クイタランとわたし




小説トップ
クイタランとわたし
最終話:クレナの未来
-------------------------------------------------------------
 件名:主人がクイタランに殺されて1年が過ぎました。
-------------------------------------------------------------
 いきなりのメール失礼します。
 ヒサミツ・サヤカ、29歳の未亡人です。
 お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。

 自分のことを少し語ります。
 昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。
 自分は…主人のことを…死ぬまで何も理解していなかったのが
 とても悔やまれます。
 主人はイッシュに頻繁に旅行に向っていたのですが、
 それは遊びの為の旅行ではなかったのです。
 収入を得るために、私に内緒であんな危険な出稼ぎをしていたなんて。

 一年が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。
 ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日の孤独な夜に、
 身体の火照りが止まらなくなる時間も増えてきました。

 主人の残した財産は莫大な額です。
 つまり、謝礼は幾らでも出きますので、
 私の性欲を満たして欲しいのです。

 お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと
 考えています。連絡、待っていますね。

-------------------------------------------------------------



「またこのスパムメール?」

 中学生の少女であるクレナは、携帯端末から迷惑メールを削除して机上を見る。
 シールコーデで飾られた六つのモンスターボール、そして、ポケモンリーグ・スーパーボール杯の入賞トロフィーが、光に照らされて煌めいていた。

「クレナー。朝ご飯だから、降りてきなさい」
「今行くよ」

 母親に呼ばれ、自室から出たクレナは階段を降り、朝食が並べられた食卓に向かう。
 
「…………」

 食卓の傍のテレビでは、今年のポケモンリーグを制した各地方代表トレーナー達による、ガラルスタジアム特別杯のハイライトが再放送されている。

"出たぁ、ガラススタジアム名物、ダイマックス! シロガネ山のごとく巨大化したナマコブシ、内臓で挑発しております!"
"だが、ハクボ選手の切り札、ウルトラビースト・アクジキングは怯まない! スタジアムを踏み割りながら巨大ナマコブシに迫ります!" 

「凄い迫力のポケモンを使っているわね、このホウエン代表の人」
「うん。本当に強いんだよ。この人のアクジキング……」

 クレナは思い返す。
 ポケモンリーグ・スーパーボール杯本戦の準決勝で、クレナはこのアクジキング使いのトレーナーに敗れたのだ。

 ―ゲームセット! スコア4-6! WINNER、ハクメイ・ハクボ!―
 ―クイタランとアクジキング! 「食い足りぬ」ポケモン対決は、竜のウルトラビーストが制しました!―

 消えた、電光掲示板の最後の一枠。

 最後の一体であるクイタランをアクジキングに倒され、彼をボールに収納した時。
 汗まみれの握りこぶしを解いて、スタジアムの天井を見上げた時。
 
 クレナは、不思議と涙が出なかった。 

 それは、持てる戦術の全てを出し切ったせいか。
 それとも、大舞台が終わってしまった寂しさが、悔しさを上回ったためなのか……
 
"ハクボ選手! 特別杯優勝への意気込みを!"
"食いしん坊くんはおじいちゃんだけど、とにかく食べるんだ。家計が苦しいもんで、ここはしっかり賞金を手に入れたいね"
 
 テレビでは試合映像に続き、勝利選手へのインタビューが流れており、クレナの母親はアクジキング使いの言葉に頷いた。

「そうよね。あのポケモンの大きなお口。カビゴン以上に食べそうだものね……」
「あのスケールだと、くい太が少食だと勘違いしそう」

 ミルクの入ったカップを手に、クレナの母親もまた席に着く。
 テレビの電源を切った母親は、それにしても、と息をついた。
 
「旅に出るのを渋っていたクレナが、まさかトレーナー修行期間の数ヵ月で、お父さんの実績を超えちゃうなんてね」
「ポケモンリーグスーパーボール・ベスト4。我ながらびっくり」
「お父さんが見ていたら、泣いちゃうかもよ?」
「それは、どういう意味で?」
「それは勿論……」

