頼った方が良いと思うんだが」

 ユウゾウは、古びたポケモン図鑑を取り出し、操作する。


////////////////////////////////////////////
デスマス
たましいポケモン
たかさ 0.5m
おもさ 1.5kg

おはかに まいそうされた ひとの たましいが
ポケモンに へんかした。
しぬまえの きおくが のこっている。
////////////////////////////////////////////


「どう思う、弾吾郎?」
『図鑑の記載を事実とするならば……彼はポケモンに変身したと言うよりは、ポケモンに転生したと言うべきか?』
「まるで小説だな」

 ユウゾウは、困ったようにデスマスを見下ろした。
 冗談のような話であるが、このデスマスが、自分を人間だと思い込んでいるデスマスなのではなく、死んだ人間が転生したポケモンだとしたら……ネクロマンサーではないユウゾウ達は、彼の切なる望みを叶えてあげることはできないのだ。

「……デスマス君。悪いけど、俺達にできることは無いよ」
「!!」

 その言葉にデスマスはショックを受け、悲しそうに仮面を抱くが、ダンバルはユウゾウとデスマスの間に割り込んだ。

『待て、ユウゾウ』
「ん?」
『彼を苦しめている悩みを解消する。それが目的ならば、出来ることはあるかもしれない』

 ダンバルのその言葉に、デスマスは鉄球をも掴む思いで、ダンバルにしがみついた。
 それで構わない。だから、助けてくれと。

『……探偵は慈善事業じゃない。依頼するなら、依頼料は支払うんだろうな?』
「キュッ」

 デスマスは、ごそごそと仮面の裏から幾つものオレンの実を差しだした。

『「…………」』

 元人間でも、今はポケモン。
 彼にお金が支払えるわけもなく……

「まぁ現金を出されていたら、それはそれで困ったけど」
『モモンの実じゃなくて良かったな』


○□○□○□○□


 その日から、ダンバル立案の奇妙な作戦が始まった。

「ガッガッガー、ガッガッガッ!」
「キュイ、キュイ」
「ぜぇぜぇ。お、おい弾吾郎、これ鍛えられているの俺だけじゃないの!? お前ら浮いてるだろ!?」
『腹から声を出せ〜』

 ある日は、近所の川辺を早朝ランニング。


「キュイッキュイ」
「うぅっ……」
『どうしたユウゾウ。ペースが落ちてるぞ』
「弾吾郎もやれよ!」
「腹筋したくても、俺には曲げられる腹が無い」
「デスマスにも効果は無いだろう!?」

 ある日は、夕焼けの中の筋トレ。


「依頼人、パースッ!」
「キュイッ!」
『ははん。素人がそんな距離から投げたところで……!?』
「球ー威ッ!」
『何ィいいっ!?』

「ナイッシューッ!」

 ある日は、雨音の中での体育館スポーツ。


「依頼人、シャドーボールッ!」
「キュイイイイイッ……!」

 そしてある日は、バトル施設でポケモンバトル!

『……また勝った……』
「ここの施設はプロトレーナーが来るような場所じゃないし、それに依頼人は、結構なバトルの才能があるみたいだ」
『バトルの才能? そんなものが、どうしてわかる?』
「俺は昔、ゴーストタイプのポケモンを使っていたんだよ……」

 自分と組んでいるときには見せてくれない、ポケモントレーナーとしてのユウゾウの姿。
 渋るユウゾウを無理やりバトル施設に向かわせたのは、ダンバル自身なのだが……ユウゾウと依頼人デスマスのコンビが伸ばしていく連勝記録が、ダンバルは何だか面白くなかった。

『……ユウゾウ。目的を忘れるなよ?』
「何を苛々しているんだよ?」


 そんなこんなで、依頼を受けてから数週間後。
 

「最近、依頼人のデスマス来ないな」

 夕方、ユウゾウは夕食のモモンを冷蔵庫から取り出しながら、ダンバルを振りかえる。
 探偵業務の時間外に、木の実を持って、毎日事務所を訪れていたデスマスであったが……ここ数日、朝も夜もその姿を見せていない。

