クイタランとわたし




小説トップ
番外編:シンクロ・ドリーム
クイタラン編:くい太の追憶(2)

「うん。じゃあ、また電話するよ。おやすみ母さん」

 ポケモンセンターの個室ベッドにて、ポケナビの通話機能を切ったクレナはうぅんと伸びをした。

「あぁ。やっぱりベッドは良いよ、くい太」
「ぶも」
「久々に母さんと長電話してたら、疲れちゃった……てなわけで、おやすみ……」
『あれっクレナ様。ワタシ達もここで寝て良いのですか?』 

 今回宿泊している個室はそう広くない。
 オーベムは「外に出ているクイタランと自分はモンスターボールに戻った方が良いのではないか」とクレナに提言したが、その念が伝わる前に、クレナは既に夢の中に落ちていた。

「ピィイ」

 仕方がない、とオーベムはクレナに毛布を掛け、床に横になった。

「ピィ」
「ぶも」

 就寝の挨拶を交わし、クイタランとオーベムもまた、夢の世界へと落ちていく。

「スピピィ」

 だが、クレナのオーベム「ジェントル」には、一つ困った癖があった。
 紳士ポケモンである彼は、とんでもなく寝相が悪かったのだ。

「スピフィフィー」

 紳士ポケモンの指が発光する。
 それは彼がサイキックを寝ぼけて使ってしまった証であり、その影響は、クレナ、そしてクイタランの「くい太」に及んだ。
 クレナとクイタラン。
 夢の中の二人の意識は重なり、やがて一つの夢を見る……



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 大顎を持ち、鋼の鎧を纏った虫、アイアント。
 彼らの外殻は強固だが、クイタランが持つ炎の舌の前には何の意味も持ちはしない。

「見ていてね、お父ちゃん」

 アイアント狩猟訓練に興奮する娘は、後ろに控える俺にそう呼びかける。
 身体の維持に大量の栄養を必要とするクイタランにとって、栄養満点のアイアントは重要な食料だ。
 俺も、死んだ妻もそう教えられてきたように。娘も野生として生きるからには、一匹でアイアントを狩れるようにならねばならない。

「孤立した個体を狙え」
「うん。わかってるよ」

 娘は群れから逸れたアイアントに狙いを定め、飛びかかる。
 ターゲットのアイアントは必死に逃げるが、娘が伸ばした炎の舌はアイアントを絡め取り、一瞬でその外殻を焼き溶かした。

「へへへ。やったね」
「慣れてきたな」

 捕らえたアイアントの中身に吸い付く娘は、近づいた俺を見上げて苦笑いをした。

「ねぇお父ちゃん。私、もっと沢山食べたいよ。次はお父ちゃんみたいに、群れを狙いたいなぁ」
「お前にはまだ早い」
「でも。アイアントだよ? アイアントにクイタランが負けるわけ無いじゃない」
「集団が相手になると、連中もそれなりに厄介になる。まずは経験を詰め。群れはそれからだ」


 クイタランにも色々いるが、娘は明らかに狩りの才能があるクイタランだった。


「ねぇねぇ、お父ちゃん。そろそろ群れを」
「まだだ」


 将来は、俺よりもずっと強いクイタランになることだろう。


「今日こそ。そろそろ良いでしょう?」
「もう少し、腕を磨いてからだ」

 
 夢の場面は目まぐるしく切り替わり、進んでいく。
 娘は日々アイアント狩りの腕を磨いていき、今では俺の留守の間に、一人でアイアントを狩ってくるようになっていた。

「ねぇねぇ。お父ちゃん。昨日ね、穴場を見つけたんだよ」
「穴場?」
「そう! アイアントがもう沢山! 味見したんだけど、とても美味しくて。お父ちゃんも一緒に行こうよ」
「……そうだな。そろそろお前にも、ハグレ以外のアイアントの狩り方も教えてやるか」
「待ってました!」