 クレナの母親は、回答を濁しながら苦笑いをする。

「そう言えば、クレナ。今日、レモーちゃんと出かけるんだっけ?」
「うん。レモーはそろそろ授業免除期間が終わるからね。締めの思い出に、私と一緒にバトルフロンティアに行きたいって誘われたの。それで、今日は挑戦前の準備なんだ」

 ポケモンバトル専門施設・バトルフロンティア。
 それはトップトレーナーに向けて造られた、世界でも最高峰のポケモンバトル施設であり、その利用料金は高額である。だが、ポケモンリーグ本戦出場者であるクレナとレモーは、副賞として、バトルフロンティアのフリーチケットを貰っていたのだ。

「プロでも攻略が困難らしいんだけど。レモーとのダブルバトルなら、良い線行けるかも」
「中学を卒業したら、レモーちゃんは、プロを目指すんだっけ?」
「そうそう。もう色々契約を決めたみたい。彼女は何時の日か、トレーナーの頂点「ポケモンマスター」になると思うよ」
「クレナは良かったの?」
「私?」

 ポケモンリーグ・スーパーボール上位入賞。
 若き才能を求め、レモーと同様に、クレナにもまた各地からスカウトの話は舞い込んでいたのだが……クレナはその全てを拒否し、高校進学の道を選んだのだ。
 

「何と言うかさ、旅をしていて思ったんだ。私は、父さんと凄く似ているんだってね」
「ユウゾウさんと?」
「きっと私はプロになったら……ポケモンバトルに負けたくない。絶対に勝ちたい。それしか考えられなくなって、父さんみたいに、色んなものを捨ててしまうんだと思う」
「…………」
「プロトレーナーでなくても、ポケモンバトルが強い人が有利な職業もあるし。どうせなら、そんな仕事の方が良いかなって考えたの」
「例えば、どんな?」
「え? えぇと……け、警察官とか?」
「なるほど。クレナのバトルの腕なら、国際警察にだってなれちゃうかもね」

 国際警察。
 それは場を和ませようとした冗談なのか、それとも本心なのか?
 母親の真意は不明だが、クレナはその進路案のハードルの高さに吹きだした。

「こ、国際警察? 何ヶ国語くらい習得しなきゃならないんだろう」

 クレナは想像する。
 国際警察官として各地を巡る、格好良い自分の姿を。

「えへへへ……じゃあ、国際警察官の次点で、探偵が良いかな」
「どうして?」
「ポケモンと一緒に事件を解決。面白そうじゃない? それで、ついでに父さんを探して……「いい加減に帰ってこい」って直接言ってやるの」

 クレナは時計を見る。
 そろそろ支度をし、待ち合わせ場所に向かわなくてはならない。

「……行かなくちゃ。ごちそうさま、美味しかったよ!」

 席を立ったクレナは皿を片づけ、手早く身支度を済ませる。
 ポケモンが収まったボールホルダーを腰にセットしたクレナは、見送る母親に軽く手を振って、玄関に向かう。

「行ってきまーす!」
「行ってらっしゃい」

 今日は快晴。良い御天気である。
 気分良く歩き、レモーとの待ち合わせ場所である公園に到着したが、思っていたよりも早い時間に辿りついてしまった。

「あっ、クレナだ!」
「?」

 掛けられた声にクレナが振り返ると、そこには彼女のクラスメイトの女の子が立っていた。

「あっ、ジュリ。久しぶり!」
「久っさしぶり〜!」
「今日、学校は?」
「やだなぁ、今日は日曜日じゃん。旅で曜日感覚がおかしくなってるんじゃない?」

 図星の指摘に顔を赤らめるクレナだったが、ジュリは構わずクレナに詰め寄った。

「テレビで見たよ、ポケモンリーグ! レモーにも驚いたけど、まさかクレナがあんなにバトルが強いなんて知らなかったよ!」
「えっへっへ。誉めて誉めて」
「ねぇ、クレナ。突然だけど、私とポケモンバトルしない?」
「え?」

