クイタランとわたし




小説トップ
番外編:シンクロ・ドリーム
サマヨール編:寂しがり屋のゴーマ

「…………」
「…………」
「何やってるの、くい太、ゴーマ」

 ポケモン可の宿泊施設にて、ベッドの上で雑誌を読んでいたクレナは、奇妙な光景に気がついた。
 サマヨールが、クイタランのジト目をじろじろ見ているのだ。

「……ジュ」
『あのときのコイツの顔に、既視感があった。と言っていますね』
「あのとき?」
「ジュオ」
『何でもない。忘れてさっさと寝ろ、だそうです』
「……まぁ良いか。そうだね。そろそろ寝ようかな」

 クレナは雑誌を脇に置き、布団を被る。

「ジェントル、消灯お願い……」
『はい。雑誌も、棚に戻しておきますね』

 オーベムはクレナが読んでいた雑誌を手に取る。
 表紙には、「特集:ウルトラホール! 異次元は存在した!?」と大きく書かれている。

『……怪しさ120%ですね……』
 
 オーベムは棚に雑誌を戻し、消灯スイッチへと手を伸ばす。

『それでは、消しますね。おやすみなさい』
「おやすみ」

 室内は暗くなり、オーベム達も床に着き、眠りに落ちていく。

「……スピフィピィ」

 だが、クレナのオーベム「ジェントル」には、一つ困った癖があった。
 紳士ポケモンである彼は、とんでもなく寝相が悪かったのだ。

「スピピピピピピフィフィー」

 紳士ポケモンの指が発光する。
 それは彼がサイキックを寝ぼけて使ってしまった証であり、その影響は、クレナ、そしてサマヨールの「ゴーマ」に及んだ。
 クレナとサマヨール。
 夢の中の二人の意識は重なり、やがて一つの夢を見る……



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 物心ついたその時には、俺は球使いと共にあった。

【モノ、ナイトヘッド!】

 ポケモンバトルは面白い。
 敵が屈服した姿を見る度に、俺は全身に興奮を覚える。
 ゴーストタイプのこの身に、命を、熱を感じる。

 勿論、勝利があれば敗北もあるわけだが……球使いの男、クレナイ・ユウゾウの指示に従えば、面白いように勝てた。

 ユウゾウは、俺の親であり。
 俺を導く存在だ。
 だからこそ、俺はユウゾウを信頼していた。好きだった。俺の全てだった。


【お父さん】


 だが、そんな俺の心をかき乱す存在が居た。


【もう止めてよ。モノが痛がっているよ】


 ユウゾウの娘、クレナイ・クレナ。
 こいつは本当に煩わしい。
 俺は好きでやっているのに、何故俺の姿を見て泣くのだろうか。


【これはポケモンバトルで勝つために必要なことなんだ】
【なんで、そこまでして勝たなくちゃいけないの】
【クレナもトレーナーになる日が来れば、きっともわかるさ】
【わかりたくないよ!】


 苦痛が一体何だと言うのだ。
 俺は勝ち続け、ユウゾウを球使いの頂点「ポケモンマスター」にだってしてみせるというのに。
 それこそがユウゾウの夢であり、俺の生きる意味だというのに。


【ねぇ、たまにはさ。一緒に遊びに行こうよ?】 
【クレナ】
【この前レモーが楽しかったって言ってた、シダケ自然公園に行ってみたい】
【…………】


 クレナは、ユウゾウをも困らせる存在だ。 
 クレナは、たまたまユウゾウの子供として生まれただけだろうに。何故、クレナの言葉に、ユウゾウは揺らぐのだ?
 ユウゾウにとって、ポケモンマスターへの道以上に、クレナのことが大事だとでも言うのか?
 そんな筈があるわけない。あってたまるものか。


「俺を惑わせるな。俺からユウゾウを奪うな。クレナイ・クレナ!」


 俺はクレナに思い知らせるべく、行動をした。
 バトル訓練を返上しての、家族でのピクニックの日。
 緑多く、ポケモンも住まう自然公園で、俺はユウゾウ達の目を盗み、密かに術を使った。


【あっ。アゲハントだ!】
【クレナ。走ったら危ないわよ?】 


 クレナがユウゾウ達から距離を離したタイミングを見計らい、俺は指示をした。
 術で操った野生のポチエナ、スバメをクレナにけしかけたのだ。


【きゃっ!】


 クレナは慌てて逃げ出し、俺はほくそ笑んだ。ざまぁみろと。俺からユウゾウを奪おうとするから、こうなるんだと。
 だが、想定外の自体が起こった。
 操ったポチエナの親であろう、興奮した野生のグラエナが現れ、クレナに攻撃を始めたのだ!

「しまった」

 ただ、酷く脅かそうと思っただけで。命を奪うつもりは無かった。
 俺は術をグラエナに仕掛けるが、ヨマワルの身では、大型個体を操ることはできず……パニックに陥ったクレナは、林へと走り込み、グラエナもその後に続いた。

 ユウゾウの妻が悲鳴を上げる中、俺はクレナとグラエナを追った。
 グラエナへと影打ちを放つが、効果は薄い。
 やがて走り疲れたのか、クレナが樹にもたれかかって崩れ落ち、同時に、俺の身体も激しい痛みを覚えた。