 今の娘の実力ならば、アイアントの集団相手にも対処できるだろう。
 そう判断した俺は、娘と共に「穴場」へと足を運んだ。


 ―駄目だ。行くな―


 例え「万が一」があったとしても、俺がフォローできる。
 そのはずだった。


 ―行っては、いけない―


 これは俺の夢。
 だから、この先に何が待つか、わかっている。
 だが、夢だからこそ制御はできない。俺は過去を、ただただ追憶することしかできないのだ。




「ぎゃあっ」

 娘の身体を襲ったのは、巨大な岩の刃だった。

「キョオオオオオオッ!」

 群れ刈りの訓練。その最中、一匹のアイアントが群れを守るように立ちはだかり、娘に見たこともない技を繰り出したのだった。

「下がっていろ!」

 俺は苦痛に呻く娘の前に立ち、立ち塞がるアイアントに炎の渦を照射したが、そのアイアントはあまりに素早かった。
 アイアントはまるで俺を嘲るかのように攻撃を避け、俺の懐に接近し、鋼の頭で殴りつけたのだ。

「ぐぼっ……!」

 その一撃は、これまでに受けたことのない重さだった。
 これが、本当にアイアントなのか。
 俺が知っているアイアントとは別次元の強さだった。

「キョオオオオオオオオーッ!」

 俺は、かつてクイタランの同胞から聞いた言葉を思い出した。
 球使い。
 そう呼ばれる人間に鍛えられたポケモンは、それこそ生態系を破壊するほどの強さを得るのであると。

「ぐあっ」
「ぐっ」
「ぐあああっ!」

 パワーも、スピードも、技の精度も及ばない。
 俺はクイタランだと言うのに、捕食対象であるはずのアイアント一匹相手に何もできず、叩きのめされていた。

「きゃああああああーっ!」
 
 ダメージで混濁する意識の中、俺は悲鳴を聞いた。

「キョオオッ」
「キョ」
「痛いっ」
「キョオオオオオッ」
「止めて!」
「キョオオ」
「ぎゃああっ!」
「キョオオオ」
「嫌だ! 助けて、お父ちゃーん!」
「キョオオオオオオ!」

 先の一撃で弱った娘が、アイアントの群れに襲われていた。
 今や捕食関係は逆転し、娘に纏わり付いた大量のアイアントが、その大顎で娘の身体を食い千切っている。
 
「痛い! 怖いよ、お父ちゃん! お、お父、ちゃん……!」

 大顎を打ち鳴らす音と、アイアントの金切り声が響く中、血に塗れる娘は只管俺に助けを求めている。

「うわあああああああーっ!」
「キョオオオオオオーッ!」
 
 絶叫して群れに飛び込む俺に、狩りの邪魔はさせまいと、アイアントが大顎で大地を抉り、俺の足元に巨大な岩の刃を突き立てた。

「……お……お父……ちゃ……」

 身体中を喰われながら、最期まで俺に助けを求めた娘の身体は、アイアント群体の銀色の中へと消えていく。
 岩の刃に突き上げられた俺の身体は宙を跳び、川へと転がり落ちた。

「ごぼっ! ぐばっ」

 水を飲み、水流に揉まれ、流されていく。
 その最中、妻の声が聞こえた。

 ―この子を守ってあげて。お願いよ―
 ―私達の大切な子供……どうか、私の分まで―

 自分の死期を悟った妻の願い。
 俺は、妻の死を認めることができず、その言葉に応えなかった。

 何故、俺はあの時。彼女の言葉に応えてやらなかったのだろう。

 俺は、何故。

 何故……



 後悔と共に水流に掻き混ぜられながら、夢もまた、時間を超えていく。



 死に損ない、流れ着いた俺が行き着いた先。
 そこは、妻を裏切り娘を見捨てた最低の父親に相応しい場所だった。、
 
「そうか」

 ……俺は、溝に詰まっていた。
 衰弱した身体ではあるが、腹が詰まって引き抜くことができなかった。

「ここで惨めに死ねということか」 
 
 溝に詰まり、動けぬままに死ぬ。
 その運命から逃れたいとは思わなかったが、不思議と慟哭が止まらない。

 妻の願いを受け入れず。
 アイアントに打ちのめされ。
 最期まで助けを求めた娘に駆け寄ることさえできず、溝に詰まって死ぬ。
 俺はなんて情けないクイタランなのだ、と。