 ジュリは、年季の入ったモンスターボールを取り出し、クレナに見せる。

「ちょっと、このポケモンの「特性」を調べていてさ。バトルを通じて試したいことがあるの」
「はぁ」
「大丈夫、手加減はしなくて良いよ! 私の「オロウ」は、お爺ちゃんが使っていた強いポケモンだからね」

 ジュリに引っ張られ、近くのバトルコートに連行されたクレナは、時計を見る。
 レモーはもう少し待たないと来ないだろう。

「じゃあ……レモーと待ち合わせているから、一戦だけね」
「流石クレナ! ありがとう!」

 両者合意し、バトルコートに相対し……モンスターボールの一つを手に取ったクレナは、バトルコートに投擲した。

「行けっ、くい太!」
「行って来て、オロウ!」

 クレナが召喚したのはクイタラン。
 そしてジュリが召喚したのは、巨大な枯れ木を連想させる、木と霊の二重属性ポケモン・オーロットだった。



「……ようし、時間ピッタリ……って、クレナいないじゃない」

 数分後。
 公園に辿りついたレモーが公園を見回す中、彼女はバトルコートに人だかりが出来ていることに気がついた。

「もしかして、クレナ。抜け駆けしてバトルしているんじゃ」

 レモーの予感は当たり、彼女は、クレナとクラスメイトのジュリのバトルを目撃した。 
 何やらバトルは白熱しており、ギャラリーも大いに沸いている。

「オロウ、ウッドホーンッ!」
「ズオオオッ!」

 ジュリの指示と同時にバトルフィールドが隆起し、オーロットが生やした巨大な木の根が次々と現れる。
 だが、既にオーロットの死角に回り込んで「不意打ち」体勢に入っていたクイタランは、木の根をかわし、爪をオーロットへと打ちつけた。

「ピィー、ピピピィーッ!」
「ジィーッ!」
「キキキィッ!」
「リィイイイン」
「ギュオオッ」

 ボールから出てきたクレナのポケモン達が、トレーナーの傍で応援団と化す中。
 効果抜群の不意打ち攻撃を受けながらも、踏みとどまったオーロットはクイタランの姿を捉え、巨大な腕に影の爪「シャドークロー」を纏わせる。

「ずるい。私もバトルしたいのに!」

 レモーはアイアントが入ったモンスターボールを手に取り、クレナ達に抗議するが、クレナはその声ににやりと笑いながら、クイタランに叫んだ。

「くい太、炎の鞭!」

 クイタランの燃える舌は、オーロットのシャドークローを絡め取り、勢いを利用して、オーロットを投げ飛ばす。
 弱ったオーロットの身体に「木の実」が生る中、クイタランは空気を取り込み、ちらりとクレナを見る。
 
「フィニッシュだ、くい太!」

 相棒のジト眼に応え、クレナはクイタランに指示を出す。

「ぶもっ」
「炎の渦!」

 快晴の青空に、陽炎が立ち上る。

 試合は終わり……焼けた木の実を手に、ジュリが焦げたオーロットを労わる中、クレナはクイタランの背中に周り、その背に抱きついた。

「ありがとう、くい太!」
「ぶもう」


 ギャラリーからの歓声と拍手の中で、クイタランの体温と臭いを感じるクレナは、確信していた。

 自分のポケモントレーナーとしての旅は、終わりを迎えた。やがては学校生活へと戻り、進路へと、自分の未来へと向き合わなければならない。
 だけれども、青春は、これで終わりでは無いのだと。
 そして、例え青春が終わりを迎える日が来ようとも……クイタランとわたし。そして、大好きなポケットモンスター達との日々は、まだまだ終わらないということを。


【クイタランとわたし END】

■筆者メッセージ
元々迷惑メールの出落ちネタから始まった「クイタランとわたし」ですが、なんやかんやで連載を始め、3年以上かかってしまいましたが、完結させることができました。
悪の組織が出てくるわけでもない、少女のジムバッジ巡りの一人旅。書いていて、とても楽しかったです。

これまでクレナとポケモン達の旅を応援して頂き、ありがとうございました!
ポケモンって、良いですよね。
葉穂々 ( 2020/02/23(日) 18:47 )