「ぐあぁ!」

 影打ち攻撃に苛立ったのか。
 グラエナが反転して俺を騙し打ち、大きな牙で噛みついたのだ。

 身が裂かれる効果抜群の一撃を受け、地面に投げ捨てられた俺は、もはや何もできず。
 ただ、震えるクレナの姿を見つめた。

【い、嫌だ。怖いよ……!】

 迫るグラエナの牙に、クレナは涙を流す。

【助けて、父さん】


 そこからの記憶は、あいまいだ。
 だが二つ、確かに覚えていることがある。

 一つ目は、ポケモンと共に駆けつけ、相対するグラエナへと向けたユウゾウの表情。
 そして、二つ目は、俺へと向けられた失意。ユウゾウは、俺がクレナに危害を加えたことを察したのだろう。

 あの日から、ユウゾウは再びポケモントレーナーへと戻った。
 ユウゾウが、妻と娘を捨て、家を出るのにそう時間はかからなかった。

 何がユウゾウを駆り立てるのか。
 全てをかなぐり捨て、只管強さを求めて戦う日々が始まった。

 俺は進化し、姿を変え。

 倒して、倒して、倒して。
 倒されて、倒されて、倒されて、倒されて……倒された。


【防御が甘い! 持久力の無いサマヨールに、何の価値がある!】

 
 【性格】の適性がどうこう、とユウゾウはぼやいていた。 
 言葉の意味は理解できないが、俺の能力が、ユウゾウの望む「サマヨール」の姿と合致していないことは察することが出来た。
 格下との対戦ならばともかく、この問題は、実力者との勝負では致命的であり……俺は勝てなくなっていった。

【モノ、シャドーパンチ!】
【アハハ。こちらもシャドーパンチよ!】

 俺がユウゾウと共に最後に戦った相手は、同族だった。
 「送り火山」に場違いな薄着の女が従えるサマヨールは、俺の攻撃を受け切り、力を削り取り……俺は一方的に叩きのめされてしまった。

「…………」

 俺が意識を取り戻したそのときには、既に対戦相手の姿は無く。
 居るのは、地面に倒れる俺を見下ろすユウゾウだけだった。

【モノ。お前ではバトルに勝てない】
【認めるよ。俺はポケモンの制御も満足にできない、弱いトレーナーだ】
【……これでは、いつまでもモミジとクレナに会わせる顔が無い】
【帰れないんだ】

 ユウゾウは俺が入っていた、使い古されたモンスターボールを地面へと落とし、微笑んだ。

【だから、俺は行く】

 これは、幻覚なのか。

「……!?」

 ユウゾウの傍の空間に、巨大な「白い穴」が空いていた。
 得体のしれないエネルギーが渦巻くその穴に、ユウゾウは引き寄せられるように進んでいく。

「行くな」
「待ってくれ、ユウゾウ」

 俺は手を伸ばすが、ユウゾウは俺を振り返ることも無く、「白い穴」の中に足を踏み入れる。

「俺がお前をポケモンマスターにしてやる! 妻だろうが娘だろうが、誰もがお前を認めるようになる!」
「だから……」
「俺を独りにしないでくれ!」

 俺は必死に這って追いすがるが、穴から吹きだすエネルギーに吹き飛ばされ……地面から顔を上げたそのときには、穴もユウゾウも消えていた。
 
「…………」

 あの穴は何なのか。どこに繋がっているのか。
 ユウゾウは生きているのか。死んでしまったのか。
 俺には何もわからない。

 だが、俺は捨てられ、ユウゾウは去って行った。
 この事実だけは確かだった。

「……お前は、俺の全てだった」

 俺は地面に転がるモンスターボールを拾う。
 既に認証は解除され、機能は停止していた。

「だが、お前にとって、俺は一体何だったんだ?」

 ボールを握り砕いたそのとき、残されたのは、寂しさだけだった。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




「ジュッ」

 悪夢を経て、サマヨールが目を覚ます。
 彼は慌てて周囲を見回すが、そこは未だ眠りにつくポケモン達と、クレナがいた。
 どうやら、自分が一番に起きたらしい。

「…………」

 眠る前に、サマヨールが考えていたこと。

 それは、かつてクレナの命を奪おうとした自分の術を破り、炎を纏って相対したクイタランの表情。
 送り火山の「ぬし」に立ちはだかる彼に覚えた、既視感はどこから来るものなのか?

 サマヨールは、夢の中でその答えを得た。
 彼の表情は、グラエナから娘を守ろうとしたユウゾウのものと似ていたのだ。
 それは、命を賭けて娘を守る、父親の顔だった。 

「……あ。おはよう、ゴーマ。もう起きてたんだ。ジェントルは相変わらずの寝相の様で」
「ジュ」

 目覚め、もぞもぞと布団から立ち上がったクレナは、顔を洗うべく、洗面台へと向かう。

「あのさ」

 その途中、クレナはサマヨールの傍で脚を止めた。

「よく覚えてないけど、今朝、父さんの夢見ちゃった気がするんだ」
「…………」
「私の父さん、酷い人なんだよ。私が小さい頃に家を出て行って、それっきり」
「…………」
「ごめんね。こんなこと、ゴーマに言ってもしょうがないのに」

 クレナはため息をつき、サマヨールに苦笑いをした。

「もしどこかで父さんを見つけたら、その時はポケモンバトルでコテンパンにしてやるんだ。早く家に帰りなよってね」
「ジュッ」

 言葉の意味はわからないだろうが、雰囲気を感じたのか。サマヨールはクレナの言葉に失笑した。
 まるで、「お前にできるものか」と笑っているかのようだった。

「むっ……」
「ジュフフッ」

 同時に、彼は上から目線で軽く腕を振った。
 「だから、手くらいは貸してやる」と言わんばかりに。

葉穂々 ( 2018/01/21(日) 07:26 )