 だが、そんな中。

【く、クイタラン?】

 情けなく鳴く俺に、近づく存在があった。

【どうしてこんなところに】

 それは、人間の少女だった。
 クイタランで言うならば、俺の娘よりは年上だったが、それでもまだ若い個体だ。
 彼女は俺の姿に驚き、怯えていたが、動けない俺を見かねたのか、俺の身体を溝から引っ張り出そうとした。

 だが、俺の身体は、人間の少女には重すぎたらしい。
 汗を流す彼女は俺に文句らしき言葉を放つが、それでも俺の救出を諦めようとはしなかった。

【そうだ! いっそのこと】

 疲れ果てた様子の少女だったが、彼女はやがて「球」を取り出した。

 娘を死なせた遠因である、人間の球使い。
 俺は球を見るのは初めてであったが、それこそが例の球であることは察することが出来た。
 



 夢は進み、時間は流れていく。




 嫌がる俺に、まるでかつての娘のように水浴びを勧める人間の少女、クレナイ・クレナ。
 俺に与えられた、くい太という名前。
 クレナと同じ年頃の球使いが従える、シロガネという名のアイアントに喫した敗北。
 人間好きの、変わったエスパーポケモンとの出会い。

 そして。

「…………」

 クレナの旅立ちの前日。
 俺はクレナの住処で、可もなく不可もない食事を取っていた。
 頬杖をついてその俺を見つめるのは、クレナの母親だ。

【…………】

 クレナは、どこか娘に似た雰囲気を持っている女の子だ。
 だが、その母親である彼女の、どこか憂いを含んだ瞳は……俺の妻のものよく似ていた。

 人間とクイタランを重ねてしまう俺を、笑いたければ笑うが良い。
 だが、クレナの母親の瞳は、嫌でも俺に死んだ妻を思い出させるのだ。


【ねぇ、くい太】

 
 妻の瞳を持つ人間は、俺に語りかける。


【どうか、クレナを守ってあげて。お願いよ】


 俺はクイタランだ。
 あの奇妙なエスパーポケモンと違って、人間の言葉などわかりはしない。

 だが、俺は感じた。
 かつての妻が、俺に願ったように、この人間は、俺に託しているのだ。
 彼女の娘を守ってほしいと。クレナの旅を、傍で見届けてほしいと。


【……あの子は、私の大切な娘なの】


 だから、俺は応えた。 

 
「あぁ」

 
 これは俺の自己満足だ。
 いくら重ねたところで、彼女は俺の妻でなければ、クレナも俺の娘ではない。
 人間を守ったところで、死んだ妻と娘の供養にも、罪滅ぼしにもなりはしない。

 ただ、俺は。
 死んで妻と娘の元に行く、その前に。
 せめて、彼女達に顔向けできるだけのクイタランになりたい。

 そう、想っただけなのだ。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



「あちゃあ。私ったら、ボールに収納せずに寝ちゃったんだ。狭くてごめんね、くい太、ジェント……うわっ。ジェントル凄い寝相」

 クレナは目覚め早々、紳士らしかぬオーベムの寝相に苦笑いをした。

「おや。珍しく、くい太まだ寝てる」

 クレナはちょいちょい、とクイタランをつつく。

「ぶ……」
「おはよう、くい太」

 クレナは、薄く眼を開くクイタランを覗き込む。

「ぶもも」
「あのさ……」

 覚えてはいないが、今朝見た夢のせいだろうか。
 起床したばかりのクレナは、クイタランにどうしても伝えたい事があった。

「くい太」

 理由はわからない。だが、クレナは己に浮かんだ気持ちのままに、クイタランの身体に手を回し、囁いた。

「私達、絶対レモーと、アイアントに勝とうね」
「…………」

 人間の言葉など、クイタランには分かるはずもない。

「ぶも」

 だが彼は、クレナの言葉に応じるかのように、鳴いた。


葉穂々 ( 2017/07/01(土) 18:35 )