『そうだな。もしかすれば……』

 ダンバルがユウゾウの言葉に続けたその時、呼び鈴が鳴る。
 噂をすれば、とユウゾウが扉を開けるが、そこにいるのは小さなデスマスではなく。


「ゲジュウウウウ」

 
 黄金を纏う、生ける棺……棺桶ポケモン「デスカーン」であった。


「依頼人!」
『進化したんだな』  
「ゲジュウウウウウウ……」

 デスカーンは、地の底から響くような声で、感謝の言葉をダンバルの翻訳越しに告げる。

『「見てくれ、黄金に包まれたこの身体を。俺はいくら人間が望もうとも手に入らぬ「富」そのものになったのだ!」』
『「お前たちのおかげで、俺はようやく気付くことが出来た。自身に眠る逞しきゴーストパワーと、溢れる才能を!」』
『「どうしてあれほど脆弱な人間に戻ろうとしていたのか? 我ながら理解ができない」』

 輝けるデスカーンは自信に満ち溢れており、そこには、自身の境遇に嘆いていたデスマス時代の面影は無い。

「ふっきれたもんだ……」
『俺が言った通りだっただろう。作戦成功だ』
「ここまで上手く行くなんてな」

 ユウゾウは古びたポケモン図鑑を開く。


////////////////////////////////////////////
デスカーン
かんおけポケモン
たかさ 1.7m
おもさ 76.5kg

ピカピカの おうごんの からだ。
もはや にんげんだった ことは
おもいだすことは ないと いう。
////////////////////////////////////////////


『「俺は、黄金に彩られた道を進むべく、見込みのあるトレーナーと契約を交わした。今日は別れを言いに来たのだ」』
「そうか。野生だったもんな。ゲットされたんだな」
『「海を越え、もはや会うことは無いだろうが……世話になったな、人間の探偵よ。我が富の一部を受け取るが良い」』

 デスカーンは、ゆっくりと自身の棺の身体を開く。

「ま、まさか黄金!」
「ガガガッ!」

 デスカーンは「富の象徴」とも呼ばれているポケモンである。
 期待してダンバルとユウゾウが眼を見開くが、棺の身体から溢れ出るのは、オレン、クラボ、カゴ、モモン、チーゴ、ナナシ。
 色とりどりの、大量の木の実であった。

「ガガッ?」

 金銀財宝は?
 ダンバルのその問いに対して、デスカーンは答えた。

「ゲジュウウウウ?」

 ポケモン相手に、何言ってんだお前、と。




 かくして、探偵のユウゾウとダンバルはポケモンからの依頼を果たし、冷蔵庫に収まりきらないほどの食糧を得たのであったが……
 その日の夕食の木の実パーティで、ダンバルは不満気に鳴いた。

「ガガガッ!」
「そう機嫌を悪くするなよ弾吾郎。ほら、今日はナナシもあるぞ。瑞々しくて美味しい」
『棺桶に入ってた木の実だぞ? 食欲も失せるわ! 第一、何で安物の木の実ばかりなんだ!』 
「怒るなって。別にオーロットから生えた木の実ってわけじゃないだろうし……依頼人も、謝礼として一生懸命用意してくれたんだから……」

 拗ねながら木の実を食べるダンバルだったが、そんな中、彼はユウゾウがどこかぼんやりとしていることに気がついた。

『どうしたユウゾウ』
「ん? あ、いや。あの依頼人は自分でも言っていたけれど……彼は人間の頃も、ポケモンの今も、才能に溢れていたんだろうなって思ってな」
『?』
「だからこそ過去を切り離して、デスカーンとしての新しい道を進むことに、割り切りが着いたんだろうなって」
『それは違うぞユウゾウ。ポケモン図鑑に書いてあっただろう。デスカーンに進化すれば、人間の頃の未練は捨てるものだと』
「…………」
『彼らはそういう習性なんだ。だからこそ俺は、依頼人のレベルアップ作戦を講じたんだ』
「そうだったな……」
『ユウゾウ』

 ダンバルはふわりと浮き、ユウゾウの傍に近づく。

『もしも、お前が……どこかで、何かの未練を残してきたと言うのなら。俺は』
「いやいや、俺は今の人生で精一杯だよ!」
『…………』
「変なことを言って悪かった。さ、食事の続きにしよう」

 ユウゾウは皿から木の実を摘まんで、ダンバルへと押し付ける。

「ガガッ」
「そのうち纏まった収入が入ったら、外食に行こうな。まぁ、それも……」

 ダンバルが木の実を飲み込む中、ユウゾウは、パンパンになった冷蔵庫をちらりと見て笑った。

「謝礼の木の実を、食べきってからだけどな!」

■筆者メッセージ
BWプレイ時、デスカーンのインパクトのあるデザインには驚きました。
葉穂々 ( 2020/11/28(土) 21:28 )